トランプ大統領が乗艦する海自護衛艦「かが」はどこで見れる?スペックも気になる

海自護衛艦「かが」

トランプ大統領が乗艦する海自護衛艦「かが」はどこで見れる?スペックも気になる。

トランプ大統領が2度目の来日をされますね!最新のニュースによれば、今回は海自護衛艦「かが」に乗艦する予定だそうです。

空母化が予定されている海自護衛艦「かが」ですが、話題となることは間違いないので、出来れば本物を見てみたいと思っている方も少なくないのではと思います。

では、海自護衛艦「かが」を見る方法はあるのでしょうか。一体どんな船なのかスペックも気になります。

海自護衛艦「かが」乗艦は横須賀で

ニュースによれば、安倍総理大臣とトランプ大統領は上自衛隊の横須賀基地(神奈川県)で乗艦することを検討しているそうです。

気になるのはその日付。一体いつ乗艦するのでしょうか。現時点では明らかではないので予想してみましょう。

 

来日が近づくにつれてトランプ大統領の日程が少しずつ明らかになってきました。今現在分っているのは以下の通り。

  • 5月25日(土):来日
  • 5月26日(日)午前:ゴルフ
  • 5月26日(日)午後:大相撲千秋楽観戦
  • 5月27日(月)午前:天皇皇后両陛下と会見
  • 5月28日(火)帰国

となると、この中で「かが」に乗艦するのが有力な日程は、来日した5月25日の午後か天皇皇后両陛下と会見した後の、5月27日(月)の午後ではないかと思われます。

到着した日は何かと慌ただしいかもしれませんが、前回来日した際には到着した日の午後には安倍総理大臣及び松山英樹プロとゴルフをプレーしていましたね!

ですから初日であっても可能性はあります。

 

海自護衛艦「かが」は「いずも型護衛艦」と呼ばれていますが、「いずも」「かが」は海自最大の護衛艦であり、この2隻は形がそっくりなんです。

この動画を観るとよくわかります。2隻が仲良く並んでいますが、「84」とデッキに書かれている方が「かが」です。

気になる「かが」のスペックですが、wikipediaによると以下の通り。

基準排水量 19,500トン

満載排水量 26,000トン

全長 248.0m

最大幅 38.0m

深さ 23.5m

吃水 7.1m[1]

機関 COGAG方式

主機 IHILM2500IEC型ガスタービン × 4基

出力 112,000 馬力 (82 MW)

ヘリコプターを最大14機搭載する能力を持っています。

政府は今後「かが」「いずも」を改修し、空母化する予定です。そうなれば、現在政府が購入を検討しているアメリカ製のステルス戦闘機F35Bを発着させることが可能です。

今回の来日で「かが」に乗艦するということは、アメリカと日本の仲が強いことを世界にアピールする狙いがあるとも言われています。

F-35Bとはどんな機体なのか

では、「かが」「いずも」に配備される可能性のあるF-35Bという飛行機はどんな特徴があるのでしょうか。

なんと言っても垂直に着陸できるんです。空母の上でホバリングした後平行移動しデッキに着艦することができます。

また、飛び立つときも短い滑走路で飛び立つことが可能。

以下の動画を観るとそれがよく分かります。

「かが」にはこのF-35Bを10機ほど搭載させることができるそうです。でも実際にはヘリコプターやその他の装備も載せなければならず、そうなると実質的には4、5機が妥当な数ではないかと思われます。

「YOKOSUKA軍港めぐり」で「かが」が見れるかも?

話題の海自護衛艦「かが」をぜひ見たいと思いますよね!可能性としては「YOKOSUKA軍港めぐり」で見ることができるかもしれません。

「YOKOSUKA軍港めぐり」の公式サイトには、

横須賀港は今から約160年前に米国ペリー艦隊が上陸して以来、海軍港として発展してきました。

 

アメリカ海軍施設(横須賀本港)と海上自衛隊の司令部(長浦港)が置かれた港として広く知られており、トライアングルでは、これらの港を船でめぐるご当地クルーズ「YOKOSUKA軍港めぐり」を毎日運航しています。
YOKOSUKA軍港めぐりは、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を間近で見ることができる、日本で唯一のクルージングツアーです。トライアングル公式サイトより引用)

と書かれていました。

”日本で唯一”と言われたらなんだかワクワクしませんか!

「YOKOSUKA軍港めぐり」公式サイト

サイトをみると、この記事を書いている時点でトランプ大統領来日により中止とは書かれていませんでした。

私自身も何年か前に社員旅行で「YOKOSUKA軍港めぐり」に乗ったことがあります。1周約45分と、ちょうどいい時間です。

その時の説明によれば、いつ、どんな船が停泊しているかは事前にはわからず運任せ。軍艦がたくさん停泊している時もあれば、全くいない時もあるとのこと。

私が乗った時は潜水艦とイージス艦、それから見た目は金属の船と変わらないのですが木造の自衛隊の船が停泊していました。

木造の船は敵に察知されにくいそうです。

とても興味深かったのでオススメです!

予想ですが、トランプ大統領が来日している間は「かが」は横須賀にずっと停泊しているような気がします(気がするだけです)

仮に停泊していたとしても、このグルーズで見れるかどうかは定かではありません。

仮にそうだったとしても一見の価値はあります。

まとめ

全長約250mもある大きな船が見れたらワクワクしますよね!

横須賀に行ける方はチャンスかもしれません。

トランプ大統領が来日の際、どこの空港に到着するのかはまだはっきりしません。

前回は横田基地だったので今回は羽田ではないかと個人的には予想しているのですが、「かが」に乗艦するとなるとむしろ横田基地や厚木基地の方がいいのかなとも思います。

最新情報から目が離せませんね!

関連記事:

トランプ大統領来日2019コインロッカー閉鎖の期間は?都内で荷物を一時的に預けられるサービス4選
 
トランプ大統領来日2019年の相撲やゴルフの予定は?
 
トランプ大統領来日2019年の空港はどこ?交通規制にも注意!

コチラの記事も読まれています

コメントを残す