放生会2017年の日程と見どころー今年は「御神幸」が行われるよ

hakozaiguu-houjouya

放生会の2017年の日程と見どころについて書いていきます。

<スポンサーリンク>

放生会2017年の日程

放生会2017年の日程ですが、

  • 9/12(火)~9/18(月)の7日間
  • 時間は、9:00~21:00ごろまで

となっています。

終わる時間がハッキリしないのは、出店や露店によって営業時間が異なるからだそうです。

せっかくのお祭りですし、規則ガチガチではなく、曖昧な部分が残されている方が面白いですね。

放生会の見どころ

①露店、出店がある

お祭りで非常に多くの露店や出店があるのはワクワクします。

筥崎宮のサイトにも、

参道にはお化け屋敷や射的・ヨーヨー釣り・新ショウガなど約500軒もの露店が軒を連ねて、連立大変な賑わいで、期間中のべ100万人が訪れます。(http://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/houjoya/より引用)

と書かれています。

約1kmもの間に500軒ものお店が軒を連ねているというのは圧巻です。

それを目がけて、7日間で100万人が集まるとは驚きです。単純計算で、1日におよそ15万人が訪れているということです。

東京ドーム3回転以上の来訪者が1kmという限られた空間に集まる訳ですから大変な賑わいですよね。


お化け屋敷なども気になりますが、どんな感じなんでしょうか。

「お化けが2人」だけって、どんだけ人手不足なんだよっ!それとも他のお化け担当は休憩時間だったりして^^;

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

②2年に1度の「御神幸」が行われる

2年に1度「御神幸」が行われる年ですが、御神幸とは何でしょうか。

2年に一度(西暦の奇数年にあたる 2015年、2017年…)行われる御神幸(御神輿行列)は9月12日(御下り)と14日(御上り)に氏子約500名の奉仕により厳粛に齋行いたします。(http://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/houjoya/より引用)

簡単に言えば「おみこし」ですね。

  • 9/12(火)の「御下り」は筥崎宮から頓宮まで
  • 9/14(木)の「御登り」はその逆のルート

をおみこし行列が進みます。

おみこし行列が何時ごろにどこを通過するかは、パンフレットに書いてあるそうです。

筥崎宮の巫女さんからパンフレットを受け取ることができるようです。

頓宮と言う言葉を初めて聞きました。

頓宮(とんぐう)は仮の宮、一時的な宮のこと。「頓」の語は休息して留まる、仮の宮の意。

と説明されていました。

 


今年の放生会はどうなるのか、楽しみです^^

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す