どん兵衛とコラボ!ギンギツネが照れながら踊る姿がかわいい!(動画)

日清「どん兵衛」とアニメ「けものフレンズ」がコラボした動画が公開されています。

ギンギツネちゃんが照れながら踊る姿がかわいいと話題です!

果たしてどんな動画なのでしょうか?

<スポンサーリンク>

どん兵衛とけものフレンズのコラボ動画!

コチラがその動画です!

どうですか?かわいいですね~

大人気アニメ「けものフレンズ」とどん兵衛がコラボするなんて思ってもみませんでした。

特に注目するのはギンギツネのダンスでしょう。

どうやったらお揚げがふっくらするのかと考えているとキタキツネが「踊ればいい!」と提案!

博士から食べ方を調べるように言われている手前、はにかみながらもテレビと同じようにダンスをするギンギツネ。

しかし、せっかく頑張って踊ったのに、気が付くとすでにキタキツネはふっくらしたお揚げの入っているどん兵衛を食べているではありませんかw(゚o゚)w オオー!

「お湯を入れたらできた~」と淡々と話すキタキツネに「早く言ってよ!」とギンギツネ。

ギンギツネのひみつ

キタキツネはよく聞きますが、ギンギツネはあまりなじみがないのではないでしょうか。

ギンギツネに関して「けものフレンズ」のサイトにはこのように書かれていました。

ギンギツネはアカギツネの黒色化型で、灰色の体毛と黒い耳が特徴です。

エサを地中に埋め、これを分割して掘り返して食べます。

臭覚ではなく埋めた時の記憶で掘り当てると言われており、賢い頭脳が伺えます。

(http://kemono-friends.jp/zoo/page/2/より引用)

実際のギンギツネの画像はこのようになっています。

画像➡ギンギツネ

雪の中で生活している訳ですが、雪の中に身を潜めている小動物目がけて、音を頼りにジャンプして捕獲するんです。

アニメ「けものフレンズ」をご覧になった方ならもうお分かりですよね^^

雪の中や地中にエサを埋め、その場所を覚えているとは驚きですw(゚o゚)w オオー!

嗅覚を使っている訳ではないのはちょっと意外です。

雪の中では動物でも臭いは消えて感知できないのかもしれませんね。

キタキツネは甘えん坊?

一方のキタキツネですが、女の子なのに「ボクっ子」なんですね。でもそれはそれでかわいいです。

キタキツネは甘えん坊さんで、ギンギツネは面倒見のいいお姉さんと言ったところでしょうか。

個人的にはギンギツネは品があってとてもきれいでかわいいと思います。

「けものフレンズ」のサイトの説明によれば、キタキツネは人見知りで、あとゲームが大好きとのこと。

アニメの中でも、ギンギツネからお風呂に入るように言われた時、「え~、や~だ~、一回(ゲームで)遊んでから!」とお風呂よりもゲームに夢中でした。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

星野源登場でファン大喜び!

うらで流れているのは、以前放送されていた「どんぎつね」のバージョンのCMですよね!

けものフレンズ最終回でクライマックスを迎え、なおかつここで星野源さんが登場したことでファンは大喜び!

星野源さんは、「けものフレンズ」の主題歌を絶賛していて、何回もリピートして聞いているとラジオでも話していました。

けもフレファンでなくても一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

その主題歌は「ようこそジャパリパークへ!」というもので、カラオケチャートでも第一位を占めるほど人気になりましたね。

まとめ

いや~それにしてもギンギツネ、かわいかったです!

素晴らしいコラボ企画に感謝ですよ、ホントに。

前回「けものフレンズ」最終回を迎えた時、たつき監督から特別動画のサプライズ、けものフレンズ 12.1話「ばすてき」がありましたよね!

粋な計らいにけもフレファンは大喜びでした^^

コチラがその時の動画

今回の最終回では「どん兵衛」とコラボと言うのがサプライズなんでしょうね!

どこまでファン想いなんでしょう!

これはもう「けものフレンズ」第2期を期待してもいいってことですよね、ですよね?

けものフレンズを見逃してしまったという非常にもったいないことをしてしまったそこのあなた!まずは全動画を見て復習しましょう。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

それからみんなで「けもフレ第2期よろしく~」と言うエールをたつき監督に送り続けましょう^^

もしかして、もうできていたりて・・・^^

 

関連記事:

けものフレンズedのシルエット考察-アクリルに隠された恐怖メッセージとは?

けものフレンズ トキの声優は金田朋子ー破天荒なエピソードてんこ盛り

けものフレンズ、ツチノコの声優は誰?「ジャパリコインだ!」とはしゃぐ姿がかわいい

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す