Beverly(ビバリー) 歌手の国籍や年齢、本名とブレイクのきっかけがあの人のお蔭?


Beverly(ビバリー) という歌手のことは知らなかったのですが、日テレの「うわっ!ダマされた大賞にパネラーとして出演されていたので気になって調べてみました。

国籍や年齢、本名について迫ってみましょう。

<スポンサーリンク>

Beverly(ビバリー)の国籍は?

Beverly(ビバリー)の国籍はフィリピンです。

現在は日本で活動していますが、歌手になるために日本に来たと語っています。

日本では今年の初めに放送された『爆笑ヒットパレード』に出演した事をきっかけに知れ渡るようになりました。

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌「I need your love」で気になって調べた方も多いのではないでしょうか。

年齢は?

生年月日は1994年6月20日生まれの23歳です。

若くてキレイですね!

大学卒業と同じ年齢でしょうか。

本名は?

彼女の本名は「Beverly Caimen」と言います。

ビバリー・カイメンと読むんでしょうか?フィリピンではBeverly Caimen名義で活動しているのでその方が有名なんでしょうね。

ブレイクのきっかけ

『爆笑ヒットパレード』に出演したこの人とのツーショット。

これだけがきっかけではないでしょう。

でもピコ太郎さん自身もジャスティン・ビーバーさんがお気に入り動画という事でツイートしたことがブレイクしたきっかけでしたよね。

彼自身下積みが長かったですから、「これからは私が~!」と積極的に動いているのかもしれないです。

彼女が日本に住み始めたのは2016年ということですから来日してまだ日が浅いんです。

にもかかわらずここまでブレイクしたきっかけは何でしょうか。

夏フェス「a-nation」に参加したことが大きいようです。

その様子を見てものすごく感銘を受けた小栗旬さんが『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のプロデューサーに紹介します。

その結果、ドラマで彼女の曲が使われる運びとなりました。

主題歌の「AWESOME」、挿入歌の「Empty」は彼女のデビューアルバムに収録された曲だったんですね!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

 歌声の評判が悪い?

歌唱力は素晴らしいものですが、中には「うるさい」「キンキンしてる」と受け付けない方もいらっしゃるようです。

好みの問題なので仕方ないのかもしれませんが、彼女の歌い方と言うか、その種類が日本人には馴染みがないことが原因の一つかもしれません。

彼女のオフィッシャルサイトを見ると、

アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、日本が初めて体感するハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガー

と紹介されています。

”ハイトーンボイス”とは聞きなれませんね!どういうものを指しているのでしょうか。

ハイトーンボイスとは地声と裏声の喚声点つまり変わり目の事よりも高い声域の声の事を指して、ハイトーンボイスと呼んでいます。(中略)
ハイトーンボイスとは高音域の中で特別綺麗で伸びやかな声の事を一般的には指しています。
抜けるような声とも言われていますが鼻腔と頭蓋骨で響かせながら声を出しています。
決して裏声のようにひっくり返った声ではないのが特徴と言えます。
このハイトーンボイスは様々な発声方法を使用して、出す声ですので練習が必要になります。(http://vocalinfo.net/?p=5311より引用)

専門的なことはよく分かりませんが、このことからBeverly(ビバリー)さんは単に歌がうまいお姉さんではないことが分かりますね^^

まとめ

日本に憧れ、そして実際に夢を実現し、素晴らしい歌声を披露しているBeverly(ビバリー)さん。

彼女は、

「日本に行くことは”人生のやりたいことリスト”に入っていたので、日本で活動できて嬉しい」

と語っています。

ということは、この夢が実現した今、次なるステップもきっと決めているはずです。

彼女の成長が楽しみですね^^

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す