ジャガイモ 高すぎ!2017そうなった理由、いつまでガマン?

じゃがいも

ポテチがコンビニから姿を消しただけではなく、スーパーのジャガイモまでもが値上がりしていますね。

家計の味方だと思っていた「ジャガイモ」

この記事では、

  • ジャガイモが高くなった理由
  • いつまでガマン?
  • ジャガ値上がり対策

について調べてみました。

<スポンサーリンク>

ジャガイモが高くなった理由

ジャガイモが高くなった理由は、「ズバリ、台風の影響でしょう。(byまるお君風)」

2016年8月、台風が北海道を直撃し、農作物が壊滅的な被害を受けました。

しかも、台風7,9,10,11号と、四つも台風が立て続けに襲ってきたらたまったもんじゃありません。

この影響で、北海道の農作物の被害総額は440億円、面積にして2万4千ヘクタールもの耕地が水害に遭ってしまいました。

ジャガイモの生産は、北海道が占める割合が高く、日本全体の7割以上とも言われています。

凄まじいですね!北海道。

生産2位の長崎ですらシェア4%ということです。

ですからこの影響で2017年5月現在、ジャガイモが高くなっているんですね。

ポテトチップスのある銘柄が生産中止に追い込まれていますが、北海道産にこだわっているために仕方ないのかもしれませんね。

あるメーカーは、外国産のジャガイモを使ってポテトチップスを試作してみたそうですが、やはりうまくいかなかったようです。

いつまでガマンすればいいの?

家計に直接影響する野菜の値上がり。

特にジャガイモの値上がりはいつごろまで続くのでしょうか?

例年ですと、北海道のジャガイモは秋に収穫され、貯蔵されたものが市場に出回るそうです。

北海道のジャガイモの生産が7割以上を占めていることを考えると、やはり今年の収穫期である8月末から9月にかけてまでこの値上がりは続くのではないかと思われます。

それも、今年は順調にジャガイモが収穫されればの話。

こればかりは運頼みになってしまうところでしょう。

二年連続で台風の被害に遭ったとすれば、消費者である私たちもそうですが、それ以上に生産者の方々がかなり苦しい状況に置かれることになりますから、今年こそは順調に作物が育ってほしいですね!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

ジャガイモの値上がり対策は?

ネットでまとめ買い

スーパーなどでは、4つくらいで大体398円ほどで売られているようです。

ジャガイモは長期保存がききますから、ネット通販などでまとめ買いするといくらかお得のようです。

楽天市場で探してみましたが、例えばこの商品。


【送料無料】産地厳選 訳あり ”じゃがいも” 約10kg 大きさおまかせ【楽ギフ_のし宛書】
10kgで2500円だそうです。

産地やサイズはお店にお任せ。で、ちょっと傷があったりと訳アリ商品だそうです。

不揃いのサイズで、産地もバラバラ。おまけにちょっと難ありなのでお安くしておきますよという商品でしょうね。

調理してしまえばサイズもさほど気になりませんから、こだわらなければお買い得なのでは?

ジャガイモはご存知の通り発芽してしまうとよくないので、冷暗所で保存します。

冷蔵庫での保存には向かないので、できれば野菜室での保存にしましょう。その際は、新聞紙にくるみ、さらにビニール袋を掛けます。

ジャガイモは冷凍保存ができませんが、どうしてもって時にはマッシュポテトにして冷凍させましょう。

ジャガイモ以外の野菜を使う

普段はジャガイモを使うところを敢えて違う野菜を使ってみるのはいかがでしょうか。

例えば、肉じゃがでは、ジャガイモの代わりに里芋を使う方がいるそうです。

カレーには、大根を入れるといいそうです。カサが増えますからね。でもジャガイモと違って煮込むと溶けそうな気もしますが・・・^^;

その他にも、大豆やおからなどを使ってマッシュポテトの代わりにする方もいるそうです。

値段が安い野菜で如何においしく料理するか・・・主婦の腕の見せ所ですね!

まとめ

  • ジャガイモの値段が高いのは4つの台風のせい
  • 秋の収穫までは値段が高い
  • まとめ買いや他の野菜で代用する

今年こそは北海道が豊作であることを祈っています!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す