「東京カレンダー」がくだらない?このターゲット設定おかしいでしょ!

「東京カレンダー」がくだらないと言われることがあるようですね。

まあそこら辺は主観の問題ですが、今日たまたま読んでいた記事内容が、これはちょっとおかしいんじゃないかと感じました。

ターゲットとする読者設定が完全におかしいと思うんです。

この記事なんですが・・・

あなたはどう思いますか?

その理由を挙げていきます。

<スポンサーリンク>

タイトルとターゲットが終始一貫していない

対象となる記事はコチラ

「休日の短パン、その長さで合ってる?女子からの好感度が高いのはこの丈感だ!」

ザックリ言うと、

 

  • 短パンは休日とってもリラックスできるアイテムだ
  • だが、一歩間違えると子供っぽくなったりラフすぎることも

 

というものです。

 

そこで、ベストなのは、ブランドよりも「丈」。

 

正解は、「膝よりやや上」。

 

  • 短すぎると子供っぽい
  • それよりも短いものは”人を選ぶ”

私個人としては、ももが太い人が(つまり太っている人)なおかつ毛深かったりすると、例えば電車で夏、隣り合わせで座った場合、ちょっと厳しいですね^^;

 

それはともかく、この記事ではレザーのローファーとかスリッポンを短パンと合わせることを勧めていました。

 

と、ここまではいいんですよ。

 

問題と思うのはこの先です。

 

次のページに行くと、「Tシャツもちゃんと女性らしく、着こなせてる?」

となってるんです。

 

 

”あっれぇ~、この記事、男性向けに書かれていませんでしたっけ~”

 

 

とアニメ「恋愛暴君」に出てくるグリちゃん並みにツッコミを入れたくなります。

 


 

なので、この記事の冒頭からもう一度見直してしまいました。

 

 

冒頭では、

 

休日のスタイルとして、“短パン”を愛用している男性も多いはず。

でもそのパンツ丈で、本当に大丈夫?特に女子は、休日のファッションも厳しい目で見ているもの。全方位で好感度を得られるスタイリング、お教えします。(http://from-a100.com/?p=2030&preview=trueより引用)

 

”お教えします”って、誰に言ってるんですか?

 

男性に言ってるんですよね?女性じゃないですよね?

 

もし女性に言っているのであれば、”あなたの彼が全方位で好感度を得られるスタイリング、お教えします。”というように書く方がいいと思います。

 

 

さらに記事中盤でも、

 

足元にレザーのローファーやスリッポンを合わせれば、大人っぽくきれいにまとまる。

 

上級者であれば、さらにジャケットを合わせて、そのままレストランに行ってもいい。

 

そんな抜け感ある大人の短パンスタイルには、同性の若者からも女性からも、好評価が得られるはずだ。(http://from-a100.com/?p=2030&preview=trueより引用)

 

これを見ても、男性に向けて書いたものであり、どう見ても女性に対して書いているものとは思えないんですがどうでしょうか。

 

もし女性に言っているとすれば、”そんな抜け感ある大人の短パンスタイルには、同性の若者からも女性からも、あなたの彼は好評価が得られるはずだ。

 

とした方が分かりやすい、少なくとも女性をターゲットにして書いているということが分かると思います。

 

で、この先のページに行くと、「Tシャツもちゃんと女性らしく、着こなせてる?」という見出しに繋がります。

 

これまでの記事内容は、確かに男性をターゲットとして書いていますよね。

 

にもかかわらず、「Tシャツちゃんと女性らしく、着こなせてる?」

 

”ということは、その前の記事の短パンも女性に向けて書かれていたんですよ~ということを示していますよね。

 

「(短パンに引き続き)Tシャツちゃんと女性らしく、着こなせてる?」ということでしょうから。

 

この記事の最後では、

 

一枚で抜け感アップとスタイルアップを同時に実現するTシャツの着こなしをマスターし、全方位から垢抜けて見えるこなれた夏美人を目指したい。(https://tokyo-calendar.jp/article/10190?page=2より引用)

 

とあります。

 

”夏美人”完全に女性向けですよね。

 

しつこいようですが、もう一度おさらいすると、冒頭では、

 

休日のスタイルとして、“短パン”を愛用している男性も多いはず。

でもそのパンツ丈で、本当に大丈夫?特に女子は、休日のファッションも厳しい目で見ているもの。全方位で好感度を得られるスタイリング、お教えします。

 

で、結論が、

一枚で抜け感アップとスタイルアップを同時に実現するTシャツの着こなしをマスターし、全方位から垢抜けて見えるこなれた夏美人を目指したい。

 

記事内容が、前半は男性、後半は女性に向けて書いているのであれば、例えば冒頭で、

 

「夏を快適に過ごすためのアイテムをスマートに着こなし、スタイリッシュに夏を過ごすカップルとなる技をご紹介します。」(この文そのものの出来の良しあしはさておき^^;)

のように紹介すれば違和感がなかったと思います。

 

記事内容そのものは非常に良いので、ターゲットをグッと明確にすれば違和感のない記事になったと思います。

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す