北海道観光バス横転事故17/8/18先月に続き2度目!会社はどこ?

北海道で観光バスが横転し、ほぼ全員が病院に搬送されるという事故が2017/8/18に起きました。


乗っていたのはツアーに参加した方たちということですから、誰でも巻き込まれる可能性があります。

しかもこのバス会社、先月にも同じような事故を起こしたばかりなんです!

  • 事故の状況と原因
  • 事故を起こした会社はどこ?
  • 危険なバス会社を見分けられるのか?

これらについて考えてみましょう。

<スポンサーリンク>

事故の状況と原因

事故の状況を振り返ってみましょう。

  • 日時:2017/8/18 午後3:50ごろ
  • 場所:北海道清水町清水の国道274号
  • 運転手:安藤寧(やすし)58歳
  • 状況:道路左脇の草むらに転落し、横転
  • 負傷者:乗員乗客49人中、48人が病院へ搬送、2人が重症、13人が軽傷

事故当時の道路の様子については、

峠に向かう上り坂の直線道路。道路左側の縁石に乗り上げた跡があり、そこから30メートルほど先で横転していた。(http://www.asahi.com/articles/ASK8L5HRQK8LIIPE02C.htmlより引用)

と報道されていました。

 

原因は何だったのでしょうか?

 

なんと、運転手の注意散漫だったんです!

「ぼおっとして、よそ見をしていた」

というから呆れてしまいます。

 

なんとこのバス会社、先月の7月30日にも同様の事故を起こしているんです。

釧路市阿寒町の国道で道路の外にはみ出し、6人が怪我をしました。

 

最初の事故からまだ3週間も経過していませんよ。

 

それにもかかわらず同様の事故を起こしてしまいました。

 

運転手は経験20年以上のベテランで、今回のルートも以前から通っていたとのこと。

どこのバス会社か?

先月に続き今月も事故を起こしてしまったこの観光バスは、どこの会社なのでしょうか。

網走観光交通という会社だと報道されていました。

北海道網走郡大空町に本社があり、古くは1948年創業と言いますから戦後間もないころから半世紀以上に渡って北海道で営業しています。

 

先月に事故があった後再発防止のための検討が行われたとのことですが、事故の教訓が全く生かされていないとしか言いようがありません。

 

事故からたった3週間ですよ、しかもその原因が”ぼおっとして、よそ見をしていた”と言いますから、開いた口がふさがりません。

 

個人として、また会社として、始めの事故を重く受け止めていなかったと言われても仕方ないのではないでしょうか。

 

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

危ない会社を見分ける方法はあるか

東京のツアー会社が企画した観光ツアーだったそうですが、ツアー会社と網走観光交通とは別の会社です。

 

利用客のほとんどは関東から来た方だと言います。

 

バス会社に問題があることは明らかですが、危険なバス会社を利用したくはありませんよね。

 

事前にそのバス会社がどのようなものか、危険ではないかどうかを見分ける方法はあるのでしょうか?

 

国土交通省のサイトの中に、「自動車総合安全情報」というものがあり、さらに見ていくと「事業者の行政処分情報検索」という項目があります。

ここに事業者の名前を入力すると、過去の行政処分を受けたデータが出てきます。

 

つまり、そのバス会社が過去に何回、どういった理由で行政処分を受けたかを確認することができるんです。

 

で、さっそく「網走観光交通」と入力すると、「該当する項目はありません」と出てきました。

 

あれれ?おかしいな。7月の事故では行政処分は受けなかったんですかね。それかまだ3週間しか経過してないのでこれからなんでしょうか。

 

有力候補に思っていたサイトですが、案外役に立たないことが分かりました。

 

次に、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」というものがあります。

日本バス協会が実施するものなんですが、

貸切バス事業者の安全教育・適性診断・健康管理、車両点検の実施など、安全性への取り組み状況を評価・公表することで、利用者がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくし、また貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図るもの(http://www.bus-tabi.net/bus_sf.htmlより引用)

とのこと。

 

安全への高い取り組みに応じて、星1つから星3つまでが与えられ、それがバスの安全の指標となっているそうです。

こんなステッカー➡画像

実際に「貸切バス事業者安全性評価認定制度・認定事業者一覧」で網走観光交通を調べてみると、なんと「星1つ」ではありませんか!

 

その制度に加入していないよりかはマシですが、基準の中では最低レベルにとどまっているということです。

 

ちなみに私の所属する会社がここ数年社員旅行に利用しているバス会社も「星1つ」でした。

 

こうやって見てみると、危険なバス会社を素人が見抜くすべは残念ながらないようです。

 

強いてできることと言えば、ネット上の口コミを確認すること、無理な旅行計画となっていないか、中身の割には値段がかなり安い、かなり無理な距離を移動する、と言ったことがないかどうか確認してみることですね。

まとめ

多くの命を預かっているということをきちんと認識してほしいですね!

残念ながら素人にはそのバス会社が危険かどうか見極めることはほど不可能ですが、常識的な範囲で旅行プランを見てみると、多少は分かるかもしれません。

 

バス会社、運転手個人個人の質が問われる時代ですね!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

1件のコメント

  • 政治家に依頼して揉み消したのでしょう。マスコミが騒いで暴露されないかなぁ~

コメントを残す