たかまつなな実家や父は金持ち?お嬢様の言葉一覧がネタに!

「お嬢様漫談」と言う新たなお笑いのジャンルを生み出したたかまつななさん。

ネタでお嬢様をやっているのかと思ったら、正真正銘のお嬢様なんですねw(゚o゚)w オオー!

由緒正しきサラブレッドお嬢様たかまつなな様について、

  • 実家や父は金持ちなのか?
  • お嬢様である事の証拠
  • お嬢様言葉一覧

について調べていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

実家や父はお金持ちなのか?

個人的にはたかまつななさんを見ていると、「アルプスの少女ハイジ」に登場するロッテンマイヤーさんを思い出してしまいますが・・・

まあそんなことはさておき、彼女の実家は本当にお金持ちなのでしょうか?

「お金持ち」と言うのがどこから言うのかという問題がありますが、平均的な庶民よりかはすごいとザックリと括っておきましょう。

そういう基準で考えると、たかまつななさんの実家はお金持ちと言えるでしょう。

理由その1:父親が某宗教組織の幹部である(らしい)

父親が某宗教組織の幹部であるという情報があります。

幹部であるということとお金持ちであるということにどんな関係があるのかと思われるかもしれません。

実は、誰でも幹部になれる訳ではなく、それなりの収入があることが条件のようです。

その年収がなんと5000万円以上w(゚o゚)w オオー!

それだけの年収がある方、あなたのお友達にどれくらいいらっしゃいます?

つまりお父さまが幹部である事自体、すでにたかまつななさんの実家がお金持ちである事を示しています。

理由その2:曽祖父の経歴が凄い!

たかまつななさんの曽祖父、つまりひいおじいさんが凄い方なんです。

高松豊吉さん(1852年10月23日生まれ)という方なんですが、

  • 東大名誉教授
  • 東京ガス2代目社長

という経歴をお持ちなんです。

コチラがひいおじいさんの画像です。

画像➡高松豊吉

どちらかだけでもすごいと思うんです。

しかも今から150年くらい前の方ですよ!

それって、ペリーが黒船で横浜に来た頃ですよ!

そんな昔にすでにこのような偉業を成し遂げることができるとは由緒正しいご実家でなおかつお金持ちである事を示しているのではないでしょうか。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

お嬢様であることのエピソード

高松家がお金持ちで、たかまつななさんが正真正銘のお嬢様である事を示すエピソードをいくつかご紹介します。

  • 高松家の外食はフルコースの料理が出るお店しか行かないので、(芸人になる前は)焼肉屋やラーメン屋に行ったことがなかった。
  • 初めて「日高屋」に入った時は、あまりの安さに”このままだと潰れるんじゃないか”と心配した。
  • ”治安が悪い”ため、コンビニに行くことが禁止されていた。

凡人にはあり得ないエピソードです。

お嬢様言葉一覧を紹介

たかまつななさんがお漫談で使ってる「お嬢様言葉」を一覧にしてご紹介します。

<トイレに行く時>
お花摘みに行って参ります

<大便に行くとき>
バラの木を伐採して参ります。

<お腹がいたい>
天使をみごもりましたわ!

<ちょっと鼻毛でてるよ>
庭師が必要ですわ

<いいって!今日は俺がだすから>
下々のやりとり

<脇汗 ひど!>
まぁ!湧き水!

<あいつ、キモくね?>
エスカルゴのようですわ!

<偏差値10足りないな>
あと偏差値10ですって?おいくら?

<ハクション>
シューベルト!

●アニメお嬢様言葉
<オッス!オラ悟空!>
恐れ入ります!悟空でございます。

<嘘みたいだろ…死んでるんだぜ。>
偽りのようでしょ?昇天なされましたの!

<ドラえもーん、タケコプター出してよ>
セバスチャン!ヘリをチャーターしなさい

<サザエでございます>
サザエでございます

<磯野~!>
下々

 

 

<飛べないブタはただのブタだ>
イベリコ豚はただの前菜

<じっちゃんの名に懸けて>
曽祖父の名を汚さぬように

<ポケモンゲットだぜ>
じいや、麻酔銃!

<俺の物は俺の物、お前の物は俺の物>
それ、おいくら?

 

いくらなんでも、くしゃみを「シューベルト」とはいわないでしょう。

「サザエでございまーす」はそのままということは、サザエさんはお嬢様認定ということでよろしいでしょうか^^;

まとめ

今までのカテゴリーとあまりにもかけ離れているので、たかまつななさんがどこまで本気でどこからがネタなのか、ちょっとよく分からないことがありませんかね?

経済力だけでなく、知性も豊かなので、今後は文化人や知識人との掛け合いも増えるかもしれませんね!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

関連記事:山口めろんの本名や年齢,大学は?てっぺんでピアノを披露

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す