「君の名前で僕を呼んで」(映画)あらすじや原作とタイトルの意味は?

映画「君の名前で僕を呼んで」が4月27日から上映されます。海外で様々な賞を受賞し高い評価を得ていますが、上映に先立ちあらすじや原作に精通しておくとなお一層楽しめるでしょう。さらに「君の名前で僕を呼んで」というタイトルにはどのような意味があるのでしょうか。

  • あらすじ
  • 原作
  • タイトルの意味

という3つの点についてこの記事では扱います。

<スポンサーリンク>

映画「君の名前で僕を呼んで」のあらすじ

まずはこの映画のあらすじから。

主人公はエリオ・パールマンという17歳の青年。1983年の夏、大学教授である父の助手として24歳の大学院生オリヴァーがやってきます。出逢った時エリオはオリヴァーの態度が気に入らない様子でしたが、次第に彼に惹かれ好意を寄せるがゆえに様々な葛藤にさいなまれるも2人は恋に落ちます。予告動画も解禁となりましたね。

主人公のエリオ・パールマンを演じるのはティモシー・シャラメ。
ティモシー・シャラメ

彼は「ディカプリオの再来」とまで言われており、演技力でも人気と言う点でもまさにカリスマ。今もっともアツい俳優さんですね!映画の中では17歳の青年ですが実年齢は22歳です。
彼の共演者で大学院生オリヴァーを演じるのがアーミー・ハマー。
アーミー・ハマー

彼もさまざまな作品に参加しており、

  • 『コードネーム U.N.C.L.E.』
  • 『ノクターナル・アニマルズ』
  • 『フリー・ファイヤー』
  • 『ALONE/アローン』

などで有名です。脂ののった中堅どころといった立ち位置でしょう。作中で彼は24歳の大学院生を演じていますが、実年齢は31歳です。このお二人とも実年齢とは結構かけ離れた役を演じていますが、さほど違和感は感じないのではないでしょうか。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

「君の名前で僕を呼んで」の原作

映画「君の名前で僕を呼んで」の英語のタイトルは”Call Me By Your Name”です。この映画の原作はアンドレ・アシマンの”Call Me By Your Name”という同じタイトルの作品で2007年に発表されました。この原作の日本語版は4月20日に販売されます。

原作に目を通してから映画を見るとなお一層この作品の良さが伝わってくると思います。小説では特に主人公であるエリオの繊細な心の動きが細かく描写されているとのこと。映画ではこの小説のすべてが扱われるのではなく主に2章で扱われている、恋愛が実っていくワクワク感が描かれるそうです。

脚本を担当しているジェームズ・アイヴォリーは要の部分では原作のセリフをそのまま採用しているという情報もあります。日本語に訳してなおかつ映画では日本語に吹き替えをしていますから、それが日本語でどれくらい忠実に再現されているかを見るのも楽しいでしょう。

さらに言えば、映画では扱われない原作の最終章はかなり感動的なものと評判です。ハンカチが手放せないと語る読者さんもいます。

原作の日本語訳は4月20日に発売されたばかり。映画を見る前に予習して臨めばより一層理解が深まるでしょうね。

君の名前で僕を呼んで 【特典:寿たらこ描きおろしカバー&リーフレット付】 (マグノリアブックス)

原作の日本語訳は予約の時点でAmazonでベストセラー1位を記録しています。

映画のタイトルの意味は?

この映画のタイトル「君の名前で僕を呼んで」は一体どういう意味なのか気になりますよね!

映画の中では”君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ”というセリフが出てくるようです。恐らく終盤だと思いますが、結論から言えばこれと言ったいわゆる”正解”はないそうです。映画を見た人それぞれが流れの中で「君の名前で僕を呼んで」というセリフの意味を自分なりに解釈してほしいという作者の意思なのではと思います。

まとめ

すでに海外では絶賛の嵐なので、見てハズレということはまずないと思います。若い男性同士の恋愛感情を描いた作品なので、この作品を初めて知った時は「どうかな?」と感じました。青春の心の葛藤を描いた作品として高く評価されているので揺れ動く感情を繊細に表現しているところがヒットの要因ではないかと思います。

男女だけではなく同性間の恋愛を描いた作品も数多く見られるようになっているので時代の流れとしても注目されているのかもしれません。

関連記事:「君の名前で僕を呼んで」(映画)予告編の声優は誰?

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す