魔法少女サイト(アニメ)は何話(何クール)なのか?放送局と放送時間について

アニメ「魔法少女サイト」がいよいよ始まりますね!

今回初アニメ化された訳ですが、何話(何クール)まで放送されるのかきになりますよね。

それに加え、放送局や放送時間もチェックしておきましょう。万が一カバーされていない地域に住んでいる場合の視聴方法もご紹介します。

<スポンサーリンク>

アニメ「魔法少女サイト」は何話(何クール)まで?

アニメ「魔法少女サイト」がいよいよ放送されます。

コミックは9巻まで発売されていますが、アニメは何話まで(何クールまで)放送されるのでしょうか?

「魔法少女サイト」の公式サイトをみると、12話(1クール)と思われます。

ブルーレイ第6巻は2018年8月31日に発売される予定なんですが、その詳細をみると、

Blu-ray
魔法少女サイトBD第6巻<初回限定版>
発売日:2018-08-31
品番:GNXA-2106
価格:7,560円(税込)
収録話:第十一話/最終話
※初回版が無くなり次第、通常版に切り替わります。(http://mahoushoujyo-anime.com/products/detail/?id=1015692より引用)

と書かれていました。

”最終話”とあるのでまず間違いないと思います。

 

「魔法少女サイト」放送局と放送時間

以下に放送時間と放送局をまとめます。

  • MBS:4月6日から毎週金曜26:25~
  • TBS:4月6日から毎週金曜25:55~
  • BS-TBS:4月7日から毎週土曜24:30~
  • SBS:4月17日から毎週火曜日25:58~
  • ATV:4月23日から毎週月曜日25:28~
  • AT-X:4月11日から毎週水曜22:30~

「アニメイズム」枠での放送ですね!

いわゆる”深夜アニメ”な訳なので、夜遅くに放送されます。

リアルタイムで観れない場合、録画してと言う方法もありますが、どうせなら24時間いつでも好きな時に観れる環境があったらいいとは思いませんか?

オンデマンドで扱われていれば、契約すれば観ることができますね!

アニメ「魔法少女サイト」は「Amazonプライムビデオ」で視聴できます。

Amazonプライム・ビデオ

私はAmazonプライム会員なので、プライムビデオをそのまま観ることができます。

Amazonプライム会員ではない場合、月に500円くらいでプライムビデオを見ることができます。

3万点くらいの作品が定額で見放題です。

私は通勤電車の中で毎日見ています。2018春アニメだけでも60タイトルほどあるそうですから、好きなアニメをどんどん見ていかないと溜まってしまうんですよね。

 

最近アニメを違法にアップロードしているサイトが乱立しているようです。

そういうサイトを利用するとサイト主には広告費用が入りますが、原作者や漫画家、アニメーターなど制作に関わっているサイドには一銭も入りません。

視聴者は無料で楽しめてラッキーと思うかもしれませんが、制作側にお金が渡らないということは、彼らが新しい作品を生み出す資金がなくなるということです。

これまで観てきた好きなアニメで、続編があるはずなのに制作されない作品がありますよね。

多く場合製作費がないというのが原因。

本当のアニメファンであれば、これが意味するとことは分かるはず。

違法なものに加担するのではなく、きちんとお金を払って楽しみましょう^^

 

このアニメ「魔法少女サイト」も、今期では12話(1クール)として制作されていますが、原作の話数から言えば12話では全然網羅できそうにありません。

続編が期待できるのかもしれませんが、予算不足で没となったら悲しいです。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

「魔法少女サイト」のあらすじ

「魔法少女サイト」のあらすじ。

朝霧 彩という14歳の女の子が主人公。
彼女は家でも学校でも虐げられてどこにも居場所がない状態。
そんなある日「魔法少女サイト」にたどり着く。
不思議な”ステッキ”を手に入たことがきっかけとなり、他の”魔法少女”と一緒に不幸な運命に巻き込まれる。

ザックリとした説明ですがこんな感じのようです。

内容的にはけっこうグロいと言う評価が多いようです。

いじめや暴力が扱われている関係上、小学生の子供に見せるのはちょっと・・・というレベルのようです。

「魔法少女」と聞くとなんだかホンワカしたイメージがありますが、「魔法少女サイト」に関してはそうではないようです。

そこら辺は観る人を選ぶ種類のアニメと言えそうです。

 

でも、かなり推している方も多いので期待できるアニメであることは間違いないと思います。

 

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す