ヒナまつりED「鮭とイクラと893と娘」が哀愁漂うと評判!

ヒナまつりed

アニメ「ヒナまつり」のエンディングテーマ(ED)がアニメっぽくなく哀愁漂っていてカッコいいと評判のようです。

いったいどんな曲なのでしょうか、誰が歌っているのかも気になりますね!

<スポンサーリンク>

ヒナまつりのED「鮭とイクラと893と娘」

アニメ「ヒナまつり」のエンディングテーマは「鮭とイクラと893と娘」と言うものです。新田とヒナとの関係を昭和の演歌っぽく表現した歌詞とメロディとなっています。

アニメの最後に流れているのでおなじみですよね!

いかにも昭和って感じのややこしい歌詞だと思います。(イクラを)たくさん食べろとか、いつでも帰ってきていいんだとかいう内容の歌詞にホロッと涙がこぼれてしまう方も少なくないのでは?

893でありながら、縁もゆかりもないヒナに大好物のイクラを用意しておいたり頑張った時は褒めてあげなきゃと言っている新田はとても優しいですね。

そういった不器用ながらも人間味あふれるところがこの歌のいいところかもしれません。

ちなみにこの「鮭とイクラと893と娘」のシングルを買うと「封入DVD」が特典として付いてきます。

そのダイジェスト版がコチラ

このメンバーで収録しているなんて、なんだか毎回楽しそうで羨ましいです^^

歌い手は新田役の中島ヨシキ

「鮭とイクラと893と娘」を歌っているのはアニメの中で新田を演じている中島ヨシキさんです。

bandicam 2018-05-15 22-55-26-511

ではここで、中島ヨシキさんの簡単なプロフィールを。

中島ヨシキ

  • 生年月日:1993年6月26日(24歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 血液型:O型
  • 事務所:81プロデュース
  • 身長:174cm
  • 活動:2012年~

代々木アニメーション学院横浜校声優タレント科卒業
その後81ACTOR’S STUDIOに入所
2012年4月:81プロデュースジュニア所属

という経歴をたどります。

2012年以降声優として様々な作品に関わっていますが、いわゆるモブ的な役が多く、名前の入った役を本格的にやりだしたのは2017年以降です。

2017年

  • 戦刻ナイトブラッド(山県昌景役)
  • アイドルマスター SideM(山下次郎役)
  • DYNAMIC CHORD(青井有紀役)

そして今年2018年は、

  • ヒナまつり(新田義史役)
  • 甘い懲罰〜私は看守専用ペット(比嘉大和役)

などを演じています。

歌に関してはグループまたは個人として主にキャラクターソングを歌っており、ざっと数えただけでも20枚以上出していますね。

「鮭とイクラと893と娘」を聴いて分かる通りかなり歌のレベルも高いですよね。声優としても、歌手としてもハイレベルのいいお仕事をされています。

ちなみに初回限定盤でCD&アニメーションDVDの付いた「鮭とイクラと893と娘」が5月9日からすでに販売されています。

 

「鮭とイクラと893と娘」に対する反応

前述の通りかなり評判がいいようです。

まとめ

今の若者にこの曲がどう聞こえるか、ダサいと一蹴されるかと思いきやなかなかどうしてかなり受け入れられていますね。

繰り返しになりますが、やはり新田の優しさがにじみ出ているから老若男女問わず人の心を惹きつける歌に仕上がっているんでしょうね!

「ヒナまつり」は893と超能力少女という一風変わった組み合わせのギャグアニメですが、笑いと泣きがちょうどいいテンポで繰り広げられるので見てて飽きないんでしょうね。

関連記事:ところでこのアニメ1クールで終わるのでしょうか、それとも2期続編が期待できるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す