スマホを落としただけなのに(映画)のあらすじや文庫本での評価

スマホを落としただけなのに

映画「スマホを落としただけなのに」が2018年11月2日(金)から上映されます。

タイトルからも予想できますが、スマホを落としたことから大変なことに巻き込まれるというお話。

スマホは現代人にとって身近な存在でありなくてはならないアイテムとも言えますね。

「スマホを落としただけなのに」のあらすじはどのようなものなのでしょうか。さらに、すでに発売されている同タイトルの文庫本や漫画の評価も気になります。

ではさっそく調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

「スマホを落としただけなのに」のあらすじ

「スマホを落としただけなのに」の主人公は、北川景子演じる稲葉麻美。そして彼女の恋人役が田中圭演じる富田誠。

事件の始まりは、彼氏の富田誠がスマホを落としたこと。

稲葉麻美が彼氏のスマホに電話をかけると知らない男性が出て、たまたまスマホを拾ったという。

結果スマホは無事に手元に戻ってくるのですが、それ以降奇妙なことが襲って来ます。

使った覚えのないクレカの請求やSNS上でしか繋がっていない”友人”からの執拗な連絡。

それと同時期に起こった事件。それは人里離れた山奥で見つかった複数の若い女性の遺体。

しかもそれらはすべて黒い髪を切り取られるという異常な姿。

 

果たして、稲葉麻美の身の回りで起こっていることは彼氏のスマホを落としたことと関係があるのか、また若い女性の遺体の発見と何ら関係があるのか・・・

 

正体の分からない犯人の仕業で稲葉麻美がジワジワ追い詰められる姿が恐怖を増していくようです。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

文庫本や漫画の評価は?

「スマホを落としただけなのに」は『このミステリーがすごい!』大賞でノミネートされたものの、惜しくも受賞には及ばなかった作品です。

しかし、ベストセラーになる可能性を秘めているとして文庫本化されそして今回映画化が決定しました。

もしかしたら本と映画では内容が若干違うかもしれませんが、どのようなお話なのかおおよその検討は付くと思います。

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)


このマンガがすごい! comics スマホを落としただけなのに (このマンガがすごい!Comics)
Amazonでの評価は4.0でした。

評価でほぼ共通していたことは「スピード感」。

話の展開がスピード感があってとにかくページをめくる手が止まらないという方が多かったです。

ですから映画でもダラダラしていて飽きてしまうというのではなくむしろあっという間と感じるのではないかと思われます。

 

タイトル通りスマホを落としただけでこんなにも恐ろしい目に遭うのかと気づかされたという意見も多かったですね。

本を読み終わった後怖くなってTwitterやfacebookなどのSNSを止めてしまったという書き込みもありましたからその衝撃は予想以上のものではないかと。

もっと上を行く人で言えば、スマホ自体を持つことを止めようと思った方もいらっしゃいました。

なくてはもはや生活できないスマホをさえ手放そうと思えるほど真に迫る内容なんでしょう。

スマホをトイレや電車に置き忘れてしまった経験がある人は少なくありませんよね。私自身はありませんが、同僚が何度かトイレや電車に置き忘れてきたことがあります。

幸いどちらのケースも無事手元に戻ってきましたが、映画の中でも「無事に戻って」来てますよね。

私の他の同僚はパスコードや指紋認証さえ設定せずに使っていました。

いつどこで個人情報が抜き取られているか分かりませんよね。

 

学生のお子さんを持つ親御さんでこの本を読まれた方の中には、スマホを失くす危険性を認識させるためにこの小説を読ませようかと思った方もいらっしゃいます。

でも、一つ問題が・・・

それは、作中にアダルトな描写があってちょっと学生さんには刺激が強いかなということ。

となると、映画でもそのシーンがあるかは現時点では分かりませんが、もしあるとすれば親子で観に行くのはちょっと難しいかもしれません。

 

小説では前半は丁寧に描かれていたのに、後半は急ぎ足で細かいところが描き切れていなかったとか、主人公の稲葉麻美の人物像がいまいちしっくりこない、行動に矛盾点があったり言動が一致しないゆえに感情移入がしにくいと言った意見もありました。

 

小説を読み進めていくと後半戦で比較的あっさりと犯人が分かってしまうそうなんですが、このお話のクライマックスというか見せ場はそこではなく最後まで注目しないと分からない”真実”があるそうです。
犯人が分かってしまうと見せかけてそこがフェイクなのかもしれませんね。

 

そう言われるとぜひとも最後まで観たくなります。

 

まとめ

全体的には現代人がさほど気にしていない点を突いて恐怖を巧みに描いているようです。

受賞を逃した作品なので細かい部分はちょっと詰めが甘いというかツッコミどころがあるようなんでが、そういった点を大目に見ればスリルのあるおもしろい映画と思っていいと思います。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す