竹内海南江の結婚や子供は?病気で激やせを検証,ロケ先の恐怖体験とは

竹内海南江(たけうちかなえ)さんは「日立、世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとしては超有名な方ですよね!

以前ユニクロのCMに出演されたりしていましたが、ミステリーハンター以外にも様々な顔をお持ちなんですね~

そんな竹内海南江さんですが、気になるのが結婚やお子さんについて。

さらには”激やせ、病気”説まで飛び交っているみたいなので、心配なので調べてみました。

<スポンサーリンク>

結婚や子供はいるのか?

竹内海南江さんは結婚されていませんし、お子さんもいらっしゃいません。

1964年12月1日生まれの現在52歳と言うことですが、とてもそんな年には見えませんよね!

若くてかわいらしく、時々見せる大人の色気にクラッと来ている男性ファンも多いのでは?

また、長い間「ミステリーハンター」として活躍されていますから、その行動力に魅了され憧れている女性も多いのではないかと思います。

 

では、竹内海南江さん自身は結婚についてはどうお考えなのでしょうか。

バリバリのキャリアウーマンのようになって「結婚なんて興味がないわ」というスタンスなのでしょうか。

それとも「35億、待つの!」ということでしょうか。

結婚の意思はあるようです。

あるインタビューでは、結婚適齢期について”120歳まで生きるつもりなので、その間で1回はあるだろう”と答えています。

 

なんと前向きな考えなのでしょうw(゚o゚)w オオー!

 

世間にはアラサーで婚活に必至になっている方も多いというのに。

 

彼女にとって、120歳まであと70年くらいあるんですよ。

 

だから、もしかしたら「人生120年」としたら、前半の60年は仕事をバリバリこなしていい男を見定めながら、後半60年で理想の家庭を築くという人生設計なのかもしれませんよ!

 

もしかしたら、そのうちオースティン・マホーンのような若くていい男をゲットしたりして!

 

”そんなバカな話があるか!”と思ったそこのあなた、実際にそういう例はあるんですよ。

この画像のカップル、孫とおばあちゃんのようですがそうではなくご夫婦なんです!

画像

妻のアルメダ・アレルさんが71歳、夫のゲイリー・ハードウィックさんは何と18歳ですよ~!

出逢った時は17歳と言うからさらに驚き。

 

その年齢差なんと54歳差w(゚o゚)w オオー!

 

妻のアルメダ・アレルさんは3年前におっとを失くして未亡人に。

 

彼女には4人の子供がいるのですが、長男(45)が心臓発作でなくなり、その葬儀の時にゲイリー・ハードウィックさんが参列したことが出会いだったそうです。

ゲイリーさんは彼女を慰めていくうちに親しくなり、なんと3週間でスピード婚!

今は幸せに暮らしているとさ、めでたしめでたし・・・ということなんですが、ここでさらに共学の事実が!

 

夫のゲイリーさんはその時付き合っていた彼女がいたんですが、うまくいっていなかった時にアルメダさんの優しさに惹かれ、付き合っていた彼女と別れることを決意したそうなんですが・・・・

 

その彼女、年齢がなんと77歳!

 

なんかぶっ飛んでますね・・・

 

ということはですよ、竹内海南江さんにもチャンスは全然あるということです!

ぜひ素晴らしい彼氏をゲットしてみんなに披露し、希望を分けてください、120歳まで生きてください。

 

そうすると、私もそれまで頑張って生きてなきゃ見れませんね^^;

病気や激やせ情報について

竹内海南江さんに関しては、現在これと言って病気や激やせに関する情報は見当たりませんでした。

もしかしたら、久しぶりにテレビを見た方が以前とちょっとイメージが違うけどもしかして病気かなと思って検索したのかもしれませんね。

世界飛び回っている竹内海南江さんですから、健康に関してもきっと気を遣っていることと思います。

竹内さんは以前インタビューで、「世界ふしぎ発見」がこれほどまでに長寿番組になれたのはスタッフが取材にすごく気を遣っているからだと語っていました。

これまで100か国以上、年間12回ほど海外ロケをされているようですし、竹内さんの出演する回の他にも当然ロケをしている訳です。

ロケは当然海外ですし、少人数で行くので自分のことは自分でやるのはあたりまでとして、事故や事件に巻き込まれることのないようにも最新の注意を払っているそうです。

30年に渡り続いている「世界ふしぎ発見」をせんべいをかじりながらボケーっとみられるのも、竹内さんはじめスタッフのみなさんの努力のお蔭なんですね!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

ロケ地での恐怖体験とは?

基本的には強盗に遭ったとかの恐怖体験はないそうです。

さすが、プロですね!

でも別の意味での「恐怖体験」はあるそうです。

それが「トイレ問題」

 

日本のように、どこに行ってもキレイなトイレがある訳ではなく、むしろ稀でしょう。

ふたを開けてみたら、前に入っていた人の「ブツ」があったり、流れが悪くて溢れてきたりしたこともあったそうです。

だから、海外では蓋のしまったトイレは要注意なんだとか。

「経験者は語る」ですね~

 

あと、アメリカでの出来事だそうですが、トイレから出ようとしたらドアが開かなくなり、ロケでは彼女一人だけ女性で、なおかつ他の人には「トイレに行く」とは伝えていなかたので、困ったそうです。

なんとか頑張って自力で脱出したというからそのサバイバルぶりもすごいです。

 

それ以降はトイレに行くときは必ず声を掛けてから行くようにし、他のミステリーハンターや女性スタッフにも指導しているとか。

 

まとめ

いつも元気いっぱいの竹内海南江さん。

これまで100か国とはすごいですね~

そのうちギネス認定されるんじゃないですかね?

一人でそんなに世界を回るお仕事なんてそうそうありませんよ!

「ミステリーハンター」になったのも偶然で、「この仕事をしてみませんか」と言う声が掛かったからだそうです。

まさかここまで続くとは思ってもみなかったとのこと。

まさに竹内海南江さんの天職ではないでしょうか。

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す