人魚の眠る家(映画)あらすじネタバレと原作

人魚の眠る家

人魚の眠る家(映画)あらすじネタバレと原作。

東野圭吾原作の小説を元にした映画「人魚の眠る家」が2018年11月16日(金)から全国で上映されます。

「人魚の眠る家」が扱うテーマは「脳死」。非常に重い内容をどのように展開していくのでしょうか。

  • あらすじネタバレ
  • 原作

について調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

「人魚の眠る家」のあらすじネタバレ

播磨和昌と薫子という夫婦には長女の瑞穂と長男の生人という2人の子供がいた。長女の瑞穂は私立小学校のお受験を控えてる。

平穏な家庭に危機が訪れ、夫の和昌の浮気が発覚。別居期間を置くもわだかまりは消えず、結局二人は離婚することに。

そんな矢先、事件は起きた。何と長女の瑞穂がプールで溺れ救急車で運ばれたのだ。

薫子の母親と妹と共にプールに行っていたのだが、排水溝の網に指が引っ掛かり心肺停止に。

結果は絶望的だった。「脳が動いていない」つまり脳死である事を医師から告げられる。

医師は二人に、臓器提供する意思があるかどうか尋ねる。子供が脳死した場合、その親が臓器提供するかどうか決めなければならないのだ。

夫婦二人で考えた末に出した結論は、臓器提供に同意するというもの。ところが最後の最後で薫子が拒否した。

薫子の呼びかけに対して一瞬だけ指がピクリと反応したかに見えたからだ。

脊椎反射や錯覚という可能性もあるが、和昌は瑞穂の意思を尊重し脳死による臓器提供を止め、瑞穂の延命治療を継続することにした。

延命治療には経済的な負担が伴うが、薫子の経済力だけで継続することは難しく、そのため2人の離婚話は白紙に戻された。

2人は瑞穂を自宅で介護することにしたが、脳が機能していないので自発呼吸はできず、人工呼吸器をつける必要があった。

人工呼吸器に繋がれた瑞穂を見ることは和昌にとっては痛々しかったが、そんな時、仕事上の会合で「人工知能呼吸コントロールシステム(AIBS)」の存在を知る。

身体の数か所に電極を埋め込むことによってペースメーカが出す信号だけで人工的に横隔膜を動かし呼吸させるというもの。

そこで和昌は「人工知能呼吸コントロールシステム(AIBS)」の手術を提案すると薫子も快諾し手術が行われた。

人工呼吸器が外れ、静かに胸を上下させて呼吸するさまはだた普通に眠っている少女にしか見えない。

その姿に感激した薫子は、次に瑞穂に筋肉をつけさせる事を考える。

和昌にAIBSの存在を教え、彼の会社の技術者でもある星野によって、「人工神経接続技術(ANC)」という装置が瑞穂の身体に取り付けられる。

外から取り付ける装置によって外部から筋肉に信号を送り、操り人形のように瑞穂の身体を動かすことができる。

その結果、瑞穂の筋肉は維持・成長が可能となる。

2年半ほど経つころには車いすで外に出て散歩することができるくらいまでになった。

しかし周囲の人たちは瑞穂のことを気味悪く思うようになっていた。脳は機能していないが心臓は動いている・・・機械の力によってただ眠る人形のようにして生かされているだけ。

親としては娘が「生きている」ことに喜びを感じるが、果たしてそれは本当に「生きている」と言えるのだろうか。

そのような「意識の違い」からくるストレスがピークとなり、薫子は包丁を握りしめたまま警察に電話をする。

警察が到着すると、瑞穂を刺した場合どのような罪になるのかと質問する。すでに「脳死」な我が子は生きていないことになっているのか・・・

薫子の妹の子供である若葉が止めに入り難を逃れる。そもそも瑞穂がプールで溺れたのは若葉が落としたものを拾おうとしたからだった。

そのことが若葉にとっても心の重りとなっていたのだ。

ある日、薫子が瑞穂の部屋で眠っていると傍に瑞穂の気配がした。そして「ママありがとう、幸せだったよ!」と語りかけたように感じた。

慌てて瑞穂の傍に駆けつけると、瑞穂は臨終に向かっており、薫子は一人瑞穂を見送ることにした。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

原作は東野圭吾の30周年記念作

この映画の原作は東野圭吾作家デビュー30周年記念作です。

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)
Amazonのレビューでも★4.1と高評価です。安定の東野圭吾作品ですね!

一部感想をご紹介します。

かずくんさん

生きるとは何なのか?死ぬとは何なのか?大変重いテーマの内容で、自分自身へ置き換えたら、どのような結論が出せるのか、読み終えた後に考えさせられました。
プロローグとエピローグで、「まさか、こんなつながりが、あったのか!」と作者の意図に感心させられた、皆さんに読んで頂きたい作品だと思います。
11月に上映されるので、読み終えた後の余韻をもって、映画も鑑賞したいと思います。

 

名無しさん

重いテーマだがいつもながらの東野圭吾風の後味が良いエンディング!
この作品は東野圭吾シリーズの中でも、特に素晴らしいです!

ネタバレしてしまうので、内容は読んで頂きたいのですがとにかくテーマは非常に重いです。考えさせられます。
映画化するようですが、どのくらい、小説以上のリアリティで演技が出来るか?
涙なく観ることが出来ない作品だと思います。

是非、小説も映画もどちらも読んで(観て)感じて頂きたいです!
生と死…考えさせられます。素晴らしい作品をありがとうございます!
Amazonより引用)

このように映画に対する期待度も高い作品となっています。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す