出水ぽすかの顔や性別、大学が気になる!「約束のネバーランド」で白井カイウとタッグ

少年ジャンプで連載の「約束のネバーランド」が、2019年1月からアニメ化が決定しましたね!

コミックではすでに10巻まで発売されている「約束のネバーランド」

作画を担当しているのは、漫画家でイラストレーターの出水(でみず)ぽすか先生です。

そこで気になるのが出水ぽすか先生の顔や性別、また出身大学ではないでしょうか。

あ~なんだか興奮してきた!

出水ぽすか先生が漫画家になるきっかけがまた興味深いんですよ。

ということでさっそく調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

出水ぽすかの顔や性別

前述の通り、「約束のネバーランド」が2019年1月からアニメ化決定で今から楽しみで仕方ありません。

前回の記事では、原作・原案者の白井カイウ先生についてまとめて見ました。

白井カイウ先生も年齢性別共に非公開なので、想像の域を出ないのですが、作画の出水ぽすか先生はどうなんでしょうか。

出水ぽすか先生はその点大盤振る舞いですよ!

Wikiによれば、性別は女性、1988年1月17日生まれの現在30歳です。

気になるお顔ですが、コチラ

画像➡出水ぽすか先生

漫画家さんやイラストレーターさん、また絵師の方はご自身の作品が世に出てナンボという方が多いので、ご自身がバーンと前面に出てくるパターンはそれほど多くはないのではと思います。

出水ぽすか先生はこのようにご自身の画像を公開はされていますが、芸能人のようにブログやTwitterなどで自撮りをアップしている画像は発見できませんでした。

 

白井カイウ先生についてまとめた記事でも触れましたが、性別や年齢を非公開にする先生が多いのは、それによって読者の受けるイメージを損なわないようにするためという理由が多いです。

例えば、男性が少女漫画を描いているのがバレるとイメージが悪くなり、結果として雑誌やコミックの売れ行きが悪くなることもあるとか。

そういう点では出水ぽすか先生が顔や年齢、性別を公開しているのは珍しいケースと言えるでしょう。

大学はどこ?

出水ぽすか先生のブログのプロフィールを見ると、「都内某国立大卒」と書かれています。

やはり、ご自身の出自がどうのこうのというより作品を前面に出しいたいという方だと思います。

もしかしたら美大とか芸大なのかもしれませんが、まあここは「都内某国立大卒」ということで納得しましょう^^;

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

漫画家を目指したきっかけ

そもそもなぜ漫画家を目指すようになったのか、その源泉が気になります。

なんと、「子供の頃から漫画家になろうとは思った事がない」というから驚きですw(゚o゚)w オオー!

普通はイチローやサッカーの本田選手のように、小学生の頃から夢を定めていたという展開を期待しますが、出水ぽすか先生はそうではないんですね。

むしろ漫画家は徹夜で大変そうだなと思っていたそうです。でも描いているのが大好きでそれが原動力で今に至るという感じです。

高校生の時に投稿した作品が受賞してその時の喜びが忘れられないので、今どんなに大変でもやっていけるとのこと。

「約束のネバーランド」についても、背景が細かく書き込まれていると評判のようですが、もっと描きたいものがあると語っていました。

徹夜こそされないそうですが、とにかく書くことが大好きだということがよく伝わってきます。

愛情をこめて楽しく描いているので、それが読者にも伝わるんでしょうね。

 

「約束のネバーランド」の原案者の白井カイウ先生はこの作品が連載デビューとなります。

なんと、白井カイウ先生は絵を描くことはあまり好きではないとか。

編集者が初めて「約束のネバーランド」の原案となる作品のネームに目を通したとき、あまりにも面白くて最後まで一気に読んでしまったそうです。

でも、白井カイウ先生が無名の新人であること、そして話の内容がファンタジーやミステリー、そしてホラーの要素など様々な要素が複雑に入り組んでいるのでとても一人で連載をこなすのは無理があるだろうとして、原案と作画を分けることにしたんだそうです。

そして作画担当に白羽の矢が立ったのが出水ぽすか先生だったという訳です。

本格的にお話を作りたい、でもあまり絵は好きじゃないという方と、とにかく絵を描くことが大好きという方がタッグを組んでいる訳ですから、漫画が盛り上がらない訳がありません。

まとめ

とにかく絵を描くことが大好きで、受賞した時の喜びが未だに忘れられないという出水ぽすか先生。

作品からもそれがヒシヒシと伝わってきますね。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す