土屋鞄のランドセルで失敗したー重い!たかが、されど200gの差

randoseru

土屋鞄のランドセルで失敗した、重いので止めればよかったという意見があります。

長く使うので、後悔したくありませんよね。

この記事では、土屋鞄と他のメーカーのランドセルの重さの比較と、購入された方の意見をまとめています。

<スポンサーリンク>

土屋鞄と他メーカーのランドセルの重さの比較

土屋鞄のランドセルは本当に重いのでしょうか?他メーカーと比較してみましょう。

土屋鞄のランドセルの重さは、使っている素材やタイプによって違いはありますが、クラリーノですとおよそ1,130g、牛革やコードバン(馬の革)はおよそ1,400g前後、そして「軽井澤」ですとなんと1,550gもあります。

それに対して、「ふわりぃ」のランドセルの重さの平均は約1,100g、最も軽い「レジェコンパクト」ですと890gという超軽量です。

有名な「天使のはね」ですと、全体でおよそ1,150gと言ったところです。

最も軽い「ふわりぃ」と土屋鞄の「軽井澤」では、660gもの差があるんです。つまり、毎日500mlのペットボトルを余計に背負って学校に通っていることになりますね。

その他のシリーズとの比較でも、およそ200gくらい土屋鞄のランドセルの方が重いと言えます。

大人にとってはたかが200g、でも小学1年生のお子さんにとってはされど200gかもしれません。

では、実際に土屋鞄のランドセルを購入された方は、他のメーカーに比べて重いことについてどう感じているのでしょうか。

土屋鞄のランドセルが重いと感じる親御さんたち

では、実際に土屋鞄のランドセルの重さについての親御さんたちの意見を見てみましょう。

来年入学の息子がいます。
土屋さんのランドセルは素敵だったのですが、全体的に体感重量は重く感じました。
他社のランドセルよりも小さく感じたので候補から外しました。
息子は小柄で華奢で、娘はがっちりしています。
私が、男の子だから丈夫さ重視で牛革とコードバンに拘っていましたが、どれを背負わせても重いと言うので、可哀想な気がしてきて、考えを改めました。
カタログの重さは参考程度で、やっぱり大事なのは体感重量だと思います。
体に合えば重さがあるものでも背負いやすいみたいです。(知恵袋より引用)

この方が土屋鞄のランドセルを止めたのはお子さんにとって小さい(つまり合わない)と感じたのが直接的な理由ですが、重いということも少なからず関係していますね。

別の方の例を見てみましょう。この方はお子さんと土屋鞄の商品を実際に見に行かれましたが、お子さんが牛革のランドセルを背負ってみたところ「重い!」と口にしていたのを気にして知恵袋で質問されていました

それに対して「カテゴリーマスターさん」からこのような回答がありました。

ランドセルを背負って重りも入れてない状態で「痛い」ということは体に対してのベルトのフィッテイングが既にあっていないので選ばない方がよいと思います。(中略)

機能型はリフトアップやベルトのサポート機能によりきちんと重さを支える支点を作ってるモデルですので当然身体への負担が少なくなります。ですので工房を選ばれるなら「軽く感じる」とかは考えないで演出と雰囲気で選ぶという考えが正しいと思います。(中略)

「身体的負担の低減」を考えるなら工房系よりメーカー系の機能型ランドセルを選んだ方がよいと思いますよ。(知恵袋より引用)

この方が言うには、土屋鞄のような”工房系”のランドセルは”演出と雰囲気”つまり見た目重視ー機能は二の次、対してメーカー系は機能重視ということだそうです。

この方の意見ですから鵜呑みにはできませんが、選ぶうえでの参考にはなります。

別の方も答えています。

重いです。とにかく重い。

他の回答者様が、6年になれば…と仰っておられますが、あの中にたくさんの教科書やノート、ドリルをパンパンに詰めるのです。

大人でも重いです。

以前、ランドセル売り場で、重さ=強さ、と教えていただきましたが、最近はスポーツブランドなど男の子仕様のものは軽くても丈夫につくられてますので、軽くて強いものがいいです。(知恵袋より引用)

ランドセルはカバンですから、当然中には教科書やらノートを入れるので重くなります。

せめてランドセルは軽いものを選んであげましょうということですね。

メーカー系のものは、軽量化されていることに加え、体に負担がかからないように設計されているということです。

土屋鞄のランドセルをそれほど重いとは感じない方もいらっしゃるようです。

4年生の息子が土屋鞄の牛革を使っています。息子はかなりの小柄ですが、(入学当時は106㎝くらい)問題なく使っております。(中略)

天使の羽やかるすぽと、300グラムぐらいしか違わず、購入当時は息子が小柄な為、その違いが大きい気がして迷ったのですが、今娘が使っているかるすぽとの違いはあまり気になりません。(知恵袋より引用)

この方のお子さんにとっては「されど200g」ということですね。息子さんが土屋鞄、娘さんが「かるすぽ」を使っているということですが、当初心配していた「重さ」はさほど心配するほどの事ではなく、むしろこの時点で3年以上使用している訳ですが、「かるすぽ」に比べ高級感があるとのこと。

こうしたことからすると、問題は、単に「重さ」だけではないようです。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

まとめ

土屋鞄のランドセルは他メーカーのランドセルに比べ確かに200gくらい重いですが、人によってその重さが気になる人とそうでない人がいます。

その違いは、体格や筋力の差もありますし、ランドセルとの”相性”もあるようです。その子の体型、体格がランドセルにフィットする子にとっては問題ありませんが、そうでない子にとっては体への負担が少なくないということです。

”工房系”のランドセルが見た目重視であるとすれば、結果として機能が後回しにされているのかもしれません。

”メーカー系”のランドセルは機能性を追求する点で進んでいますね。

土屋鞄のランドセルは品があり評判もいいので大人気ですが、重く感じる、言い換えれば、お子さんにフィットしていないのであれば身体に負担になってしまいます。

そうならないために、やはり時間を取って家族で展示会場に足を運び、実際に試してみると失敗しなくて済みますね!
関連記事:

土屋鞄ランドセル売り切れ必至の初日に予約する3つのコツとは

土屋鞄のランドセルの失敗事例か? クレームを伝え上手に交渉する3つの方法

ランドセル選びで失敗しないために外せない6つのポイント

※最後までご覧いただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す