滝沢カレンの歯茎が曲がっていて差し歯なのか?日本語が下手な理由

滝沢カレンの日本語が下手で教育上良くないと言ったことでたかまつななさんが炎上したそうですね。

「上から目線」と言うのがその原因のようです。

滝沢カレンさんに関しては他にも、歯や歯茎に関して色々言われていますね!

そこで、滝沢カレンさんについて、

  • 歯茎が曲がっていて差し歯なのか
  • 日本語が下手な理由

について調べていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

歯茎が曲がり、差し歯だって?

滝沢カレンさんに関しては歯に言及する方が多いようです。

 

このように大なり小なり滝沢カレンさんの歯や歯茎に注目が集まっています。

彼女の歯茎は曲がっていて差し歯なのでしょうか?

正確なところは本人や関係者しかわかりません。歯茎に関しては確かにテレビで観る限りでは曲がっているように見えます。

歯茎が曲がっているってかなり珍しいのではないでしょうか。

差し歯ではないかと言われているのも、前歯が出っ歯になっているからでしょう。

一説によれば彼女の歯や歯茎は歯列矯正の失敗ではないかと言われています。

私個人としては歯列矯正で歯茎が曲がったりする人を知らないのですが、でも実際にあるそうです。

差し歯であれば、曲がって見せる差し歯はありませんからそれはまずないと思っていいのではないでしょうか。

歯列矯正は小学生の時にしている子が多い印象があります。

若いほど柔軟なんでしょうね。

では、仮に滝沢カレンさんが歯列矯正の失敗だったとしましょう。

ではなぜ今改めて歯列矯正しなおさないのでしょうか?

モデルさんとして活躍されていますから、収入もそれなりにあるのではないかと思います。

何より、歯を強制し直せば、モデルとしての価値がさらに上がると思うのですが。

ご存知の通り、父はウクライナ人で母は日本人。それが関係しているのかはわかりませんが、敢えて矯正するのではなくありのままを受け入れそして愛するというスタンスなのかもしれません。

彼女がお腹の中にいる時に別れてしまったので、彼女は父親の顔を知りません。

なので、海外からの影響ということはないでしょう。

最近はモデルさんの中にも、例えば、肌が部分的に白くなる病気にかかっている国人女性モデルさんが、ありのままの姿を披露したというニュースがありました。

それに比べたら、歯茎が多少曲がっているように見えるとか、差し歯のような見かけでも、それはそれで彼女自身の良さ、美しさに転換できると考えたのかもしれませんよ!

日本語が下手な理由

滝沢カレンさんの特徴の一つに独特の日本語があります。

使い方がおかしいとか、わざとじゃないのかと言われているそうです。

 

「迷路途中」とか「壱岐の島」のことを「いんきのしま」と言ってしまったり。

個人的には好きですけどね^^

昔、ボビーオロゴンの使う日本語が面白かった記憶がありますが、それと似た状況だったのかもしれません。

 

Wikiに寄れば

母がロシア語通訳をしていたことから周囲に片言の日本語を話す外国人が多い環境で育った

と書かれています。

周囲の環境のせいでこうなってしまったと彼女はかんがえていりょうです

 

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す