民進党代表代行とは何する人?もしかしてお飾り的なポストか

民進党の主要人事で山尾志桜里議員がまさかの”ヒラ”扱いで不満顔とニュースサイトでも取り上げられていました。

山尾志桜里議員が幹事長におおむね決まっていたものを、スキャンダルのため直前になって変更したんですね。

しかも、代表代行ですらNGということで・・・あらら

 

この報道を見て、”そもそも「代表代行」って何するんだろう?”と思いました。

そう思いません?

運転代行ならわかるんですけど^^;

そこで、ちょっと調べてみました。

<スポンサーリンク>

”代表代行”とは何する人?

代表代行とは何をする人なんでしょうか?

結論から言えば、”よく分かりませんでした”

 

一応定義はあります。

小難しいヤツですが、知りたいですか?流し読みしてね!

1.政党や労働組合などの団体や組織の執行部の代表をサポートする役職。代表の代わりに行動を行ったりする。

2.日本の民主党の役職の1つ。党の執行部である常任幹事会代表(党首に相当する役職)に次ぐ役職である。(はてなキーワードより引用)

 

超ザックリと言えば、民進党に関しては、代表が何かの事情で職務を果たせない時に代行する人ということでしょう。

 

まあ、読んで字のごとくです。

今回の民進党執行部の主要人事で新たに決まったポジションは、

  • 代表:前原誠司
  • 幹事長:大島敦元
  • 代表代行:枝野幸男

となりました。

代表が普通に職務をこなせるのであれば、代表代行は普段何をしているのでしょうね?

どうやら形式的な役職のようです。

直属の部下はいない模様で、名誉職の色合いが濃いのかもしれません。

言い方を変えれば”お飾り”なのかもしれません。

”代表代行”は国の制度ではない

代表代行は民進党と言う政党の役職の一つでしかなく、それは国の制度ではありません。

国会議員のように、法律によってその立場が明確にされているものとは違い、党内の人事はそれぞれに任されています。

外部からはよく分かりませんが、幹事長も代表代行ももしかしたら明確な線引きはないのかもしれません。

まとめ

民進党執行部の主要人事がこれで決まるかと思うタイミングで文春砲でまさかのどんでん返し!

当初山尾志桜里議員はスキャンダルを完全否定していたそうなんですが、9/7発売の文春には、写真がバッチリ映っているようです。

仕事で会っていただけと弁明しているそうなんですが、どうなんでしょう。

個人的には、国会議員と言う激務をこなしながら逢瀬を重ねていたとすればそれはそれですごいタフな方だなと感心しました、”仮に”の話ですよ^^

”肉食のジャンヌダルク”なかなかのネーミングセンスですな。

”恋するオンナは美しい”なんていいますけど、ときめきが原動力になっていれば、忙しい毎日ですら楽しいですよね!

今回のことでいろいろ叩かれて、ネットでも”かわいい”と言われている山尾志桜里議員のパッションで潤っていたお肌がストレスでくすんでしまわないか心配です^^;

 

関連記事:

山尾志桜里議員の不倫スキャンダルの相手”K弁護士”は誰?夫の経歴について

山尾志桜里は韓国人?噂の美脚と若い頃のアニーの画像を検証

民進党代表代行とは何する人?もしかしてお飾り的なポストか

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す