家族がインフルエンザで自分も感染してるかも?潜伏期間に出社しても大丈夫か

businessman

仕事中に妻からメールが届きました。

「由真がインフルになっちゃったみたいだから学校を休ませて病院へ行ってくるね」

潜伏期間中に一緒に遊んだ子から感染したんかなとも思いました。

次の瞬間「あ、ということは俺もヤバくね?もしかしてインフルエンザに感染しているかも?」という疑念がアタマをよぎりました。

インフルエンザだとはっきりしていれば迷うことはないんでしょうけど、自分が果たして感染しているのかどうか分からないという状況。

昨日も「はい、パパ」と手渡しでむいたみかんを由真から貰って食べちゃったし・・・

家族がインフルに感染して、自分も潜伏期間か疑わしい時、出社してもいいものでしょうか?

<スポンサーリンク>

家族がインフルを発症ー出社しても大丈夫?

潜伏期間中に感染するのか

家族がインフルエンザに感染した場合、会社に出勤しても大丈夫でしょうか?

 

もしかして自分もすでに感染しており、知らないうちに上司や同僚、もしかしたらお客さんにうつしてしまうかもしれないと心配ですよね。

 

他の人に迷惑をかけてしまうのもそうですし、「他の人に配慮が足りない」ということで、あとから職場でネチネチと言われるのも嫌です。

 

そもそも潜伏期間中にインフルエンザは感染するのでしょうか?

 

潜伏期間中は感染力はそれほど強くはないようです。

 

インフルエンザの潜伏期間は平均して2,3日、長くて7週間と言われています。

 

感染力が最も強くなるのが発症後3日と言われています。

 

そうはいっても潜伏期間中に全くうつらない訳でもないので、出社してもいい桃かどうか迷いますよね!

 

会社によっては家族が発症した場合、休むよう規定しているところもあるようです。

 

不安であれば、まずは会社に連絡してみて判断を仰ぐ方が賢明でしょう。

 

休むかどうかはどうやって決める?

会社側でも明確な指針を持っておらず、出社してもいいものかどうか迷う場合、どういう基準で判断したらいいのでしょうか?

 

インフルエンザが感染する経路としては、

  • くしゃみや咳などの飛沫感染
  • 物理的な接触による感染

なので、インフルエンザになった家族とどれくらい接していたかというのが一つの基準になります。

 

例えばお子さんが発症した場合、必然的にお母さんが看病する確率が高いです。

 

そうなるとどうしても傍にいることが増えますし、気を付けてはいても、どうしても身体的接触を避けるのは難しいのではないでしょうか。

 

でも、日中あまりお子さんと接点のなかったお父さんならば、感染している確率は低いとも言えます。

 

まあお父さんであっても、お子さんと「アルプス一万尺」の手遊びを日課にしているような場合であれば感染している可能性は高いですね(まあそんな家庭はないとは思いますが^^;)

 

うつさないための対策

では、出社することに決めたとしましょう。

ですが、自分がインフルエンザに感染していないとは言い切れません。

なので、仮に感染していたとしても他の人にうつさないための対策を講じた方がいいでしょう。

マスクをする

前述の通り、くしゃみや咳で感染することがあります。

なので、マスクをすることによって他人にうつしてしまわないようにしましょう。

ただ、ふつうのマスクではインフルエンザウイルスを防ぐことは出来ません。

通り抜けてしますそうです。

そこで、インフルエンザ対策用のマスクをするようにしましょう。

例えばコレ。

アイリスオーヤマ マスク N95 ふつう 3枚入り ANK-3
ちょっと値段が高めですが、家族がいつインフルエンザに感染するとも限りませんからあらかじめ購入しておくのはどうでしょうか?

せっかくマスクをしていても、ちゃんと装着していなければ何の意味もありません。

たまにいませんか、鼻がマスクから出ている人。

鼻まできちんとマスクで覆い、サイドも開いていないかチェックしましょう。

 

 

マスクは飛沫感染を防ぐと同時に物理的接触を避ける点でも効果があります。

どういうことかというと、人は無意識のうちに鼻や口に手をやっています。

その手でドアノブやらつり革などをさわる訳です。

 

あらかじめマスクをすることにより感染の拡大を防げるということです。

 

こまめに手を洗うことも有効です。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

もしインフルになったら・・・

いつから検査で反応が出るのか

残念ながら、潜伏期間中はインフルエンザの検査をしても反応が出ません。
ある程度のウイルスの量がないと反応しないからです。

検査は発症後12時間から24時間が有効とされています。

 

潜伏期間中でもインフルエンザに感染しているかどうかわかる検査があると助かるんですけどね^^;

タミフルが有効な時間は?

インフルエンザの薬としてタミフルは有名ですが、発症後どれくらいのうちに服用した方がいいのでしょうか?

発症後48時間以内に服用する必要があります。

それ以降になると服用しても効果が得られないかもしれません。

また、ウイルスの増殖を抑えているので、症状がなくなったからと言って自己判断で服用をやめてしまうとぶり返すこともあるそうです。

医師の指示のもとにキチンと服用しましょう。

診断書は必要か?

インフルエンザであったことを証明するために医師の診断書を求める会社もあります。

診断書が必要かどうか会社に問い合わせてみましょう。

診断書の費用

診断書を発行してもらうと費用はどれくらいかかるのでしょうか。

相場としては3,000円から5,000円と言ったところです。

医療機関によって違うので、心配であれば事前に問い合わせておきましょう。

 

なお、会社によっては診断書の費用を負担してくれるところもあるそうなので、一度聞いてみても損ではありません。

けっこう費用が掛かりますからね^^;

まとめ

家族がインフルエンザの場合、出社していいものかどうかけっこう悩みますよね。

この記事が参考になればうれしいです^^

 

同じようなケースで、幼稚園に通っているお子さんのお友達がインフルになったんだけど、実は数日前に一緒にあそんじゃったんだよね~ということもありますよね。

 

大人は自分で対策できますけど小さなお子さんの場合そうはいきません。

そういう時はどうすればいいのでしょうか?

関連記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

関連記事:

インフルエンザ潜伏期間にうつる可能性は?お友達が発症した場合

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す