前原誠司の母親は韓国人で池田大作の息子か?帰化しているのか

前原誠司氏が民進党代表戦に立候補し、何かと注目を集めていますが、彼は実は韓国人ではないかという噂があるようです。

この記事では、その真相を調査していこうと思います。

<スポンサーリンク>

前原誠司の母親は韓国人なのか

まず前原誠司氏のお母さんは韓国人なのでしょうか?つまり、前原誠司氏は韓国人なのでしょうか。

結論から言いますと、そうではありません。

そもそも、外国人は政治家になることができません。

帰化してる場合は別で、政治家になることができます。
 
1995年までは、帰化した外国人が政治家になる場合、日本名とそれまで使っていた名前の両方が官報に記されていました。
 
前原誠司氏が政治家となったのは1991年のこと。
 
ですから、もし彼が帰化した韓国人だとすれば、日本名と韓国名の2つの名前が官報に記されていたはずです。
 
ですが、そういった事実はありません。

 

ですから、前原誠司氏は韓国人ではありませんし、お母さんが韓国人と言うことも当然ありません。

 

では前原誠司氏のお母さんが韓国人ではないかと言う噂はどこから来たのでしょうか?
前原誠司氏は2011年3月4日に政治資金規制法違反のため外務大臣を引責辞任しています。

理由は外国人からの寄付(政治資金)を受け取っていたことが明らかになったためです。
政治資金規制法によると、外国人からの政治資金を受け取る事は禁止されています。

問題となった外国人と言うのが、京都で焼肉店を経営している韓国籍の女性で、前原誠司氏が親しくしていた方なんですが、彼はこの女性のことを「お母さん」と呼んでいたそうです。

そうしたことから話が発展し、いつの間にか米原市の母親が韓国人ではないかと言う噂につながったのかもしれません。
 

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

前原誠司は池田大作の息子か

では次に、前原誠司氏は池田大作氏の息子であると言う噂があるようなのですがその点はどうでしょうか?

ウィキペディアを見ますと、生い立ちに関して

「京都市左京区生まれ。両親は鳥取県出身(父親は境港市、母親は日野郡日南町)」

と書かれています。

前原誠司氏の父親の名前は「前原博」だそうです。京都家庭裁判所の総務課庶務係長と言う立場だったとのこと。

残念ながら前原誠司氏が中学2年の時に他界されています。

こうしたことからすると、前原誠司氏はどう考えても池田大作氏の息子である訳がないっていうことがわかりますよね。

 

では、このような噂はどこから来たのでしょうか?

もしかしたらそれは前原誠司氏の夫人と関連しているのかもしれません。

 

前原誠司氏の奥さんは前原愛里さんという方ですが、創価短期大学の出身で卒業後には大手人材派遣会社 パソナに入社しました。

こうした情報が一人歩きして、もしかしたら愛里さんが創価短期大学出身であることから、話が勝手に発展し池田大作氏の息子が前原誠司氏ではないかという噂が流れているのかもしれません。

前原誠司は帰化しているのか

前述の通り、前原誠司氏は日本人ですから、そもそも帰化する必要はありません。

芸能人にしても政治家にしても、ちょっとした情報から韓国と結びつけたがる傾向があるのかもしれませんね。

まとめ

  • wikiによれば前原氏の両親は京都出身
  • 前原氏が政治家になった時、官報に2つの名前がない
  • 父親は元家庭裁判所の職員だった

こうしたことから、前原誠司氏は韓国人でも韓国籍でもなく、ましてや帰化する必要もないことが分かりますね!

 

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す