ザフライングダイナソーは怖い?緊急停止で30人が宙づりに!

ニバーサルスタジオジャパンのアトラクション、「ザ・フライングダイナソー」が緊急停止し、30人もの乗客が30分間も宙づりになるトラブルが2017/8/20にありました。

夏休みも残りわずかとなりましたが、これからUSJに行こうと楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

超高速で移動する乗り物ですから何かあったらと思うと怖いですよね!

 

事故原因は何だったのでしょうか、安全性に問題があったのでしょうか?

気になりますよね。

<スポンサーリンク>

緊急停止の原因は?

ご存知の方も多いと思いますが、フライングダイナソーはこんな感じの乗り物。

午後4時10分頃「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止しました。

 


原因は、立ち入り禁止エリアに小学生くらいの子供が歩いていくのを係員が発見し、緊急停止したそうです。

 

ですから、止まった理由は機能的なものではなかったということです。

 

安全性に問題はなかったということですから、その点はひとまず安心できます。

 

ですが、別の問題点がありますね。

 

”立ち入り禁止エリアに小学生くらいの子供が歩いていくのを係員が発見し”

 

これってどういうことでしょうか?

 

そもそも小学生くらいの子供が簡単に「立ち入り禁止エリア」に入れるんですか?

それとも本来は入れないとことをよじ登ったりして入ったんでしょうか?

 

USJ側からはそこら辺の説明がないので何とも言えませんが、そこら辺を根本的に見直してもらわないと再発する可能性もありますよね。

 


この方のツイートによれば1日に2回も止まったということですよ。

 


こんな態勢で30分も宙づりなんて勘弁してほしいです。

 

確かに!

ここでお漏らししたら別の意味で怖いですよね~^^;

 

係員が誘導して一人づつ降ろしたそうなんですが、ということはコースターの構造上「バック」して元の乗車位置に戻ることは出来ないってことでしょう。

 

仕方ないのかもしれませんが、設計段階でこういうトラブルも見込んでおいていざという時でも速やかに降りれるようにしてほしいです。

過去の事故例

2016/11/11の午前11時頃、今回と同じような事故が起きていました。

(なんだか1ばかり続いていますね^^)

「ザ・フライングダイナソー」は手荷物を持ち込むことを禁止されていますが、出発直後、乗っていた高校生がポケットから携帯電話を出していたことに係員が気付き緊急停止。

30人以上が40分ほど宙づりのままとなり、約40分後係員が一人ひとり降ろしたとのこと。

2016年に登場して2年目を迎えるアトラクションで、機能的なトラブルはないようですが、”よく止まる”というツイートも見受けられます。

 

場合によっては命にもかかわる乗り物ですから、ちょっとしたトラブルでも迅速に解決し、安心して乗れるようにしてほしいですね!

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す