岡本玲が白血病の噂は吉井怜との間違い、大学は日本芸術大学

ローソンのリラックマCMがかわいいと評判の岡本玲さん。

どうも「白血病」との噂があるようですが、どうしてそのような噂が流れてしまったのでしょうか。

ご本人にとっては迷惑な話ですよね。

それと、大学が日本芸術大学とのことですが、彼女は成績優秀者なんだそうです。

では、それらの真相に迫ってみましょう!

<スポンサーリンク>

白血病の噂は吉井怜との間違い?

岡本玲さんについて検索していると、なぜか「白血病」と言うキーワードがヒットするんです。

そして、それはどうやら吉井怜さんという方との間違いであるということらしいんです。

吉井怜さんについては全く知らなかったので調べてみました。

画像⇒吉井怜

吉井 怜さんは、1982年(昭和57年)3月18日 生まれの 34歳。

夫は俳優の山崎樹範さんで、2016年に結婚。

画像⇒山崎樹範

1996年清純派アイドルとしてデビューしますが、2000年に急性骨髄性白血病を発症。
抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちるのため、「芸能生活はお終いだ」と思ったそうです。
5か月後に退院しますが、その後、闘病記『神様、何するの』(2002年)を出版します。

本はベストセラーとなり、2003年にはフジテレビでドラマ化されました。(宮地真緒主演)


神様、何するの…―白血病と闘ったアイドルの手記

 

それにしても、どうしてこのような勘違いが起こったのでしょうか?

名前は確かに似ているかもしれませんが、それでも「岡本玲」と「吉井怜」ですよ。

音の響きは似ているかもしれませんが、字だって一つも同じではありません。

漢字が同じ、あるいは似ている人、音の響きが似ている人はたくさんいますが、どうして彼女だけが勘違いされているのか不思議でした。

 

それで、さらに調べていくと、次のことが分かりました。

 

岡本玲さんは2010年に映画、「おにいちゃんのハナビ」に出演されています。

その映画は白血病を扱っていたものです。

主役格の須藤華は、病気の治療のために東京から新潟県小千谷市片貝町に一家そろって引っ越してきます。

その町では毎年、世界一の花火が打ち上げられる片貝まつりが開かれており、兄である須藤太郎は妹の須藤華のために片貝まつりで大きな花火を打ち上げる決意をするというお話。

実話に基づく映画だそうですが、その中で、岡本玲さんは須藤華の友達の「手島カスミ」役として出演しています。

恐らく、

  • 「おにいちゃんのハナビ」は実話に基づいている
  • 岡本玲は主人公の友人役で出演
  • 主人公は白血病の治療のために東京から来た

 

こうした情報がいつの間にか”変換”されて、「岡本玲が白血病」という風に、まるで伝言ゲームのように言われるようになったのでは、と推測します。

 

いずれにせよ、岡本玲さんご本人は元気いっぱいで何よりです^^

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

大学は日本芸術大学で負けず嫌い?

岡本玲さんは日本芸術大学映画学科を卒業されていますが、芸能活動と学業との両立は簡単ではなったのではと思います。

成績はとっても優秀で、全国高校模試では26000人中6位だったとか。

その他にも、

  • 英検2級
  • 書道2段
  • 漢検3級
  • 暗算4段
  • 珠算準3段

だそうですから、頑張り屋さんなんでしょうね!

ご本人は、「負けず嫌い、頑固、完璧主義」と言っておられるそうですが、そうした性格も後押ししているのでしょう。

仕事と勉強を両立するため、学校に行く時間がもったいなかったので、高3から向陽高校から通信制の日出高校に編入、予備校もビデオで授業を受けられるところを選んだそうです。

勉強もスキマ時間を活用するために、苦手な古典CDを移動中にプレイヤーで聞いたり、短くまとめた自作ノートを持ち歩いたりと工夫したそうです。

なんと、センター試験の直後に、一人芝居の撮影が入っていたそうで、その台本を覚えるのが、今までで一番つらく、乗り越えたのはいい経験になったと語っています。

あの笑顔からは想像もつかないですね!

頑張り屋さんな性格は子供の頃からのようですね。

彼女は2003年、ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルオーディションでグランプリを受賞し芸能界入りしています。

モデル時代の岡本玲さん、なんと、雑誌「二コラ」の表紙登場回数歴代1位!だそうです。

でも、モデルとしては決して恵まれていたわけではなく、努力で欠けている部分をカバーしたと言われています。

 

まとめ

  • 岡本玲さんは白血病と何の関係もない
  • 吉井怜さんと勘違いされたらしい
  • 白血病関連の映画に出演したことも関係あるかも

噂話って勝手に尾ひれ背びれがついて行くのでこわいですね~

 

芸能活動と学業を並行してやってこられたのは本当に立派です。

 

今でもきっと見えないところで頑張っているんでしょうね!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す