カップヌードル新cmのイラストで、キキはなぜブサイクなのか?

カップヌードルの新cm「魔女の宅急便」が6/19からオンエアーされていますね。

ところがイラスト、アニメーションを見ると、主人公の”キキ”が正直言ってブサイクだなと感じました。


なぜこのような描き方をしているのでしょうか。

その理由を考察してみました。

<スポンサーリンク>

カップヌードル新cmのキキを見た人の反応

カップヌードルの新cmで、キキを見た時正直「可愛くないな!」と感じました。

もしかして、私だけかと思い調べてみると、同じように感じている人がいて安心しました^^;

 


このcmのイラスト・アニメーション担当は誰?

カップヌードルの公式サイトを見ると、

  • キャラクターデザイン:窪之内英策(くぼのうち えいさく)
  • アニメーション制作:タツノコプロ

となっています。

キャラクターデザインの窪之内英策(くぼのうち えいさく)については、どんな人なのか全く知りませんでした。

wikipediaを見ると、

  • 生年月日:1966年11月11日(50歳)
  • 出身地:高知県
  • 活動:1986年~
  • 代表作:『ツルモク独身寮』『ワタナベ』『ショコラ』

とありましたが、正直よくわかりません。代表作は、その名前すら知りませんでしたから。

現在はイラスト制作を中心に活動しているとのことでしたので、どんな絵を描いているのか調べてみました。

もしかしたら、この方ブサイクな少女しか描けないんじゃないかと思ったりしたんですが・・・


なんだ、ちゃんとかわいい絵を描けるんじゃないですか!(なにその上から目線)

タツノコプロについてはどうでしょうか。

子供の頃に見ていたアニメ「タイムボカン」「ヤッターマン」「ガッチャマン」は有名ですし、最近の作品としては「夜のヤッターマン」「憑物語」などもタツノコプロの作品だそうです。

あ、アニメ「サイコパス」もタツノコプロなんですね!常守朱(つねもり あかね)さん、可愛いかったです^^

でも、手掛けてきた作品全般に言えることは、「美しい少女が主人公のアニメはほとんどない!」ということです。(ココ重要!)

ということはですよ、窪之内英策さんは美しい少女を描くことに特化した作品を手掛けているのではないようですし、タツノコプロも美しい少女系のアニメは得意分野ではない訳です。

つまり、今回のカップヌードルのcmで、キキにかわいらしさを求めることは最初から無理な話だったのかもしれません。

それならば、どうして日清側はこの組み合わせでcmを作ったのでしょうか。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

どうしてわざわざ「ブサイク」なキキにしたのか?

「魔女の宅急便」は原作が角野栄子さんという方ですが、スタジオジブリが原作を元に映画化、「魔女の宅急便」を知らない人は日本にはいないというくらい有名になりましたね。

それならば、今回のcmも初めからジブリに頼めばよかったんじゃないでしょうか。


今回のcmは、17歳になったキキという設定になっています。

ジブリ作品の「魔女の宅急便」のキキは13歳でした。

魔女は13歳の時に独り立ちすることになっていましたよね。

それから4年。やっぱり期待しちゃうじゃないですか、あの時の面影を残したままのキキが高校生になっている姿を・・・

それがですよ、あのビジュアルのキキが出てくるわけですから、上記のツイッター主のようにガッカリすることになる訳です。

 

 

ここで、このcmのコンセプトを確認してみましょう。

キキはどんな女の子として描かれていますか。

同じ高校に通う幼馴染のとんぼには、淡い恋心を抱いていた。
ある日、とんぼが後輩の女の子から告白されるところを、
偶然にも見つけてしまう。心がざわつくキキ。

キキ 17才。
この気持ち、うまくお届けできますか?(日清サイトより)

心ときめく乙女の心情、葛藤、そして勇気を一本のcmの中にぶち込もうとしている訳ですよ。

ではこれが、スタジオジブリの描くキキだったらどうなるでしょうか。

当然うつくしい17歳に成長してますから、そのかわいらしさをトンボにぶつけてツンデレ的展開で彼の心をわしづかみにしちゃえばいいんじゃないですか。

それが出来ないのは、今回のキキは「ブサイク」だからではないでしょうか?

つまり、ここに、彼女をブサイクに描いた真の理由があると思っています。

 

かわいくないゆえに「果たして自分が告白しても大丈夫だろうか」という不安、葛藤が生まれます。

でも、それを乗り越えて淡い恋心を「お届け」する訳です。

まさに、カップヌードルの掲げている「HUNGRY」精神ではないでしょうか。

終わりに

制作側の真意は分かりません。

でも、私自身こうやって書いているということは、作り手の熱意、エネルギーのなせる業ではないかとも思います。

作り手からの、あふれる情報をこちらが拾い上げたということです。

反対意見よりも怖いものは「無関心」だと思います。

 

「嫌い」「ブサイク」「かわいくない」という意見があるということはそれだけ相手の心を動かしたことになりますからね。

それを計算して作っているとすれば、「ブサイクだなぁ」と感じた私はまんまとはめられてしまった訳ですね^^;

※最後までご覧いただきありがとうございます!

関連記事:カップヌードル新cmの出演者は豪華なのにキキがかわいくない理由を考察するよ

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す