FAガール(アニメ)アーキテクトの声優は誰?山村響はどんな人

フレームアームズガール(アニメ)、アーキテクトという実機がない子が登場します。

アーキテクトの声優さんは、山村響(やまむらひびく)さんです。

山村響さんはどんな方なんでしょうか?

<スポンサーリンク>

山村響さんが声優のアーキテクトってどんな子?

山村響くさんが声優をしているアーキテクトはどんな子でしょうか。

先ほども紹介した通り、実機のない子です。

人間で言うと、幽霊みたいなものでしょうかね^^;

プログラムデータのみで起動します。

存在がデータ由来ゆえ、過去データのないバトルには対応できません。

初戦で轟雷にそこを突かれ、敗北を喫します。

後に彼女専用の実機があおちゃんの元に送られ、移植。

晴れてFAガールの一員になることが出来ました。

声優の山村響さんはどんな人?

声優の山村響さんはどんな人でしょうか。

まずは簡単なプロフィールから。

生年月日:1988年2月10日(29歳)
出身:福岡県
血液型:O型
身長:160cm
所属事務所:東京俳優生活協同組合
活動:2007年~

見た目はけっこう背が高いように見えますが、身長が160cmなんですね。

山村響さんは声優、アニソンだけでなく、歌手としても活動されています。

歌手の際は”hibiku”として名義を使い分けているようです。

こだわりがあるようです。

なんでも、物心ついた頃からいつも歌っていたそうです。

山村響さんは、絵も上手なんです。

なんと、絵師としても活躍中。

月刊ヤングキングアワーズGHにて「アルペジオ劇場」という連載を持っています。

こうしたこと考えると、幼いころから歌や絵で自分を表現することが大好きな方なんですね!

聞くところによると、山村響さんは”妄想”が好きというか得意なんだそうです。

声優の仕事をしていても、「このセリフが語られた背景は何だろう?」と妄想を膨らませるのが楽しいとか。

でも、そうやってご自身が演じるキャラクターを掘り下げることが、演技にもつながっているんでしょうね。

山村響さんが声優として演じた中で一番好きなキャラクターは、「蒼き鋼のアルペジオ」というアニメに登場するハルナです。

「蒼き鋼のアルペジオ」というアニメは、人類対”霧”と呼ばれる謎の存在とのバトルものです。

山村響さん演じるハルナは、「メンタルモデル」と呼ばれています。

メンタルモデルは、形こそ旧日本海軍の戦艦を模した形になっていますがその性能は人類の技術をはるかに凌駕したもの。

ハルナは、同じくメンタルモデルの”キリシマ”と行動を共にします。

キリシマは感情の上下が激しいのに対し、ハルナは分析型で、いつでも冷静、感情をあまり表しません。

そんなハルナは、主人公である千早群像に敗北し、ひょんなことから人間と接していくうちに、だんだんと人間らしい感情を得ていくようになります。

幼い少女でありながら、科学者である刑部蒔絵(おさかべまきえ)を敵から守ろうとして自らを犠牲にする場面は涙なくしては観れないくらい感動しました。

劇場版アルペジオで、もう一人の主人公、イオナが消滅してしまったので、恐らく次回作品はないのではと思われますが、機会がありましたら「アルペジオ」ぜひご覧ください!おすすめです!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す