宇佐美圭司の壁画が処分されてしまう!SNSで炎上-保存しなかった理由とは

ab086d9eb7822d2dafd3579f93e47808_s

東大本郷キャンパスの食堂に飾られていた、画家の宇佐美圭司氏の壁画が処分されしまったことが報道されていました。改修工事に伴って処分されたということですが、SNS上で炎上、話題となっています。

宇佐美圭司氏はどのような方なのでしょうか、そして今回の処分について識者の方々を含めどのようなはんのうがあったのでしょうか。

<スポンサーリンク>

「宇佐美圭司壁画処分問題」とは

Twitterでは#宇佐美圭司壁画処分問題などとハッシュタグが付けられ一時はトレンドキーワード上位に入るほどの沸騰ぶりでした。

そもそも何が問題だったのでしょうか。

東大本郷キャンパスの食堂には画家・宇佐美圭司氏の壁画が飾られていたのですがそれが処分されてしまった、ぶっちゃけて言うと、世界的名画が捨てられてしまったということです。

宇佐美圭司氏の壁画を処分してしまった理由

世界的名画を捨てちゃうなんて普通は考えられないですよね!いったいどうしてそんなことが起こったのでしょうか。東大本郷キャンパスの食堂の改修工事に伴って処分したというのが大学側の言い分。

東大本郷キャンパスの食堂とは安田講堂前の地下にある中央食堂のことで、問題となっている壁画は1977年以来飾られていました。食堂の改修工事そのものは2017年8月から行われており7か月後の2018年3月にリニューアルオープンしました。

事の発端は壁画の行方を気にしていた方が同大学生協に質問を投げかけたことから始まります、”あの壁画はどうなったんですか?”と。

それに対する大学生協側の答えは、

「新中央食堂へ飾ることができず(全体にわたって吸音の壁になることや、意匠の面から)、また別の施設に移設するということもできないことから、今回、処分させていただくことといたしました」(https://www.daily.co.jp/society/life/2018/04/27/0011203945.shtml?pg=2より引用)

というものでした。カンタンに言えば、

  • 食堂の壁全部が吸音板になる
  • 意匠(つまりデザイン)の問題

という二つの理由で世界的名画を捨てちゃったよ!ということですね。

40年以上前のデザインからリニューアルするとなればイメージもガラッと変わって当然、なおかつ壁がすべて吸音板になるとすれば確かに宇佐美圭司氏の壁画は4m×4mもの大きなものですから著しく吸音率を下げてしまうのは分かります。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

宇佐美圭司氏壁画処分に対する周囲の反応

今回の宇佐美圭司氏壁画処分問題に対して識者一般人問わず様々な意見が出されています。

脳科学者としておなじみの茂木健一郎氏のツイート。

 

現代美術家の会田誠氏のツイート。

宇佐美圭司氏の娘さんも、処分されることについて事前に連絡が全くなかったことを嘆くコメントをされています。

さらにはこんなツイートも。

まとめ

いろいろ見ていくと、様々な意見がありますね。「芸術的価値が分からない輩が勝手に処分したからけしからん!」というような意見が優勢のようですが、一方で、「絵そのものは食堂に40年以上飾られていたんだし、それを修復するとなればそれ相応のお金がかかる。それに絵が歴史的に価値があるとすれば建物だって同じ。絵が処分禁止というなら建物だって改修なんてできなくなりますけど?」という意見もあります。

それぞれごもっともだと思います。一筋縄ではいきませんね!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す