Beverly(ビバリー)歌手のプロフィールとフィリピン下積み時代が凄い!

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌ですっかり有名になったBeverly(ビバリー)さん。

日本に来たのは2016年だというから驚きですw(゚o゚)w オオー!

日本語うまいですよね~

そんなBeverly(ビバリー)さんのプロフィールやフィリピンでの下積み時代がどのようなものかについて調べていきたい思います。

<スポンサーリンク>

Beverly(ビバリー)さんのプロフィール

では簡単にBeverly(ビバリー)さんのプロフィール

  • 生年月日:1994年6月20日(23歳)
  • 出身地: フィリピンラグナ州カランバシティー
  • 身長:153cm
  • 大学:バタンガス州立大学 心理学部
  • 事務所:avex trax

日本と言う異国に一人で来て、しかもスターダムを駆け上がっていくとは大した23歳ではないですかw(゚o゚)w オオー!

私が23歳の頃は、せんべい片手に寝ころんでテレビでしたな~それじゃビッグにはなれませんな~^^;

2016年に来日したので、大学卒業後すぐのことでしょう。

 

 

日本でのブレイクするきっかけは俳優の小栗旬さんが夏フェスでの彼女の歌唱力にエラク感動し、ドラマのプロデューサーに紹介したことがきっかけだと言われています。

そのプロデューサーの言葉

『CRISIS』の世界観を盛り上げる歌声を探し求める中で、Beverlyさんという圧倒的な歌唱力を持つ本格的な歌手に出会いました。

このドラマのために書き下ろしていただいた「I need your love」は、国家の危機に対して、苦悩しながらも決して諦めずに立ち向かう特捜班の姿を豊かに表現した歌です。

アクション、ストーリー、全てが規格外のドラマに、また一つ規格外の歌声が加わりました。(『CRISIS』公式サイトより引用)

まさに探し求めていた世界観がそこにあった訳です。

小栗旬さんもきっとピッタリの曲を捜していたことでしょう。そのアンテナにビビッと来たという訳です。

こういうとなんだかシンデレラストーリーのようにも聞こえますが、決してそうではなくBeverly(ビバリー)さんにはフィリピンでのしっかりした下積みがあるんです。

フィリピン下積み時代が凄い

子供の頃から歌が好きだったビバリーさん。ラジオから流れる大音量の音楽に合わせて良く歌っていたそうです。

そんな彼女にレッスンやコンテストを熱心に勧めてくれたのが彼女のお母さん。

歌うのは好きだけど人前に出て何かするのは恥ずかしい性格。だけど、「何も考えずにただ歌うことだけに集中すればいいのよ!」と背中を押してくれたそうです。

お母さん自身かつては歌手に憧れていた時期があったようで、その夢をビバリーさんに託したのでしょう。

では、家庭が裕福だったかと言うと決してそうではなく、恐らくレッスン代を払うのも大変だったと思います。

コンテストに出て優勝すれば賞金がもらえるのでたくさん参加していたそうですが、行なわれる会場によっては移動手段がなく、時には雨の中何時間もバイクを走らせたこともあったとか。

コンテストで優勝してお金をもらうということに抵抗を感じる方がいるのも事実でしょう。

優勝してお母さんにお金を渡して少しでも家計の足しにしてもらえればいいなと言う気持ちでそうしていました。

  • 一人で
  • 見知らぬ土地で
  • 女の子が
  • バイクで
  • 雨の中

という条件を考えれば、単に「お小遣いが欲しいな!」と言う浅はかな動機で参加していた訳ではないことは明白です。

彼女の夢はいつかお母さんにドリームハウスを建ててあげることだそうです。

親孝行な娘さんですね!

で、彼女がコンテストに参加した時の様子がコチラ

2012年ごろの地方でのコンテストの様子ですが、この会場に彼女一人で参加しているとすればどれほど心細いのか想像してみてください。

これが高校生の歌声なんですか?

レベル高すぎて参っちゃいますね^^;

お金払ってでも聞きたい歌声ではないでしょうか?

まとめ

わずか1年でこれほどまでにブレイクしたBeverly(ビバリー)さん。

ドリームハウスをお母さんのために建てられる日もそう遠くはありませんね!

 

関連記事:Beverly(ビバリー) 歌手の国籍や年齢、本名とブレイクのきっかけがあの人のお蔭?

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す