加藤遊海のwiki風プロフィールと過去の出演情報

「2018ミス・ユニバース」日本代表に、三重県代表として参加した加藤遊海(かとう・ゆうみ)さんが選ばれました。

ミス・ユニバースと聞けば、森理世さんや知花くららさんといった方々を思い浮かべますが、加藤遊海さんは一体どんな方なのでしょうか?

ニュース報道によれば、加藤遊海さんは「タレント、モデル、女優」として紹介されていました。

でも正直、”この人、誰?”と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

モデルでもあり、女優もされているとのことですが、wikipediaすらないというのが現状です。

では、加藤遊海さんが一体どんな方なのか、調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

加藤遊海のwiki風プロフィール

<<加藤遊海>>

  • 本名:同じ
  • 生年月日:1996年7月16日(21歳)
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:AB
  • 事務所:セントラルジャパン

5歳の時マレーシアに移住し、15歳までの10年間、マレーシアと日本を往復する生活を送っていたそうです。

マレーシアで育ったこと、そして顔立ちも日本人離れしていてくっきりしていますが、なんとご両親ともに日本人、つまり生粋の日本人だったんですね!

ちょっとにわかには信じがたいですが・・・

 

 

2015年(19歳の時)にモデルとしてデビュー

そして時を同じくしてマレーシアでも女優デビューを果たし、国民的アイドルとなります。

どういう経緯でマレーシアでも女優としてデビューできたのかはわからないです。

でも、かなり人気のある女優さんだったとか。

ちなみに、

  • 身長:173cm
  • バスト:84cm
  • ウエスト62cm
  • ヒップ89cm

という、誰もがうらやむようなスレンダーなモデル体型。

 

ミスユニバースに選ばれるくらいだから、お嬢様のような生活をしてきたのかと思いきやそうではないんです。

前述の通り、15歳までの10年間をマレーシアで過ごしていました。15歳と言えば日本では中学生。でも彼女は中学校を卒業していませんでした。

「永遠の中学生」と言う意味ではないですよ^^;

後日日本に来たときに中学卒業資格の試験を受けたとか。

途中いじめに遭ったと告白してるので、あるいはそれが原因で、通えなくなってしまったことも十分考えられます。

16歳の時、ティオマン島に移り住み狩りや漁をして、生活していたそうです。

真ん中のマークのところがティオマン島ですね!シンガポールにこのような島があるなんて知りませんでした。

単身でこの島に渡った加藤遊海さん、漁や狩りをして暮らしていたそうです。日本で言えば女子高生が一人で離れ小島で暮らしているのと同じな訳ですよ!

トキオのDASH村のようなところでサバイバル生活を送っているJK。

番組的には面白い絵が撮れそうですが・・・

こんなにかわいい女の子を一人で島へ送るのは理由がよくわかりません。

 

19歳の時に女優としてデビュー
趣味は、車の運転・スキューバダイビング・料理・釣り・パン作り 。特技は、英語・マレー語・中国語・ダンスだそうです。

持っているライセンスは茶道・パディ レスキュースキューバダイバー。

さすが、離島でサバイバル経験者だけあって趣味、特技がアクティブです。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

 

過去の出演情報

日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」の「絶滅ゼロ部」に出演。

日本テレビ「 旅チャンネル「マレーシア魅惑の旅」

マレーシアの地元テレビ局TV3のドラマ「J・K・K」にゲスト出演

メディア出演はそれほど多くはありませんね。

まとめ

若くしてサバイバルな環境で成長してきたので、度胸だけは座っているなと言う印象です。

メディアに出演したことがあるとはいえ、正直まだまだすくないですよね。

ミスユニバース日本代表に選ばれて、これからさらに露出度が増すんでしょうね^^

日本とマレーシアの橋渡しがしたいということですが、ミスユニバースに出場し、日本と世界の橋渡しに貢献していますね!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す