夜になると僕は11話あらすじネタバレと感想-ついに事件の真相が!

夜になると僕は(少年マガジン新連載)第11話「後悔」のあらすじネタバレと感想や考察。

前回10話では、8年前の加害者の一人である坂本拓哉の勤める雀荘に潜入した和。

運よく坂元の卓に潜り込めたがそこは大金をかけたレートとイカサマのステージだった!

ーこのまま負ければ手持ちの金では足りず、身バレする危険が・・・

女装してたので男であること、そして8年前の因縁の相手であること、さらに後ろには三角刑事も。

絶体絶命の危機の中、和は”秘密のカード”である三角刑事を使い勝利を収めることに成功。

ですが、相手はイカサマをするような連中。和の勝利をすんなり認めるのでしょうか。

今回は、

  1. 疑われる
  2. 事件の真相
  3. リーダー秋山のたくらみ

の3つの場面に分けることができます。

ではさっそく見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

11話のあらすじネタバレ

疑われる

数え満役で上がった和。初めの約束通り一つの命令を聞くことを要求。

すると、今度は彼らがイカサマを疑ってきて坂元は和の腕を掴む。(和が狙っていた坂元からの接触の瞬間だ!)

イカサマで勝ったというなら証拠を出すよう求めると、意外にもすんなり負けを認めたのだ。

坂元からの能動的な接触がなされ、当初の目的が達成できた和は「一つの命令」として坂元に”これまでに犯した中で、最も大きな罪は?”と尋ねる。

裁判で最も不敬な態度を示し続けたのが坂元だった。和の狙いは、8年経った今、あの事件についてどれほど反省しているかと事をさぐること。

和がここに来た当初の目的は坂元から能動的に接触されること。なのでこの要求はこの場でとっさに思いついたものだった。

すると意外な展開に。

これには和も内心”そんなバカな・・・”と驚きの反応。

周りの連中から”武勇伝を聞かせろ”というヤジに対しても冷静に対応し、8年前に犯罪を犯したこと、それを償ったこと、そしてそれを後悔していることをハマし始めたのだ。

事件の真相

話は8年前に戻るが、事件前日に坂元は他の2人の加害者となる友人を自宅に招き計画を練っていた。

計画を持ち出したのは秋山龍だった。かわいい子がたくさん通る高級住宅街、防犯カメラのない場所をあらかじめ押えてあるのでそこで好みの子を物色し犯行におよぶというもの。

自転車で通りがかった子の背後からクルマで近づき、病院に行きますよと助けるそぶりを見せて車に乗ってもらい、そのまま連れていくというものだった。

計画について聞いた後、坂元と馬場は疑問を持つ。坂元はすんなり行くかどうか、そして馬場は捕まるリスクについて。

それに対して秋山はこう語ったー犯行の一部始終を動画をとっておき”公にするぞ!”と脅せば泣き寝入りすること間違いなし、と。

これまでもそれでうまくいったと余罪があることをほのめかす。

馬場の質問に対してはこう答えたー”重罪になるのではないか”と心配する馬場に、確かに周到な準備をしても捕まるリスクはゼロじゃない・・・だが、俺らはそもそも「少年」なのだ!ー仮に捕まっても命を絞首台に送られるようなことは絶対にない!

少年法によって守られるので悪くても数年で戻れるーローリスクであることを強調し、こんなにいい思いをすることができるチャンスは底辺のお前らには2度とないー納得した彼らは計画を翌日に実行することにした。

リーダー秋山のたくらみ

事件当日、馬場がドライバー、助手席に坂元、そして後部座席に秋山が座り、計画地点で車を停めて”獲物”を物色し、秋山が合否を出していた。

小一時間立ったが、どの子もスルーしてしまう秋山。坂元と馬場は秋山にばれない様にメールでやり取りし、秋山のやる気を疑う。

馬場が秋山に計画の出直しを提案したその時、和の姉である小夜が自転車で彼らの横を通り過ぎた。

すかさず秋山は車を出すよう馬場に指示し、そこから先は秋山の計画通りに進んだ。

だが一つだけ予想外のことがあったーなんと秋山は彼女が望月小夜であることを知っていたのだ!-つまりこれは無差別的犯行ではなく、秋山が最初から彼女を狙ってのことだった。

馬場と坂元はそのことに驚いたこと、そしてそのことをとても後悔していることを語ったところで「次号に続く」となる。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

11話の感想と考察

悪人の勘?

和が数え満役で上がった事に対して”イカサマだろ!”と噛みついてきた坂元たち3人。イカサマをしてきたお前らに言われたくねーよというところでしょう。

ここでコワいお兄さんとかが出てこないので、このイカサマは事務所ぐるみではなく、飽くまでも彼らだけの犯行なんでしょうね。

それにしても坂元たちはあっさり負けを認めましたね。もっと噛みついてきて裏の事務所にでも連れていかれて服を脱がされてイカサマの証拠を探すかと思ったんですがね。

坂元はこの雀荘の従業員ですしから事務所に連れていくことも造作ないでしょう。

でも、卓の背後には三角刑事がいましたよね。事情が事情だけに身分を明かせなかった訳ですが、有事の際はきっと三角刑事が介入して助けてくれたと思います。

そうなれば彼らのイカサマは白日の下にさらされるのは明らか。それに比べれば、ここで和に負け金をすなおに払った方が儲けもんでしょう。

身分は明かさなくてもそこは”悪人の勘”でしょうか、危機回避能力が働いてすんなり負けを認めたのかもしれません。

アホな2人

2人に犯行の計画を持ち掛ける秋山。でもよく考えると不自然なことばかりではないでしょうか。

上手くいくかどうか心配な坂元に対して、犯行の一部始終を動画にとって”公にするぞ!”と脅せば大抵は泣き寝入りするし、これまでも100%うまくいったーと秋山は語っていましたよね。

ということは秋山にとってこれは初犯ではないということ。じゃあこれまでの犯行は誰と行ったのでしょうか。そしてなぜ今回はそのメンバーではなく”初心者”の二人を誘ったのでしょうか?

まだありますよ。

秋山は「協力してくれたら報酬を出す」ことさえ約束しています。にもかかわらず「お前ら底辺がこんないい思いをすることは2度とないだろう」とまで言っていますよね。

これ、矛盾していませんか?

だって、お前ら底辺がこんないい思いをすることは2度とできないほどいい計画なら、なぜお金を払う必要があるでしょうか。

タダでもお釣りがくるのではないでしょうか。あるいは金品や子分となることを要求してもおかしくありません。

あまりにもおいしすぎる条件ですよね。この時点で”秋山は何かたくらみがあるのではないか?”と疑うべきでしょう。

例えば、もっと重大な罪の犯人に仕立て上げられるとか・・・

おいしいエサにまんまと引っかかった”カモネギ”ですよね。

まあ当時15、6歳だった彼らにとって、悪知恵が働く秋山の目的を見抜くなんて土台無理な話でしょうけど。

秋山の本当の目的は?

車を停めて物色していた彼ら。なかなかお眼鏡にかなう相手が現れないのでしびれを切らしたところに和の姉の望月紗世が自転車で通りがかりました。

ですが、これは偶然ではなく秋山は予め小夜をターゲットとしていました。それとは知らずに犯行に手を貸した坂元と馬場。

あまりにも条件が良すぎる話、それに車に乗せたのはたまたま通りがかったのではなく秋山が初めから狙っていた小夜だったこと

果たして、秋山の本当の目的は何だったのでしょうか。なぜ小夜をターゲットとしたのでしょうか。

小夜を初めからターゲットとしていたなら写真でも見せて「あの子を狙うよ」と言っておけばいい訳です。

2人を騙してまで協力させたことから、単に快楽目的の犯行ではなさそうですよね?

「小夜を襲った”巨悪”。」と最後に書かれていたので、背後には想像だにしない大きな黒幕が控えているのかもしれませんよ!

秋山の本当の目的ーそれは次回語られるのでしょうか?

夜になると僕はー関連記事

「夜になると僕は」に関する過去の記事は、以下の部分から探すことが出来ます。

オススメ記事:
同じマガジン連載の「ThisManディスマンその顔を見たものには」の記事もまとめています。

週刊少年マガジンをお得に手に入れる方法

いつの間にか週刊少年マガジンが値上がりしていますね。だからと言って話の続きが気になるので買わざるを得ない・・・

そこで、以下の記事で週刊少年マガジンをお得に手に入れる方法をまとめてみました。

この方法だと、毎週まともに買うよりもお金を節約できます。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す