尾形大作は今現在何してる?事務所トラブルの原因は

演歌歌手として多くの人から愛されてきた尾形大作さん。人気絶頂にあったにもかかわらず、事務所を独立してからはテレビなどの表舞台でお目にかかることがほとんどなくなりました。

尾形大作さんは今現在何をされているのでしょうか。そして尾形大作さんが”姿を消した”原因とも言われている「事務所トラブル」。一体何があったのでしょうか。

<スポンサーリンク>

尾形大作は今現在何してる?

かつてはレコード大賞を受賞し大人気だった演歌歌手の尾形大作さん。しかし、所属事務所とのトラブルにより仕事が激減してしまいました。尾形大作さんは現在何をされてるのでしょうか?

現在は地元である九州の福岡に戻って活動しておられます。その内容はVシネマなどに俳優として出演したり、地元企業のCMソングを歌ったり、さらにはそのCMそのものにも出演しているようです。

本業である演歌歌手としてもまだ現役でCDも出しているそうです。このように現在はローカルタレントとして地域に着型の活動を中心としています。

事務所トラブルの原因は?

1988年に第30回日本レコード大賞を受賞し人気の絶頂にあった尾形大作さん。しかしながらその素晴らしい栄光は長くは続きませんでした。

90年代に入って尾形大作さんのマネージャーがコンサートの費用を横領すると言う事件が発生しました。

このことを受けて、当時尾形大作さんが所属していた芸能事務所の会長は「このまま事務所をたたむことになるかもしれない」と言う趣旨の発言をしました。それに加えて、後任として尾形大作さんと相性のあまり良くない人を新しいマネージャーとして迎えることになりました。

この流れを受けて尾形大作さんは不服な態度を示しましたが、「俺の言うことが聞けないならやめろ!」と所属事務所の会長から言われ、それに対して尾形大作さんは「お世話になりました」と述べて事務所から独立すると言う運びとなりました。

事務所側にも言い分があるらしく、尾形大作さんがわがままで、ここ数年で何人もマネージャを変えなくてはならなかったとか、いろんな経費もすべて事務所側が負担してきたのにさらに我を通すのかと言った趣旨の発言をしているとのこと。

尾形大作さんは事務所の看板スターとしての地位を築いてきましたが、ギャラが恐ろしいほど低いことなどが伝えられるようになりました。※出典:『歌謡界「一発屋」伝説』(宝泉薫 編・著)

まさに「好事魔多し」といったところでしょうか。人気がピークにあるところでマネージャーがまさかの横領!しかも後任のマネージャーが自分を嫌っている。

弱り目に祟り目。喧嘩両成敗とすれば、”わがまま”と語る所属事務所の言い分もあるでしょう。

ギャラが本当に恐ろしいほど少なかったとすれば、これだけ事務所が儲かっているのに自分には返ってこないという不満から尾形大作さんが”わがまま”になったとしても不思議ではありませんね。

結局尾形大作さんと所属事務所の意見が合わず、尾形大作さんが事務所から独立して活動することになり徐々にフェードアウト・・・という路線をたどったといことでしょうか。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

人気芸能人と所属事務所のトラブルはいろいろありますよね。例えば能年玲奈さんも事務所と意見が会わず合意のないまま新たな事務所を立ち上げて活動していますよね。

この記事を書いている時点のホットなニュースは、歌手の広瀬香美さんが事務所から独立するにあたり、「広瀬香美」という名前を使わないようにということを事務所側が求めていることが報道されていました。

事務所の社長さんによれば、広瀬香美さんから今すぐ社長を自分に交代するようにと求められてそうですw(゚o゚)w

「自分が社長になればもっとうまくできる!」とのことでしたが、社長さんは「試しに1年間やってみて様子を見るのはどうか?」と提案したとか。

でも、「名義ごと自分が社長でないと納得しない」ということで、独立するという運びになったそうです。

能年玲奈さんも名前が使えないので「のん」として活動していますよね。最近は徐々に仕事が増えているようですが、それでもかつて「あまちゃん」に出演していた時ほどの勢いとは比べ物になりません。

尾形大作さんに関しては地元福岡でうまく軌道に乗っているようで何よりですが、一度事務所トラブルがあるとなかなか難しいようですね。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す