「メガ恐竜展2017」大坂の前売り券はいくら?割引や見どころ

「メガ恐竜展2017」が、まもなく開催されます。

会場は、大坂南港ATCホール。

前売り券や当日券の差や、今回の目玉、見どころについて調べてみました。

「メガ恐竜展」2017のテーマは、”巨大化のナゾにせまる”となっています。

まずは、前売り券の情報から確認していきましょう。

<スポンサーリンク>

 

「メガ恐竜展2017」の前売り券の種類と値段

”メガい”って表現、初めて聞きました^^;

まあそれはともかく、前売り券の話ですよね。

前売り券には2種類あって、

  • 特典付き前売り券
  • おまけ無しの普通の前売り券

となっています。

特典付きの前売り券には”アンモナイトの化石”が付いてきます。

数量限定なので、売り切れ次第 おまけ無しの前売り券だけとなります。

 

以前は二つの特典があったのですが、残念ながらトゥリアサウルスマスコット付きの前売り券は完売してしまいました。

 

気になるお値段ですが、

  • 特典付き前売り券:一律¥1,600
  • 特典なし前売り券:大人¥1,300、3歳~中学生¥700

 

前売り券は、その名の通り開催日前日(7/24)までの販売なので、7/25からは当日料金となりますのでご注意ください。

 

 

当日の入場料は、

  • 大人:1,600
  • 3歳~中学生:¥900

となっています。

 

前売り券はどれくらいお得なんでしょうか?

夫婦と、小学生のお子さん二人の、4人家族を想定して考えてみましょう。

前売り券ですと、

大人¥1,300×2=¥2,600
子供¥700×2=¥1,400

合計¥4,000ですね。

 

一方、当日券ですと、

大人¥1,600×2=¥3,200
子供¥900×2=¥1,800

合計¥5,000となります。

 

前売り券を購入した方が¥1,000もお得になります。

 

確実に行けるのであれば、7/24までに前売り券を購入した方がいいですね!

 

¥1,000あったら、マックのソフトクリームが10個買えますよ^^;

OSAKA PiTaPaカードで「メガ恐竜展2017」で当日券が割引に!

OSAKA PiTaPaカードがあれば、「メガ恐竜展2017」の当日券が割引になります。

OSAKA PiTaPaカード提示で1枚に付き、1名様のみ150円割引になります。

それにしても1名のみってちょっとケチくさいと思うんですけど・・・

せめて家族4人が割引になるようにしてもらえませんかね~^^;

前売り券、当日券はどこで買えるか

前売り券、当日券は以下のところで購入できます。

 

  • セブンチケット
  • ローソンチケット
  • チケットぴあ
  • e+(イープラス)
  • 阪神ステーションネット(梅田店、三宮店)
  • チケットセブンプレイガイド(梅田店、難波店)

開催期間と開場時間

「メガ恐竜展」の開催期間は、7/25~9/3まで。

開場時間は、9:30~16:30(最終入場は16:00)

期間中休みはありません。

 

繰り返しになりますが、会場は、大坂南港ATCホール。

南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」下車すぐです。

 

夏休みは人でも多いでしょうから、大人の皆さんはその時期を外していくと楽に展示物を見ることができるかもしれません。

 

今回の「メガ恐竜展2017」の見どころはどこでしょうか?

<下に続く・・・>

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

メガ恐竜展2017の見どころ

「メガ恐竜展2017」の見どころはどこでしょうか?

 

今回のサブタイトルは、「巨大化の謎にせまる」です。

 

恐竜がどうして巨大化したのかというテーマに沿っている訳ですが、会場は6つのエリアに分かれています。

 

それぞれのエリアが「章」と呼ばれ、1章から6章まで、それぞれのテーマで展開します。

  • 第1章「地球には巨大生物がくらしていた」
  • 第2章「地球史上、最も大きな陸上動物ー竜脚類」
  • 第3章「巨大化した獣脚類」
  • 第4章「新世代の巨大動物」
  • 第5章「大きくなれなかった竜脚類」
  • 第6章「巨大化の謎に迫る」

 

注目したいキーワードは「竜脚類」
首がひょろっと長くて頭が小ぶり、大きな体になが~いしっぽが特徴的な恐竜たちです。

 

なんとなくイメージできましたか。

 

平均的なサイズのものは10トンから30トン、最大で80トンものビッグサイズの恐竜もいたそうです。

 

彼らがどうしてそこまで巨大化できたのか、その謎に迫るため、恐竜の化石の発掘現場の再現や、恐竜の生息していた時代の環境などについての解説があります。

 

そして、今回のカンバンとも言うべき展示は、「竜脚類」の中でも最大のトゥリアサウルスの展示でしょう。

 

なんと、関西では初公開だそうです。

 

これはスペインで発掘されたもので、全長30m、重さがなんと80トンものまさに”メガ級”サイズです。

 

水泳の25mプールよりも長いんですよ。

 

そして重さが80トンとなると、工事現場で使う大型重機に匹敵しますよね。

例えばこんな重機。

現在、地球上にいる動物の中で最大の物はシロナガスクジラで、全長34m、重さが190トンと言われています。

そのサイズのものが、かつては地上を闊歩していたんですよね。

 

タイムスリップして、もし自分がそこにいたとしたらどんな感じなのか想像するのも楽しそうです^^

まとめ

  • 前売り券は特典付きとそうでないものがある
  • 前売りは7/24まで、7/25からは当日券となる
  • 見どころは「竜脚類」トゥリアサウルスの展示

 

かつては巨大生物が地上を歩いていたと思うと、なんだか不思議な感じがしますね。

 

永遠のロマンというか、何億年という時の流れを見ると、身近な悩みがなんだかちっぽけにも感じます^^;

 

そういえば、同じ時期に東京でも「ギガ恐竜展2017」が開催されるんですよね。

それに関連した記事もあるので、よろしければご覧ください^^

 

関連記事:ギガ恐竜展2017幕張チケットはいくら?割引券や見どころ

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す