「Rの法則」山口達也書類送検で放送中止に!代わりの番組は何?

b3cc47af847e1a14623ef96aa06bde5c_s

TOKIOの山口達也が書類送検された関係で、NHKは彼が司会を務めていたEテレ「Rの法則」の放送中止を決めました。長年続いてきた番組だけに惜しまれる声も聞かれますが、代わりの番組は何になるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

「Rの法則」の時間のテレビ番組表を見てみると・・・

NHK・Eテレ「Rの法則」は2011年の3月から放送されてきました。ですから丸7年が経過し8年目に入ったところですね。

放送日時は、

  • 毎週月曜日:18時55分~19時45分
  • 毎週火曜日から木曜日は:8時55分~19時25分

とほぼ毎日放送されていました。

これほど長きに渡り、そして毎日のように放送されてきたということはそれだけ皆さんに愛されてきた証拠だと思います。それが今回の不祥事で放送中止になってしまうのは本当に残念です。

では、「Rの法則」枠には替わりに何の番組が入るのでしょうか。現在は「大人のピタゴラスイッチ」に差し替えられていますが、番組表を見てみると4/30以降ゴールデンウィーク中は「香川照之の昆虫すごいぜ!」が連日入っています。この番組は2016年10月に初放送され、以来最新作が放送されるたびに話題となったり再放送も繰り返しされています。

そしてそれ以降は、海外ドラマ「100 オトナになったらできないこと(ワンハンドレッド オトナになったらできないことー原題:100 Things to Do Before High School)」を再放送する予定となっています。

再放送ということですが、前回は2016年末から約半年間、合計25話が放送されました。「Rの法則」枠はほぼ毎日ですからこれでとりあえずは1か月くらいはつなげるという考えでしょう。

番組関係者の心情「悔しい思いでいっぱいです」

一連のことを受けて番組関係者は「悔しい思いでいっぱいです」と心境を語ったといいます。NHKの幹部の一人は、番組に関係している出演者などすべての人を守りたいと語ったということです。なんとかして番組を守りたい、継続させたいと奮闘しておられるようですが現実はそう簡単ではないようです。

実は2016年8月にも「Rの法則」の出演者に絡んで不祥事がありました。当時未成年だった出演者が飲酒をしていたことが週刊誌の摘発記事で明らかになり番組を降板しています。

以降番組関係者は、控室を男女で分けたりLINE交換を禁止するなどの措置を講じてきましたが、今回の事を受けてそういうレベルの対策ではもはや対処できないと懸念されているようです。司会の山口達也が降板したからと言って、じゃあ代わりの司会者にすればいいかというと、そういう措置では視聴者は納得しないのではないかという声もあり、番組中止から打ち切りへと発展する可能性が濃くなっているようです。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

「Rの法則」放送中止に対する視聴者の反応

 

みんな相当ガッカリしているのがよくわかります。

関連記事:

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す