マスク転売の通報先はどこ?購入者も罰せられるのか

マスクの高額転売が法律で禁止され、今日2020年3月15日から施行されますね!

違反者と思われる出品やサイトを見かけた場合、どこに通報すればいいのでしょうか。

また違反した転売サイトから購入した人も罰則の対象になるのでしょうか。

マスク転売の規制の対象や罰則は?

2020年3月15日からマスクを高額で転売することは禁止されます。規制の対象となるマスクについては、厚生労働省、経済産業省、消費者庁から出されている「国民生活安定緊急措置法に基づくマスクの転売規制について」というPDFに簡潔にまとめられています。

簡単に言えば、小売業者から購入した金額以上の価格でマスクを売ってはいけませんよということ。

しかもネット上だけでなく、露店やフリマでの高額転売もダメです。

高額転売と言っても、1円でも高くてもダメで、なおかつ1回でもやればアウトな訳です。

 

対象となるマスクは、

家庭用マスクをはじめ、医療用マスクや産業用マスク等、一般に市販されている健康・予防、衛生環境の維持等に用いられるマスクが幅広く含まれる。(https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200310002/20200310002-1.pdfより引用)

となっています。なので、

  • 家庭用マスク
  • 医療用マスク
  • 産業用マスク
  • (場合によっては)自作マスクなどが規制の対象となります。

 

罰則に関しては「一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金、又はその双方」とされています。

悪質な転売ヤーに憤りを感じている人は少なくないので、どんどん取り締まってもらって悪質な高額転売を撲滅してほしいと思います。

「1回でも、1円でも」と聞くと凄い罰則にも聞こえますが、よくよく考えてみると大した罰則ではないのかもしれません。ネット上でも同様の声が聞かれます。

 

前科が付くとは言え、1年以下の懲役と言っても自営業であればほとんど影響はないでしょうし、マスクの高額転売で何千万円も荒稼ぎしていたのであれば100万円なんて安いものでしょう。
ツイートにあったようにマスク工場で生涯強制労働の刑wとか、稼いだ額と同じ罰金とかにしないと抑止力にならないのではと思います。

高額転売を発見した時の通報先はどこ?

ヤフオクやメルカリの場合はすでにマスクの出品が制限されていますね。各商品のページにヤフオクであれば「違反出品の申告」、メルカリは「不適切な商品の報告」という項目があるのでそこをクリックすれば各運営に通報することができます。

メルカリ、ヤフオク以外のサイトの場合は

メルカリ、ヤフオク以外のサイトの場合は「消費者ホットライン188」に電話することができます。

消費者ホットライン

 

あるいは「国民生活センター」に通報することも可能です。

国民生活センター:03-3446-1623

受付時間は平日の10時から12時、13時から16時までです。

警察に通報はできるのか?

産経新聞によると、

高値での転売を把握するため、経済産業省は電話などによる通報窓口の設置を検討。摘発を担う警察は「サイバーパトロールや情報提供などを基に悪質なケースを割り出す」(捜査関係者)という。(https://www.sankei.com/life/news/200314/lif2003140072-n1.htmlより引用)

と”摘発を担う警察”とあるので、警察に通報してもいいような気はします。ただ、警察に電話して「お巡りさん、マスクを高額で転売しているサイトを発見しました!」となかなか電話しにくいのではないでしょうか。

今後は経済産業省が通報窓口を設置すると言ってますからそれを待った方が賢明かもしれません。まあそもそも法律を作るなら通報先も決めてよとは思いますが。

購入者も処罰の対象となるのか?

高額な転売であると知りながらも、事情によりどうしても購入しなければならない方もおられるかもしれません。職業柄であるとか呼吸器系の疾患を持たれてる方とか。

今回の法律は高額で転売する人を対象としているので、購入者は対象とはなりません。ですが、そこから購入すればさらに違法行為を繰り返すことにつながりかねませんから可能な限り避けたいところです。

コチラの記事も読まれています

コメントを残す