夜になると僕は14話あらすじネタバレと感想考察「報い」

bandicam 2018-10-10 19-05-46-934

(画像:週刊少年マガジン45号より引用)

夜になると僕は14話あらすじネタバレと感想考察「報い」。

前回(13話)では、和が坂元の後をつけていると三角警部がクルマで移動するところ。タクシーを捕まえ追跡するも三角警部に気付かれそうになり慌てて彼のクルマを追い越して難を逃れる。

策を失った和は上記の絵の通り、高速走行中に「黄金の眠り」を発動させる!

今回は、

  • 三角の車へ
  • 坂元の夢の中
  • 警察が動き出す

の3つの場面に分けることができます。

ではさっそく見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

14話のあらすじネタバレ

三角の車へ

「黄金の眠り」を発動させ、高速走行中のタクシーから三角警部の車内へ移動する和。

冒頭の絵の通り、坂元は後部座席で寝ており、車の上には坂元の「夢」の球体状のものが現れている。その球体状のものに乗っかると、和はその中に入って坂元の夢にアクセスしようとする。

しかしなぜか車内に入ってしまう。おかしい、どうして?と思っていると坂元は夢から覚醒しかかっていたのだ。そのせいで夢には入れず代わりにそのまま車内に入ってしまった。

bandicam 2018-10-10 19-05-26-514

(画像:週刊少年マガジン45号より引用)

車内を見るとやはりフロントガラスには車内に向けたドライブレコーダーが仕掛けられていた。坂元が暴れても証拠になるよう三角警部はドライブレコーダーのカメラを車内に向けなおしていたのだ。

「黄金の眠り」を発動させて乗り込んできた和の姿はもちろん彼らには見えない。いびきをかいて再び眠り始めた坂元の夢に和は侵入する。

坂元の夢の中

坂元の夢の中に入ると、彼は砂浜に用意したビーチパラソルの下でビーチチェアで寝ているところだった。

不意に和は坂元に襲い掛かる。持っていたベルトで攻撃する。「貴様の人生はここで終わりだ」と心の中でつぶやく。

今際の際、和は坂元の耳元で8年前の事件について語り、お前らのせいで亡くなったのは俺の最愛の姉さんだったことを告げる。

 

「絶対に許さない」

運転していた三角警部は、後部座席に座って寝ていた坂元の異変に気付く。

bandicam 2018-10-10 19-06-07-849

(画像:週刊少年マガジン45号より引用)

急いで車を路肩に停め後部座席に回り「どうした、坂元!」と声を掛けるも口から泡を吹いて気を失っていた。

夜になると僕は(1) (講談社コミックス)

警察が動き出す

「お客さん、東京駅に着きましたよ」と運転手に起こされる和。時刻は朝5時ちょっと前。両手をみるとベルトを握りしめた後がくっきり残っていた。

馬場騎士が負傷したことと8年前の事件の関連を疑っているのは今のところ三角刑事と同じ捜査一課の桶田さんだけ。だが坂元もこうなった以上警察も疑い始めるはずだ。車載カメラの映像から「黄金の眠り」の不思議な力についても調べるはずだ。

となると、それについて警察は馬場騎士から事情を聴き出そうとするにちがいない。そうなる前に馬場を始末しなければ・・・和は電車に乗って馬場騎士の元へ向かう。

 

一方警視庁内では、三角警部が部下3名と共にドライブレコーダーの映像を見ながら議論していた。坂元には絶命に至るような既往歴はない。首には不自然なベルトの跡があるし、抵抗する時にできる引っかき傷である「吉川線」もくっきり残っている。

  • 既往歴なし
  • 不自然な首の絞め痕
  • 吉川線

これらのことから導き出される結論として、三角警部は、坂元の異変は馬場を襲ったのと同一犯の犯行だと推測する。

それゆえ、映像を観た部下3人と三角警部そして桶田さんの5人でこの件について捜査することを決定する。

馬場の元にはすでに桶田さんを向かわせて馬場の身柄を保護している。8年前の事件の主犯格の秋山龍(あきやまりゅう)は所在がつかめていないので部下3人に捜査に当たらせる。

三角警部の狙いは完全に8年前の事件の関係者に絞っているようだ。警察の威信にかけて犯人を捕まえる決意をする場面で「次号に続く」となる。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

14話の感想と考察

高速道路で移動できるのか

和は苦肉の策として高速走行中のタクシーで「黄金の眠り」を発動します。そんなすぐに眠れるものかということは置いておいて、確か能力を使っている時の移動速度は人が走っているくらいのスピードでしたよね。

高速走行中に後ろの車に飛び移れるんですかね?病院内では壁もすり抜けていましたから、当然車のドアも簡単に通り抜けることができるでしょう。

「夢」の球体上のものにはしっかりと掴まることができるのかもしれません。仮にそうであったとしても、100キロくらいの高速走行中にそれに飛び移るなんて芸当ができるんですね!スティーブン・セガールもビックリです。

ベルトはどこで?

坂元の夢の中に入る和。美しいビーチでバカンスを楽しんでいるような光景。命の危険から逃れている最中ですよね。すごい強心臓ぶりです。

突如現れた和は躊躇することなくベルトを坂元の首に。一気に力を入れる訳ですが、そのベルトどこで用意するんでしょうかね?

まるでポルターガイスト

三角警部の車載カメラの映像を見た部下たち。この世のものとは思えない不思議な光景に半信半疑な様子。眠っていた坂元が突然苦しんだかと思ったら口から泡を吹いて倒れてしまう・・・発作とも思えるが首にはくっきりとベルトの跡と吉川線。

部下だって素人ではありませんからそれが単なる発作ではないとこは理解したはずです。

これまで三角警部が極秘に捜査していた訳ですが、これで堂々と国家権力の元に捜査をすることができます。

三角警部のチームが先か、それとも和の復讐が先か・・・気になりますね!

夜になると僕はー関連記事

「夜になると僕は」に関する過去の記事は、以下の部分から探すことが出来ます。

オススメ記事:
同じマガジン連載の「ThisManディスマンその顔を見たものには」の記事もまとめています。

週刊少年マガジンをお得に手に入れる方法

いつの間にか週刊少年マガジンが値上がりしていますね。だからと言って話の続きが気になるので買わざるを得ない・・・

そこで、以下の記事で週刊少年マガジンをお得に手に入れる方法をまとめてみました。

この方法だと、毎週まともに買うよりもお金を節約できます。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す