RSウイルス保育園は何日休むべき?兄弟がいる場合や親の仕事も大丈夫か

RSウイルスが流行っているようですね!

小さいお子さんのいるおうちでは特に心配ですよね。

では、仮にもし感染した場合

  • 保育園は何日休むべき?
  • 兄弟がいる場合は?
  • 親が感染、出勤できる?

について調べてみましょう。

<スポンサーリンク>

保育園は何日休むべき?

まず、RSウイルスの主な症状やピーク、潜伏期間についてはコチラの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

RSウイルス症状は大人と子供で違うの?嘔吐や熱,咳のピークは

ということで、この記事では、実際にかかってしまったことを想定して書いています。

実際にRSウイルスに感染してしまったら、またはその疑いがある場合、保育園にどう対処したらいいのかを考えます。

RSウイルスに感染した場合、いつから保育園に行けるでしょうか?

RSウイルスはインフルエンザと違い、登園停止の日数が法律で決められている訳ではありません。

潜伏期間は4~6日間、症状がピークになるのは発症してから3〜4日目と言われています。

しかも厄介なのは、症状がなくなっても、感染後21日間はウイルスをまき散らして他の人に移してしまうしまう可能性があるということです。

出来ればその期間休ませることが出来ればベストですが、仕事の関係もあり、1日休むのも大変だというのが現状ではないでしょうか。

なので、症状が緩和し、

  • 呼吸を妨げないレベルの咳になった
  • 食欲がある
  • 水分がたっぷり摂れる

と言った状態であれば、登園できるかもしれません。

 

また、各保育園ごとに、休ませるべき病気とその期間のガイドラインが設けられていることがあります。

保育園と相談しておけば、園や他の親御さんとのトラブルをあらかじめ避けることができますね。

RSウイルスはくしゃみや咳による飛沫感染と接触感染によって伝染します。

なので、あらかじめ保育園にRSウイルスに感染したことを伝えるとともに、マスクをさせたり、手洗いを徹底させるなど、広めない工夫ができるでしょう。

保育園によっては「登園許可証」を医療機関で発行することを求める場合があると聞いたことがあります。

ですが、前述の通り、RSウイルスはインフルとは違い、「登園禁止」の法律がありません。

加えて、RSウィルスの検査は、入院の場合は保険が適用されますが、外来の場合は適用されないとのこと。

外来の場合、差額は病院負担になってしまうので、入院施設のある病院じゃないとできないと断られるケースも報告されています。

流行する時期にはそれこそ病院側にとってもRSウイルスの検査は負担になるそうで、特に保育園側の求めで「登園許可証」を発行しなければならない場合などはそういえます。

疑いのある子供たちをすべてRSウイルスかどうか検査するのはハッキリ言って現実的ではないでしょう。

重症化を防ぐため疑いのある場合は別ですが、そうではない場合、かかりつけの医療機関に行き、医師から「RSウイルスの検査をするほどの疑いはない」と言う診断結果を保育園側に伝えれば、納得してくれる場合もあると思います。

やはり保育園側としては他の子供たちを感染から守る必要がありますからね。

他の兄弟がいる場合

では、他の兄弟がいる場合はどうでしょうか。その子もやはり休む必要がありますか?

繰り返しになりますが、「登園禁止」に指定されていないので、仮に子供の一人が感染している場合でも、他の兄弟に特に症状が出ていなければ、休まなくてもいいのではないでしょうか。

それでもその子もすでに感染している可能性を考えると、マスクをさせたり、うがいや手洗いを徹底させることにより、感染を予防することができます。

大人は仕事を休むべきか?

子供が感染した場合、家族も同じように感染する可能性があります。

なので、家族もマスクやうがい、手洗いをしっかりしましょう。

それでもすでに親も感染しているかもしれません。

そのような場合、親も出社を控えた方がいいのでしょうか。

大人の場合、症状と言っても風邪と変わりませんから、特に心配する必要はないかもしれません。

 

しつこいですが、感染を広げないため、手洗いうがい、マスクをしましょう。

まとめ

罹ったものが果たしてRSウイルスか何なのか、よくわからないというのが一番困りますよね。

感染を機に他のお子さんやママさん、それに保育園との関係もこじらせたくないですし・・・

 

保育園や他のママさんたちと情報交換するのは大切かもしれませんね!

 

関連記事:インフルエンザ潜伏期間にうつる可能性は?お友達が発症した場合

 

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す