磯村勇斗の高校や大学はどこ?肩幅は広いが有村架純とお似合いと評判

ドラマ「ひよっこ」ですっかりおなじみの磯村勇斗さん。

共演の有村架純さんとは同い年だそうです。

撮影も楽しそうですよね!

そんな磯村勇斗さんについて、

  • 高校や大学はどこ?
  • 肩幅広い
  • 有村架純とお似合い

について調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

高校や大学はどこ?

結論から言えば、磯村勇斗さんの通っていた高校、大学はともに特定することは出来ませんでした。

ですが、大まかなヒントはありました。その情報を元に大いに妄想していただけたら幸いです^^

磯村勇さんが俳優を志したのは中学生の頃でした。中学2年の時に自主制作の映画を撮り、そこで主演もしたんです。

その時演じることの喜びを覚え、役者になることを目指します。目指すというより”決意する”と言った方が正確です。

なぜなら、「(役者になるために)早く東京に行きたい!」と両親に言います。中学2年の終わりから進路について具体的に考えますからね。

ちなみに彼は静岡県沼津市出身なのですが、両親の勧めで(と言うより中卒で俳優になることに大反対だったので)地元の高校に進学します。

恐らく彼の頭の中は「早く俳優になりたい!」と言う一心だったんでしょうね。

大学は沼津を離れ、東京になりますが、通っていたのは演劇科のある大学。

「せめて高校はちゃんと卒業しなさい」と言うご両親のことですから、本音は俳優なんて言う不安定なものではなく、ちゃんとした企業に就職してほしかったのではないでしょうか。

中卒で俳優を希望していたくらいですから、大学に行く気はサラサラなったのではと思います。

いわば”親の顔を立てて”演劇科のある大学に進学することによってご両親を安心させたかったことも考えられます。

ですが、その大学も2年半で自主退学します。理由は「時間がもったいないから」。学校で習う”演技”は彼の肌に合わなかったようで、そのまま居続けると型にはまってしまい、窮屈になると感じていたとのこと。

彼が目指す役者の在りかたというものがあるのでしょう。自分にとって役に立たない講義を受けるよりか、自分が見つけた方法を早く伸ばしたかったのでしょうね。

つまるところ磯村勇斗さんにとっては学歴なんてどうでもいいということです。

そういう思い切りのいいところが役にも表れているのではないでしょうか。

学歴は重視していなくても、学問は重視していたと思います。と言うか、いい役を演じるためには様々な学びに通じていた方が有利だからではないでしょうか。

彼は勉強が嫌いという訳ではないんです。

次のツイートに注目してください。

大学をきちんと卒業した人でさえ間違える敬語を、きちんと使っていることに感動した方のツイートです。同じセリフでも、理解して発するのとでは人に与える影響力が違いますからね。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

肩幅が広い

磯村勇斗さんは肩幅が広いのでしょうか。NHKの「あさいち」に出演した時、肩幅の話題になり、実際に磯村勇斗さんの肩幅がメジャーで計測されていました。

結果、47cmだそうです。47cmと言われても自分の肩幅も他人の肩幅も測ったことがないのでピンと来ないですよね。

昔から「肩パット入ってる?」とか「ハンガーラックみたいだね」といじられたエピソードを語っていました。

こうやって見ると、ホントに肩に何か入っているんじゃないかと思わせる体型ですね。

有村架純とお似合い

ドラマ「ひよっこ」で有村架純さんと共演されていますが、二人が”お似合い”だと話題になっているようです。

これを見ると二人とも仲がいいようですね。特に指をつんつんしているような右上の画像は楽しそう^^

その勢いでびーち くをつんつん・・・なんてことはないですよね^^;

でも、その下の写真、ちょっとびーち くに肘が当たっているように見えますが気のせいでしょうか。

「ポーズは二人にお任せしました」って、もろ裏山ポーズじゃありませんかw(゚o゚)w オオー!

おいおい、もろ腕当たっとるよ、磯村くん!

まとめ

この二人なら、リアルにくっついちゃってもファンは文句を言わないのではないでしょうか。

これからもどんどん素晴らしい演技を見せてくださいね!

 

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す