橋本桃呼の中学はどこ?ハロプロを辞めた理由

橋本桃呼

橋本桃呼さんに注目が集まっているようです!

現在なんと中学3年生!テレビで放送されるたびに中学校でも盛り上がっているんでしょうね。

「ラストアイドル」で壮絶なバトルが繰り広げられていますが、ひときわ目を引く橋本桃呼さんはいったいどんな人物なのでしょうか。

「元ハロプロ研修生」として紹介されることも多いですが、なぜ辞めてしまったのでしょうか。

キレッキレのダンスと力強い歌声という武器を持つ橋本桃呼さん。それゆえ勝負の行方が気になるところ。

彼女の中学校はどこかと共に、ハロプロを辞めた理由についても調べていきましょう。

<スポンサーリンク>

橋本桃呼のプロフィール

冒頭の画像でもわかる通り”8頭身中学生”として紹介されていますから、素晴らしいスタイルの持ち主ですね。

これだけでアイドルの要素はたっぷりという感じですが、まずは橋本桃子さんのプロフィールを見てみましょう。

  • 名前:橋本桃呼(本名)
  • 出身地:山口県
  • 生年月日:2003年6月28日(15歳)
  • 家族:5人兄弟の3女
  • 特技:社交ダンス

「桃子」ではなく「桃呼」ということで、芸名かと思ったのですが本名だそうです。

桃は中国では縁起物と言われていますが、お供えの桃は幸せを呼ぶという意味でそう名付けられたと言われています。

幼いころから社交ダンスを習っているそうです。また、通っている中学校では生徒会に所属していると紹介されていますね。

それに加え、自他ともに認める”アイドルヲタク”の、3歳年上の姉”楽々さん”の影響で自分もいつしかアイドルになりたいと思うようになった橋本桃呼さん。

お姉さんと一緒に繰り返し歌ったりダンスのフリを覚えたりしたとのこと。家族の影響は大きいですよね。

  • 芸能人っぽい名前
  • 幼いころからのダンスレッスン
  • 生徒会に参加する積極性
  • アイドルヲタの姉の影響

アイドルに適したこのような環境で橋本桃呼さんはスクスク育った訳ですね。

 

そんな橋本桃呼の名前を世に知らしめたのは「ハロプロ20周年オーディション」でした。

彼女は最終オーディションに残った8名のメンバーに入っています。

ご存知の通りハロプロの求める基準は高く、この時の最終オーディションには誰も合格しませんでした。

その後、2017年12月から橋本桃呼さんはハロプロ研修生になります。

ですが、その4か月後彼女はハロプロ研修生ではなくなっています。

橋本桃呼の中学校はどこ

8頭身中学生の橋本桃呼さんは現在中学3年生。出身が山口ということは分かりましたが、現在通っている中学校はどこでしょうか。

彼女は厳密には芸能人ではありませんから細かい情報は明らかにはなっていません。

ですが、先ほども紹介した3歳年上のお姉さんの楽々さんは「山口大学教育学部附属山口中学校」に通っていたという情報がありました。

なので、もしかしたら同じ学校に通っている可能性もあるかもしれません。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

ハロプロを辞めた理由

ハロプロの高い基準に達しなかったものの、「ハロプロ研修生」という立場で迎えられた橋本桃呼さん。

芸能界に憧れ、せっかく掴んだチャンスをなぜ手放したのでしょうか。

正式にはその理由は明かされていません。なのでここからは飽くまでも憶測となりますが、どうやらレッスンに通うのが難しくなったからではないかと言われています。

彼女が住んでいるのが山口県。一方最も近いハロプロのレッスン場は大阪。かなりの距離があるようで片道3時間くらいはかかるそうです。

歌やダンスのレッスンですからできるだけ間隔を開けないでレッスンを受けるべきでしょう。

実際に週に何回レッスンが求められているか分かりませんが、仮に週に3回通ったとして移動だけで往復6時間×3回=18時間も取られてしまいますよね。

それに加え、中学3年生になった4月にはハロプロをやめていますから、もしかしたら受験勉強も視野に入れてのことかもしれないです。

受験勉強に加え、大阪までの往復の時間。そして歌やダンスのハードなレッスン。

こう見ると両立させることは至難の業ではないかと思います。

 

加えていえば、経済的な理由もあるかもしれません。

ハロプロの研修生という立場ですから交通費などを含めかなりな部分は自己負担ではないかと思われます。

これがハロプロの正式なメンバーであればまた違ってくるんでしょうけど。

まとめ

それにしても橋本桃呼さんはスーパー中学生ですね!

きっと通っている中学校でも人気者だと思います。なんせ生徒会もやっていますからね!

歌って踊れる生徒会なんてカッコいいですね。

ハロプロをやめたと思われる理由は分かりませんが、考えられる要素はいくつかありました。

それでも「ラストアイドル」に挑戦するなど芸能界への夢は途絶えてません。

これからのバトルも成功する事を祈っています。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す