チキンラーメンCMでリコーダーを吹く金髪おじさんは誰?

noodle

チキンラーメンっておいしいですよね!手軽にできて超べんり!

どうりで60年も愛される訳だ^^

ということで、今やチキンラーメンの看板娘ともいうべき新垣結衣さんの新しいCM「ぐで垣結衣 篇」が放送されていますよ~!

このチキンラーメンのCMで気になるのは、後ろでへったくそなリコーダーを吹いている金髪のおじさん

この人は一体誰なんでしょうか?知らべてみましょう。

<スポンサーリンク>

チキンラーメンCMでリコーダーを吹くおじさんは誰?

分かっているとは思いますが、改めて新垣結衣さんのかわいい姿と一緒に謎のリコーダーおじさんをチェックしてみましょう。

チキンラーメンCM 「ぐで垣結衣篇」30秒バージョン

それにしても新垣結衣さん、くっきりとしたきれいな二重ですね~!ぐで~ッとしていても超かわいい!

とっ、それは置いておいて、肝心のリコーダーおじさんですよね。窓の外ではしゃいでいるようですが、演奏は超ヘタ!

この方はマット・マルホランドさんという方なんです。

Matt Mulholland

ニュージーランドで活躍するプロのミュージシャンだそうです。ですが、バンド名とか所属事務所など詳細なことは分かっていません。

主にYouTubeで活動しているそうなんですが、となるとマット・マルホランドさん、今流行りのユーチューバーということになるんですかね。

この方がなんで有名になったかというと、2009年にものすごい下手なリコーダーで映画「タイタニック」の主題歌を演奏した動画を投稿したからなんです。

そのあまりにもヘタクソな演奏が話題となり、この記事を書いている時点で2350万回も再生されているんです。

その動画がコチラ!ドリフのコントみたいにズッコケてしまいそうな演奏ですよね!

マット・マルホランドさんの他の動画を観ると分かりますが、プロのミュージシャンですから歌もうまいしギターも弾ける、トランペットだってお手の物。

そういうプロの方がド素人のようにヘタクソに聞こえるように演奏するのはかえって難しいと思いますが、それが彼の追求する演奏スタイルの一つだとも言われています。

ナチュラルに、ド素人っぽく、気取らずに軽やかに演奏する事を突きつめるとこのようなスタイルになったんでしょう。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

種明かしをすると・・・そっくりさん!

”ひょっこりはん”、ではなく、そっくりさん!

チキンラーメンのCMをもう一度よ~く見てください。リコーダーを吹いているのはいかにもマット・マルホランドさんのように見えますが・・・なんか胡散臭いというかアヤシイ。

そうなんです、このCMに出演しているのはマット・マルホランドさんご本人ではなく、そっくりさんなんです!

本当はマット・マルホランドさんご本人がCMに出演する予定だったんですよ。何とビザが間に合わず、撮影のために来日することが出来なくなってしまったそうです。

それで急きょ「そっくりさん」を用意し、演奏だけはご本人にお願いして音だけ合わせて収録したとのこと。

制作スタッフも慌てたでしょうね。

出来ればマット・マルホランドさんご本人に出演してほしかったです!

ビザが降りたらぜひ来日してバラエティ番組などで今回のエピソードと共にあの素晴らしい演奏をしていただきたいものです。

マット・マルホランドさんの収入はどれくらい?

YouTubeに現在でも動画を投稿しているマット・マルホランドさん。動画での収入はどれくらいなのでしょうか。

YouTubeの広告収入は公表されていませんが、一般的には1再生につき0,1円とも言われています。動画の種類によって変動するそうなので一概には言えませんが。

前述の「ヘタクソすぎるタイタニック」の動画は2350万回再生でしたね。これに0,1円をかけると「235万円」ということになります。

これ1本で235万円とはおいしいですよね。

彼のアカウントを見ると、現在わずか19本の動画がアップされています。再生回数もバラバラなのですが、「タイタニック」級の動画は少なく、とてもこれだけでは生活は出来ないだろうと思います。

もしかしたらニュージーランドでは有名な、地元密着型のミュージシャンなのかもしれませんね!

まとめ

チキンラーメンのCMのリコーダーを吹くおじさんは、「マット・マルホランドさん」のそっくりさんだということが分かりました。

それにしてもCM出演のオファーを受けて、いざ撮影となったら「ビザが降りない」とは、リコーダーの演奏よろしくユルユルな感じの方なのかもしれません。

ニュージーランドの穏やかな気候と環境が生み出した自由人と言ったところでしょうか。

ぜひ来日して、タイタニックのライブ演奏をしてもらいたいですね!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す