「鬼滅の刃ー兄妹の絆」(映画)の公開劇場やあらすじは?

アニメの映画「鬼滅の刃ー兄妹の絆」が公開されます。アニメが放送される前からすでに映画として上映されるのはとても珍しいと思います。

この記事では、

  • 公開劇場はどこか?
  • あらすじ
  • 特典

などについて扱っていきます。

公開劇場はどこ?

「鬼滅の刃ー兄弟の絆」の上映は3/29(金)~4/11(木)までの2週間です。公開される劇場は全部で11劇場。

  • 北海道: 札幌シネマフロンティア
  • 東京 : 新宿バルト9
    :シネ・リーブル池袋
  • 神奈川: 横浜ブルク13
    :川崎チネチッタ
  • 千葉 : TOHOシネマズららぽーと船橋
  • 埼玉 : MOVIXさいたま
  • 愛知 : ミッドランドスクエアシネマ
  • 大阪 : 梅田ブルク7
  • 徳島 : ufotable CINEMA
  • 福岡 : T・ジョイ博多

これを見ても判るとおりとても全国を網羅しているとはいいがたいですね。なんせ北海道の次が東京ですから。

逆に言えば行ける範囲に劇場がある人はラッキーだということです。

「鬼滅の刃ー兄妹の絆」あらすじ

映画「鬼滅の刃ー兄妹の絆」では、アニメで放送される予定の第1話から第5話までが扱われます。

つまり、地上波で放送されるアニメの最初の5話を前もって見ることができるという訳です。

アニメ「鬼滅の刃」のあらすじはどのようなものでしょうか。

血風剣戟冒険譚、開幕。
舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!(https://m4g.media/2018/06/05/kimetsu/より引用)

これだけではちょっと乱暴なあらすじですね^^;

主人公は炭を売る少年 竈門 炭治郎(かまど たんじろう)。時代は大正、炭治郎は父親が亡くなった後家業を継ぐ形で炭を売っています。

炭を売るために下山している最中に家族が惨殺されてしまいます。生き残った唯一の妹の竈門禰豆子(かまどねずこ)も鬼と化しており、炭治郎は妹に襲われます。

なんとか妹を押えようとしたときに冨岡義勇(とみおかぎゆう)という剣士に助けられます。

この予告PVを見る限りでは、かなり見ごたえのありそうな映画ですよね!

映画「鬼滅の刃ー兄妹の絆」の特典は?

まず、前売り券に特典があります。映画のキービジュアルのA4サイズのクリアファイルとなっています。数に限りがあるそうなのでお早めに!

来場記念特典としては以下の通り。

第1弾 配布期間:3月29日(金)~4月4日(木)
◆原作者・吾峠呼世晴描き下ろし
1コマ漫画ボード(前半)
◆キャラクターデザイン・松島晃描き下ろし
シリアルナンバー入り複製ミニ色紙(ランダム・2種)
第1弾(炭治郎・義勇)
第2弾 配布期間:4月5日(金)~

◆キャラクターデザイン・松島晃描き下ろし
シリアルナンバー入り複製ミニ色紙(ランダム・2種)
第2弾(禰豆子・善逸)

※https://kimetsu.com/anime/movie/より引用

まとめ

アニメの最初の5話を映画にしただけと言えばそれまでですが、大画面で見る鬼と化した妹の竈門禰豆子(かまどねずこ)が襲ってくるシーンなどは見ごたえがあるのではないかと思いますね!

コチラの記事も読まれています

コメントを残す