宇田川桜夢のプロフィール-中学や家族構成は?卒アルも気になる

音符

宇田川桜夢のプロフィールについて。中学や家族構成は?卒アルも気になる。

「憧れを現実に変えたい!」と決意を表明する宇田川桜夢。

”大阪のダンス少女”と動画でも紹介されていましたが、今回9月22日放送の「ラストアイドル」の挑戦者です。

すい星のごとく現れた彼女が今回のバトルで指名してきたのは、暫定メンバー立ち位置3番田中佑奈(13)。

同じ中学生バトルとなるのでなんだかワクワクしますね!

挑戦者の宇田川桜夢さんはどんな子なのでしょうか。”大阪のダンス少女”とありましたが、芸能事務所などに所属しているのでしょうか。

では、宇田川桜夢さんの

  • プロフィール
  • 中学校や卒アル
  • 家族構成

などについて見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

宇田川桜夢のプロフィール

ではさっそく宇田川桜夢さんのプロフィールから見ていきましょう。

宇田川桜夢(うたがわさくら)

  • 生年月日:2004年2月21日(14)
  • 出身地:大阪
  • 身長:150cm

前述の通り動画では”大阪のダンス少女”と紹介されていました。

チラッとダンスも映っていますが、切れのあるダンスでなかなかだと思いました。

どこかの芸能事務所に所属しているのかというと、どうもそうではなさそうです。

宇田川桜夢さんご本人のアカウントと思われるツイッターを見てもさほど有名とは言えないと思います。

芸能事務所に所属していて活動しているのであれば、「フォロワーさんが18人」ということはないと思うんです。

宇田川桜夢さんが何歳からダンスを習っているとか、そもそも習っているのか?芸能事務所などに所属しているなどの情報は見当たりませんでした。

ということはですよ、もしかしてどこのダンススクールにも通っておらず、芸能事務所にも属せず、個人的にダンスが好きで動画などで見よう見まねでここまで来たとすればそれはそれですごいことではないでしょうか。

藤子不二雄Aのアニメ「プロゴルファー猿」のように、我流だけど無敵のダンサーなのかもしれません。

その腕前は「ラストシンデレラ」で証明されるでしょう。

Twitterを見ていたらこんなのがありました。

「東京ガールズオーディション」にも参加していたんですね!

宇田川桜夢の中学校はどこ?卒アルは

宇田川桜夢さんは現在14歳の中学3年生。”大阪のダンス少女”ということですから一体どこの中学校に通っているのか気になりますよね。

残念ながら調べてみても中学校に関する情報は出てきませんね。

プロフィールの項で扱ったように、芸能事務所にも所属せず、ツイッターのフォロワーさんも18人でしたし、これまで特に目立った活動もないようなので、通っている中学校についての情報がなくても仕方ないかもしれませんね。

でも、「ラストアイドル」放送後は学校のアイドルとなることは間違いないで賞ね。

卒アルについてですが、あるとすれば小学校卒業時のものでしょう。

ですが、中学校と同じ理由で卒アルも発見できませんでした。

今回の「ラストシンデレラ」を通過し、いつの日かアイドルの仲間入りを果たした時、宇田川桜夢さんのかわいい卒アル画像を見ることができるかもしれません。

それにしても、こうやってツイッターの画像を改めて見るとほんとかわいいですね!黒目が大きいという印象ですが、加工してないですよね。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

家族構成

家族構成に関してはお姉さんがいるようですね。

お姉さんの誕生日のお祝いの様子がアップされていましたので間違いないと思います。

画像➡誕生日の様子

まあこの画像だけだと食べ物しか映ってないのでよくわからないというのが正直なところですが、いないのに「姉のたんじょうびで~す!」なんて言う人もいないでしょうからそこは信じていいと思います。

お姉さんはダンスはどうなんでしょうか。もしかしたら姉妹で小さい時からダンスして遊んでいたんでしょうかね。

宇田川桜夢さんの特技はエレクトーンだそうです。となると恐らくお姉さんもエレクトーンを習っている可能性もありますよね。

もしかしたらお姉さんはエレクトーンの方に力を入れているという可能性もあるのではないでしょうか。

お姉さんの演奏で宇田川桜夢さんがダンスを披露するというのもおもしろそうです。

まとめ

宇田川桜夢さんのバトルの相手である田中佑奈さんも現在中学生。彼女は13歳の中学1年生。

対する宇田川桜夢さんは14歳の中学3年生。

学年が2つ違うんですね!

2人とも共通しているのは、

  • 事務所に所属していない
  • ダンスが得意
  • エレクトーンが弾ける

ということ。

どちらが生き残るか、熾烈なバトルが予想されますね。

アツい青春の1ページを刻んでほしいと思います。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す