日焼けで顔の皮がむけてしまった-正しい対処法をしないとシミの原因になる

0cdfbe417f1555fe3101dd4c09ea008c_m

夏休みなのでキャンプやバーベキューなど普段とは違う体験をすることが多いと思います。

そのような時に、一気に日焼けしてしまって数日後に皮がむけてしまったという経験があるかもしれません。

気持ちが悪いですし、見た目にも気になるものですよね!

特に顔ですと、外に出たくないと思うことも無理はありません。

でも正しくケアしないと、場合によってはシミやそばかすなどの肌トラブルの原因となるかもしれません。

では日に焼けて皮がむけてしまった場合、どのように正しく処することができるでしょうか?

<スポンサーリンク>

日に焼けて皮がむけた時の対処法

①保湿をする

化粧水や乳液などを使って保湿をすることが重要です。

  • 化粧水を使って皮膚に十分に水分を補う
  • 乳液を使って肌をさらに保護する

この化粧水と乳液をセットと考えると良いでしょう。

簡単に言うと化粧水で水分を与え乳液でフタをするってことです

つまり化粧水だけですとせっかくそれを加えても飛んでいってしまい、半減してしまう可能性があるからです。

保湿のためオイルを使うと言う方法もあります。

患部にオリーブオイルや馬油などを使って保湿することもできます。

ですが、オイルを使いますとちょっとベタベタしてしまって洋服などについてしまい、良くないなぁと感じるかもしれません。

②無理に剥がそうとはしない

皮がむけていると言う事は、皮膚が再生しようとしてる状態です。

そのような時に無理に剥がしてしまうと弱い皮膚が露出し、そこに紫外線が当たって場合によってはシミやそばかすの原因となります。

ですから、あまり気分が良いものではありませんが無理に剥がさないように我慢しましょう。

外出する時は、皮がむけた部分が目立たない服を着たり、顔の場合はマスクをしたりサングラスをかけることぐらいしかできないかもしれません。

暑い季節ですからマスクはちょっときついかもしれませんね。

③皮膚科を受診する

皮膚科を受診するのが最善の選択かもしれません。

特に患部が化膿してきた場合はそうしたほうがいいでしょう。

お医者さんによってはステロイド剤を処方するかもしれません。

ステロイド剤と聞くとどきっとするかもしれませんが、医師による正しい指導のもとに行えば問題ないでしょうし、それほど長い期間使うわけでもありませんから、短期間使用し美しい肌に戻すことができるでしょう。

 

 

日焼けによって日焼けによって皮がむけてしまう場合、特に顔ですと人に見られると恥ずかしいですよね。

とても辛いと思いますが、皮をむかずに我慢するかどうかで今後の肌の状態が変わってくるので、美しい肌のために頑張りましょう。

ぶっちゃけた話、正しいケアをした後は諦めて回復を待つしかありません。

まとめ

  • 保湿をする
  • 無理にむかない
  • 皮膚科を受診する

 

海やバーベキュー、キャンプなどで一気に日に焼けてしまった場合でも、正しく対処することによって皮膚のトラブルを防ぐことができます。

ですが、あらかじめ日焼け対策をすることによって皮膚が赤くなったり皮が剥けたりすることを防ぐ方がいいですよね。

日焼けの影響は、若い頃は問題ないかもしれませんが、年齢が進むにつれて様々なトラブルが発生するかもしれません。

そうならないためにも、あらかじめ正しい日焼け対策を行いたいものです。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す