澤村拓一,離婚が2回?再婚相手は誰で”筋肉バカ”と言われる理由

巨人のトレーナーの針治療のミスが原因で、腕の神経がマヒしてしまったということで現在問題の渦中にある巨人の澤村拓一選手。

果たして全快するのか気になるところですが、情報を調べていくと澤村拓一選手の過去の離婚歴や”筋肉バカ”と言うキーワード出てきます。

それでは澤村拓一選手の、

  • 結婚歴やそのお相手
  • ”筋肉バカ”呼ばれる理由

について調べてみましょう。

<スポンサーリンク>

澤村拓一の離婚歴、再婚相手はいるのか?

ネットで調べていると、澤村拓一選手に関連して、「澤村拓一 離婚 2回」と言うキーワードが飛び込んできました。

澤村拓一選手は2回も離婚を経験されたのでしょうか、それとすでに再婚相手がいるのでしょうか?

結論から言えば、澤村拓一選手は離婚経験がありますが、2回ではなく1回で、しかも再婚相手はいないとのこと。

ですが、元奥さんが最近再婚されたことが報じられました。

澤村拓一選手は2011年12月に元日本テレビのアナウンサーの森麻季さんと結婚。

ところが2013年3月に別れてしまい、わずか15か月のスピード離婚となってしまいました。

元奥さんである森麻季さんですが、2017年2月に会社経営をしている一般の男性と再婚されました。

なので、「再婚相手」と言うキーワードは森麻季さんに対しての物だったんですね。

なんと、その再婚相手の苗字が同じ「森」なので、同じ名前で活動できるそうなので便利ですよね。

離婚理由については明らかにされていません。ですが週刊誌によれば双方のW不倫や家庭内でのトラブルなどが原因なのではないかと報じられています。

”筋肉バカ”と呼ばれる訳

澤村拓一選手は”筋肉バカ”と呼ばれているそうです。その理由は言うまでもなく、「筋肉マニア」だからです。

合コンの時にも服を脱いでご自慢の筋肉を見せびらかしていたと言う報告もあります。

まあ既婚者なのに合コンにいること自体どうかとは思いますが・・・そんなこんなで離婚にまで至ったと思われます。

プロテインの話になるととめどなく話し続けてしまい、周囲をドン引きさせることもあるそうです。

筋肉が好きなのはわかりますが、KYな人にならないよう注意する必要がありますね。

 


ツイッターにも筋肉関連のものが登場しています。

ですが、その「筋肉に対する愛」が裏目に出ないよう注意する

必要があります。

デイリースポーツの記事を一部引用すると、

巨人・川口和久投手総合コーチ(53)が30日、沢村拓一投手(25)にウエートトレーニング禁止令を出した。不振から抜け出す打開策として「ウエートをやらないこと」との考えを示した。

体を鍛えて150キロの直球が投げられるようになったが、逆の効果もあるという。「(ウエートで体を鍛えると)ひねる動作がやりにくいからリリースが安定しない。真っすぐが抜けてスライダーが引っかかる」。だからこそのウエートトレ禁止令だ。

パワー重視の身体を作ってきてしまった結果、投球時の爆発的なパワーは増えたかもしれませんが、野球には無駄な筋肉も付いてきてしまったのでそれが成績不振の原因のゆえ、速やかにそれをやめるようにと言う「禁止令」まで出るほど。

 

でも、こういう方って止められるほどに燃えてしまうタイプなのかもしれません。

まとめ

何事もほどほどで止めておくのがいいようです。

あの、イチロー選手も筋肉をつけすぎると調子が悪くなると語っていました。

たとえばですよ、フルマラソン競技で、ボディビルダーが有利だと思いますか?

マラソン選手はほとんどスリムで「どこに筋肉が付いているんだろう」と思うほど細いですよね。

野球についても同じで、無駄な筋肉はかえって成績を下げる結果にしかならないということです。

イチローいわく、「筋肉は鍛えられても、関節は鍛えられない、関節はそのままのサイズなのに筋肉ばかり鍛えてもバランスが悪い」と言う趣旨のことを語っていました。

これまでの無茶なトレーニングがもしかたら今回の神経麻痺の要因の一つになっているのではと考える専門家もいます。

いずれにせよ、早く回復することを願います。

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す