40代と50代では加齢臭の出る場所が違う?対策はどうする

kusai

前回の記事で家具屋の店員の臭いが気になることについて書きました。

前回の記事:家具屋の店員の香水が強かった|一流ホテルマンの臭い対策とは?

私自身40代半ばで、例にもれず加齢臭対策に苦心しているのですが、調べていくうちに年齢によって加齢臭の出る場所が違うことがわかりました。

<スポンサーリンク>

40代と50代で臭う場所が違うらしい

知りませんでした!
同じ加齢臭でも40代と50代で臭う場所が違うようです。
40代後頭部と首の後ろ50代背中から主に臭うようです。
だからどうなんだと思うかもしれませんが、加齢臭が発生する場所が違えば対策もまた変わるということです。
50代の方であれば主に背中から臭うので服を着てしまえばそれほど臭わないことになります。(もっとも、同じ服ばかり着ていれば臭うのは当然です。)

 

40代は後頭部や首の後ろから臭うんでしたよね!

 

その部分ってちょうど人の顔に近い部分ですよね。

 

ということは、例えばお昼休みにランチに行く際にエレベーターに乗った時あなたの後ろに立っている女子社員はもろにあなたの加齢臭を嗅がされているということですよ!

 

女子社員の間では「山田部長、最近加齢臭ひどくない?」なんて噂されてるかもしれませんよw(゚o゚)w オオー!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

なら加齢臭対策はどうするか?

年齢と共に加齢臭がするのは仕方がないことかもしれません。

 

どう対策すればいいのでしょうか。
①加齢臭対策用品を使う

よく「加齢臭は耳の裏からする」と言われますが、前述のように年齢によって発生個所は変わります。
だから年齢に合った対策をする必要があります。
例えばマンダムから出している「ルシード リフレッシュデオペーパー」は40代の加齢臭対策として出された商品で、出先で気になる後頭部や首の裏、わきの臭い対策にさっとふけるペーパーだそうです。
だから、耳の裏だけを一生懸命ゴシゴシ拭いてもダメってことですね!
②こまめに体を洗い、服も洗濯する

当たり前のことですが、こまめにきれいにすることが最も有効な手段ではないかと思います。
最近は、トップモデルさんの中には何日も髪を洗わないことが美しい髪の秘訣だなんて言っている方もいるようですが、20代のピチピチした女性とは違いますので、おじさんたちはこまめにお風呂に入ってジャブジャブ洗いましょう^^;

 

服もこまめに洗うだけでも違いますよね。

 

前回の記事で書きそびれましたが、一流ホテルマンは制服を毎日交換するそうです。

汗を吸い込んだ服のまま接客することはないとのこと。

 

さすがに普通の人はそこまでできないでしょうけど、努めて洗濯することは可能だと思います。

 

それでも加齢臭って頑固なことがありますから、できれば「しまむら」「ユニクロ」でもいいので定期的に服も新しくすると加齢臭がしないので好感度アップでしょう。

まとめ

  • 年齢によって加齢臭の発生個所が違う
  • 加齢臭対策用品を使う
  • お風呂、洗濯をこまめに!できれば服も新調する

 

まずは臭い対策をしてダンディーな中年を目指しましょう(*^-^)/

※最後までご覧いただきありがとうございます!

関連記事:家具屋の店員の香水が強かった|一流ホテルマンの臭い対策とは?

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す