セバスを尋問したのがアインズに変身したパンドラズアクターだった理由は?

アニメ「オーバーロード2」の第10話で、アインズがセバスを尋問するシーンが出てきます。

ですが、その時実際にそこにいたのはアインズではなく彼が創造したパンドラズアクターでした。

なぜアインズが直接尋問せずにわざわざパンドラズアクターを使ったのでしょうか。

<スポンサーリンク>

パンドラズアクターを使った理由

セバスが本当に裏切っていた場合を想定して影武者としてパンドラズアクターが使われたということらしいです。

裏切者かどうかを尋問するためにわざわざやってきてやられてしまっては元も子もありませんからね^^;

でもこれはアインズ自らが考案したものではありません。

これを提案したのはデミウルゴスです。

アインズがデミウルゴスに、

「さてさてデミウルゴス。お前が心配性だというのはこれで立証されたな。私はセバスが裏切るなんてこれっぽっちも思っていなかったぞ。」

と話していることからわかります。

私は原作をまだ読んではおらず、アニメだけ見たのですが、アニメだけではパンドラズアクターが代わりに登場していることは分かりませんでした。

時間的な尺の問題でしょうか、パンドラズアクターの場面がカットされた可能性もあります。

こんなツイートを見つけました。

やはりそうでしたか。

原作を読み込まないと理解できない部分がたくさんあるということですね!

デミウルゴスがなんでヴィクティムを抱っこしてるかなんて考えもしなかったけどそういう理由があったとは!

影武者にヴィクティムを用意・・・

アインズが言う通り、デミウルゴスは本当に心配性なのかもしれません。

関連記事:セバス(オーバーロード)の声優は千葉繁!ツアレを助けた姿が「紳士的」と絶賛

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す