イヴァンカトランプ、夫との馴れ初めは?夫婦仲はどうなのか

先日もG20で、トランプ大統領の代理として席に着いたことで賛否両論別れましたね。

そんなイヴァンカトランプ氏は美人ですが、夫さんもかなりのイケメンと評判です。

お二人の馴れ初め、さらには夫婦仲について調べてみましょう。

一体どこで知り合ったのでしょうか?

<スポンサーリンク>

イヴァンカ・トランプ氏の経歴

イヴァンカ・トランプ氏は1981年10月30日生まれの現在35歳。

ペンシルベニア大学卒業。経済学の学士を得ます。
1996年、つまり15歳の時にモデルとしてデビュー。
初めて表紙を飾った雑誌は「Seventeen」。

 

大学卒業後の実業において、Wikipediaによれば、

大学卒業後にいくつかの不動産企業で勤務した後、父がCEOを務めるトランプ・オーガナイゼーションに入社し、不動産開発・買収部門のヴァイスプレジデントを務める。

父譲りといわれるビジネス手腕を発揮し、2008年、パートナー企業であるダイナミック・ダイヤモンド・コーポレーションとオンライン・ジュエリー・ブティック『ivankatrumpcollection.com』を立ち上げた。

とのこと。

 

政治面に関して言えば、2017年3月に、無給の大統領補佐官に任命され、以降夫婦でホワイトハウスに住んでいます。

 

2人の馴れ初めは?

気になるのは2人の馴れ初めですよね!

こんな美男美女がどうやって知り合ったんでしょうか?

 

どうやら、仕事関連で出会ったようです。

 

とある不動産に関連したプロジェクトでの事、あるミーティングで同席したのが未来の夫、ジャレッド・クシュナー氏でした。

 

その出会いがきっかけとなり、2年後の2009年に晴れて結婚という運びになりました。

ジャレット・クシュナー氏の経歴

ここで、夫のジャレッド・クシュナー氏の経歴についてもおさらいしておきましょう。

現在の肩書は、

  • 大統領上級顧問
  • 不動産開発企業クシュナー・カンパニーズのオーナー
  • 「ニューヨーク・オブザーバー」誌のオーナー

お父さんは、不動産開発企業クシュナー・カンパニーズの創業者、チャールズ・クシュナー氏。

1981年1月10日生まれの、現在36歳。

2003年にハーバード大学を卒業、2007年にはMBA・法務博士号を取得。

 

彼のお父さんが、脱税、違法献金などの罪で2年の実刑を受けたため、2004年に彼が会社を後継しました。

夫婦仲はいいのか?

イヴァンカ氏とクシュナー氏。

夫婦仲はどうなんでしょうか?

夫婦仲の本当のところは当事者にしかわかりませんが、傍から見ている限りでは、夫婦仲はいいようですね!

 

夫のクシュナー氏はユダヤ教徒なので、イヴァンカ氏が結婚する前にユダヤ教に改宗したそうです。

 

アメリカの宗教事情については詳しくありませんが、”改宗”したということは、以前は違う宗教に属していたということですよね?

 

結婚に際して、日本だったら相当揉めそうな事態ではないかと思うんです。

例えばですよ、

 

楠木さん(クシュナー):お嬢さんを僕にください!

寅さん(トランプ):どこの馬の骨かもわからん奴に、娘はやらんぞ!

楠木さん:私は真理(イヴァンカ)さんを愛しています!

寅さん:わしの大事な娘をそそのかしやがって。何?油田矢教に改宗するだって?冗談じゃない!

 

日本なら、すったもんだがあってもおかしくない状況ですよね!

 

他の宗教に改宗する、しかもユダヤ教になるためにそれなりに学ばなければいけないことがたくさんある訳ですから、愛がなければできないでしょう。

 

現在ご夫婦にはかわいいお子さんが3人おり、写真を見ているだけでも幸せが伝わってくるようですから、夫婦仲もいいと思って間違いないでしょう!

 

まとめ

  • 2人の馴れ初めは仕事でのミーティング
  • 夫婦仲はいいらしい

お二人の娘のアラベラ・ローズちゃんがピコ太郎のPPAPを踊っている動画はかわいいですね!

 

家庭が円満だから、子供たちもあのように伸び伸びそだつんでしょうね^^

関連記事:トランプ大統領の娘イヴァンカ氏がG20に代理出席、賛否分かれる!あなたはどう思う?

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す