声優の尾崎由香が下手とか棒と言われる訳と改善策を考えてみた

尾崎由香(画像:ご本人様ツイッターより引用)

2017年春のアニメのダークホースとも言われている大人気アニメ「けものフレンズ」で、サーバルキャットのサーバルちゃん役をやっている尾崎由香さん。

ですがネットを見ると、「下手」とか「棒読みだ」などと言われています。

彼女は本当に下手なんでしょうか。そしてどうしたらそれを改善することができるでしょうか?

専門家ではありませんが、アニメをこよなく愛する一視聴者として独断と偏見で考察していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

下手ではないが改善の余地あり

 

声優の尾崎由香さんに関しての個人としての正直な感想は「下手ではないけどすごいうまくもないかな」といったところです。

詳しく解説していきます。

まず彼女の素晴らしいところから。

子供の頃からテレビや舞台で活動しているそうですが、発声、滑舌がとてもいいと思います。

私が尾崎由香さんを知ったのは「けものフレンズ」のサーバルちゃんからです。

サーバルちゃんのビジュアルがかわいいのに加え、いつも元気いっぱいで好奇心旺盛、純真無垢なところにとっても惹かれますね!

尾崎由香さんにとって「サーバルちゃん」はまさにハマり役、代表作といっても過言ではないと思いますよ。

「けものフレンズ」第一話の中でも、かばんちゃんが自分の至らなさにガッカリしているところで「平気平気!フレンズによって得意なこと違うから!」と励ましている場面はジーンとして涙が出そうになりました。

単なるセリフというだけでなく、尾崎さん自身からにじみ出てくるものが人の心を打つんだと思います。

で、ここまではいいんですよ。

 

サーバルちゃんのことが気になって調べていくうちに、尾崎由香さんの声優としてのデビュー作を見つけました。

「ラクエンロジック」の冒頭に流れるショートアニメ「私たち、らくろじ部!」で「須木菜乃花あど(すきなのか あど)」を演じています。

で、以下の動画を観たんですが、気のせいかもしれませんが、どうも「須木菜乃花あど」の声が、途中からサーバルちゃんに聞こえてしまうんです。


まあ全く同じという訳ではないんですが、なんというか、ところどころに「サーバルちゃん」が登場しちゃっているような印象なんですよ。

何というか、尾崎由香さんの、サーバルちゃんの時の「強み」が「須木菜乃花あど」ではむしろ邪魔しちゃっているような感じがします。

ここら辺のイメージが、もしかしたら「下手」とか「棒」とか言われている原因なのかなと思いました。

ベテラン声優はどこが違うのか

では、ベテラン声優さんたちはどこが違うのでしょうか?

私が好きな声優さんを挙げるとすると、

  • 田村ゆかり
  • 釘宮 理恵
  • 神谷 浩史

だけではないんですが、ざっとこんな感じ。

まずは田村ゆかりさん。

続いて釘宮さん。

 

神谷さん個人をピックアップしている動画がなかったのでとりあえずこれ


自分の中で、特に印象的な作品を挙げると・・・

田村ゆかりさんは、

  • (刀語)とがめ
  • (黒神)エクセル
  • (ひぐらしのなく頃に)古手梨花

釘宮 理恵さんは、

  • (緋弾のアリア)神崎・H・アリア
  • (ノラガミ)野良
  • (百花繚乱 サムライガールズ)真田幸村

 

神谷浩史さんは、

  • (夏目友人帳)夏目貴志
  • (物語シリーズ)阿良々木暦
  • (ノラガミ)夜ト

どの役の時も、声を聴けばおおよそ本人だと分かりますよね。

だけど彼らのようなベテランは、本人の声そのものが役どころを邪魔していないと思うんです。

何というか、アニメを観ているとスーッと自然にストーリーに吸い込まれていく感じ。

まるでジグソーパズルのピースのようにピタッとハマるので、観ている方も納得するし安心して任せられます。

アニメのように映像ではなく、ラジオやCDの音声劇などであればなおさらそれがはっきりします。

音声だけで「私たち、らくろじ部!」を聞いてると、学生さんの中になぜかサーバルちゃんが時々乱入している感があります。

それが気になってストーリーの本線から脱線してしまうかもしれません。

恐らくベテラン声優さんたちは「自分の強み」というのが分かっているんでしょうね。

与えられた作品、役どころの中で、自分の強みをいかに発揮し演じるかということが見えているのではないでしょうか。

その結果、声優さんと役どころがピタッと合って、声優さん自身は黒子のようになり、まるでそこにいないかのように存在感が消え、役どころの人物が浮き彫りになってくるのではないでしょうか。

 

長くなったので簡単にまとめると、ベテラン声優は自分の”強み”で役どころを浮き立たせているのに対し、尾崎さんは”個性”が役どころを浸食してしまっているといった違いではないかと思います。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

これから成長するのに必要なこと

「ダヴィンチニュース」の声優インタビューという記事で尾崎由香さんは、「今は自分の強みを探している途中です」と言っていました。

サーバルちゃんのように、とってもいいものを持っていますが、自分の強み、軸がまだ定まっていないのでそこが低評価につながっているのかもしれません。

自分は何が出来て何ができないのか、それをはっきりさせることがポイントでしょう。

そしてそれを見出すためには、とにかくたくさん仕事をして行くしかないのではと思います。

自分のことは自分ではなかなか気づきにくいものです。

そうこうしているうちに、周りから「○○がうまいね」とか「○○役がハマってるね!」などとボソッと言われるかもしれません。

 

これからの成長が楽しみです^^

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す