坂口憲二の病気は特発性大腿骨頭壊死症!活動再開のめどは?

俳優の坂口憲二さんが病気で無期限の活動休止を発表。

これまで数多くの作品で活躍されてファンならずとも存在感ある演技で楽しませていただきました。

一体どういう病気なのでしょうか。復帰がいつ頃なのか気になります。

<スポンサーリンク>

病名は「特発性大腿骨頭壊死症」

坂口憲二さんが患っておられるのは「特発性大腿骨頭壊死症(とっぱつせいだいたいこつとうかいししょう)」と言う病気です。

太ももの付け根はボール状の骨で骨盤と接続されていますが、そのボール状の部分の骨が潰れて機能しなくなると言う病気です。

その部分が機能しなくなれば当然歩行困難になるでしょう。
特発性大腿骨頭壊死症は「突発」とあるように何の前触れもなく発症するようです。

原因は血流の低下とも言われていますが正確なところはまだ不明で、動物実験段階、厚生労働省の特定疾患にも指定されています。

軽度の場合には保存療法を施し、進行すると手術となるそうです。

進行を止めることは難しく、仮に治ったとしても常に再発のリスクを抱えて生活することになるそうです。

再発つまり壊死はほかの骨に症状が現れる可能性があります。

例え治ったとしても、今後定期的な検査が必要になります。

 

坂口憲二差が所属する芸能事務所「ケイダッシュ」とは5月末で契約満了となるのですが、それを期に退社するとのこと。

いつがらから発症したのか?

2012年8月の初舞台「十三人の刺客」の期間中に痛みを初めて訴えたそうです。

2014年春ごろ、初めて病院へ行き7月に精密検査を受けます。しかし、原因は分からず、翌年2015年春になってようやく「特発性大腿骨頭壊死症」と診断。

その際、つまり3年前に手術を受けたということですから、その時点でもはや軽症とは言えない状態だったのかもしれません。

術後の経過は良好のようで、日常生活を送れるレベルに痛みも安定していたそうです。

そういう状況の中で、DHC「プロテインダイエット」のCMを撮っていたんですね!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

活動再開のめどは?

今年1月末には事務所側に活動休止の旨を表明。芸能関係者によれば、

ドラマの出演依頼はあったんですが、坂口は受けなかった。体を張った役や演技をできないのが許せなかったようです(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000001-spnannex-entより引用)

と語っています。

坂口憲二さん自身も、

自分の力をセーブしながら(仕事を)続けるのも困難だと考え、このたびの結論に至りました(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000001-spnannex-ent)

とコメントしています。

現在は半年に1回ペースで病院に通い、筋トレなどでリハビリを継続中。今後は治療に専念するとのこと。

坂口憲二さんは、

「体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000001-spnannex-entより引用)

とコメントを残しています。

こうしたことからすると、今すぐ再手術とかそういうことではなく、比較的安定はしているようですが、これまでのように激しい演技をすることができないので無期限の活動休止に入り治療を優先するということのようです。

残念ながら活動再開は今のところ望めないようです。

まとめ

ドラマ「医龍」は夢中になって観ていました。

カッコよかったですよね!

自分もあんなふうな生き方が出来ればなと勇気を毎回貰っていた気がします。

一日も早く回復し、あの雄姿をまた披露していただきたいです!

 

 

 

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す