神戸市バスの事故の原因は?運転手の画像や会見の動画もチェック

神戸市バス

神戸市バスが多数の歩行者と接触し複数の方が巻き込まれるという事故が起きました。

神戸市バスということですから、通勤や通学のために毎日異様している方も多いことでしょう。

それだけに「明日は我が身か?」と気になっておられる方も少なくないと思います。

そこでこの記事では、

  • 事故の概要
  • 運転手の画像
  • 原因(運転手の主張)
  • 神戸市バスの評判
  • 会社側のコメント

について調べてみました。

記事後半に記者会見の動画もあります。

事故の概要

  • 場所:神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅前
  • 日時:4月21日午後2時頃


目撃者の証言によれば、停留所から発進したすぐあとに横断歩道を渡っていた人々の列に侵入し、中央分離帯に衝突して止まったそうです。

歩行者側の信号が青であった、つまり神戸市バス側の信号は赤であったにもかかわらず、ゆっくりと進みそのまま接触してしまったということです。

神戸市消防局などによると、この事故のために男女合わせて2人がお亡くなりになり、6人の方が重軽傷、合計8人の方が巻き込まれたことになります。

お亡くなりになった方はお二人ともまだ20代であろうと報道されていました。将来がある若い方が犠牲になってしまった訳ですから、なんとしても原因を解明していただきたいですね!

運転手の画像と経歴

運転していたのは大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)です。

大野二巳雄(ふみお)容疑者の画像はコチラ

画像1

画像2

運転手は1986年2月に採用され、2015年4月に再任用、現在は週に4日ほど勤務するというスタイル。つまり、勤続33年のベテランドライバーであったということです。

会社で行う健康診断は年に2回、昨年秋に行われた検診の際も運転手には特に問題はなかったということです。

こうなると、ベテランドライバーだからと言って無条件には安心できませんね!

原因(運転手の主張)

気になるのは事故の原因ではないでしょうか。

事故が起きた直後なので原因は現在調査中ということですが、いくつか考えられます。

運転手のコメントによれば、

ブレーキを踏んで発進準備をしている際に、バスが急発進した
(FNNプライムhttps://www.fnn.jp/posts/00416522CXより引用)

と述べています。

ちょっとこれだけでは何を言っているのかイマイチよくわかりませんよね?

”発車準備”とは何を指しているのでしょうか。ブレーキを踏んでいたと供述していますが、年齢的なものを考えるとアクセルとブレーキの踏み間違いということも考えられます。

踏み間違いに関してはつい最近も渋谷で高齢者が運転する車が暴走して多くの方を巻き込むという同様の事故があったばかりです。

本人としてはブレーキを踏んでいたつもりが、実はアクセルを踏んでいたのかもしれません。

 

”発車準備”をしていたということは、前方をよく見ていなかった可能性もあります。もしちゃんと前をみていたら、車の異常な動きをすぐに察知しサイドブレーキを引くとかエンジンを切るなど何らかの回避行動がとれたかもしれませんよね。

でも、目撃情報によれば横断歩道を横切った後に中央分離帯と接触して止まったという訳ですから運転手自らが停車させたわけではなさそうです。

 

バス自体に何らかの異常が発生し、ブレーキが利かず止まらなくなったという可能性はどうでしょうか。

まったくないとは言い切れませんが、可能性といして低いと思います。

お客様を載せる訳ですから当然定期点検を実施していることでしょう。もし法定点検を怠っていれば今後の調査で明らかになるでしょう。

それこそバス自体に何らかのトラブルが原因で起こったのであればリコール問題へと発展しかねません。

現実的には、運転手の過失という線が大きいと思います。

会社側のコメント

この事故を受けて神戸市バス側は会見を行いました。

簡単に言うと、

「重大な事故を起こし、心からお詫びを申し上げます」

「健康状況や持病の有無は確認中。ブレーキやアクセルを踏み間違う事故は過去にはない」

「乗客の転倒など、車内での事故が過去に3件あった」
(神戸新聞nextより引用)

と述べています。

詳しくはこの動画の4:05あたりから記者会見の様子がありますのでご覧ください。

急なことなのでまだ資料がそろっていないのかもしれませんが、健康状態や車両の年式などもうちょっときちんと調べて会見に臨んでほしかったです。

神戸市バスの評判

神戸市バスはどんな評判を受けているでしょうか。

ネット上の反応です。

こういったネット上の反応を見ると、この運転手だけではなく組織全体に問題がありそうですね。

私は神奈川に住んでいますが、住んでいる地域には2社のバス会社があります。市営バスとK社のバス。

市営バスは評判がいいのですがK社のバスは悪いんです。私もK社のバスに2回ほど轢かれそうになった事があります。

1回目は私が横断歩道を渡り切ってないのに突っ込んできたので慌てて渡ったんです。そのままだったら轢かれていたかもしれません。

2回目は路側帯を歩いていたらものすごいスレスレで通過していき、壁とバスに挟まれるかと思いました。

反対車線をみても車は全くいないんですよ、土曜の朝だったので。そんなに路側帯ギリギリを攻める必要がどこにあるんでしょうか。

私を追い越した後は逆に中央寄りに走っていくんです。意図的と思われても仕方のない運転だと思いました。

神戸市バスも日常的に似たような状況だった可能性がありますね。

まとめ

神戸市バスということですから市民の足としてなくてはならない存在ですよね。嫌だからと言って乗らない訳にはいきません。

それだけに安全には細心の注意を払っていただきたいものです。一般市民から「あの会社はダメだ、運転が荒っぽい!」などという評価が多数出ている時点で根本的に何かを改善しなくてはいけないのではと思います。

車両の故障を含め、事故の本当の原因を早く究明してほしいですし、お亡くなりになった方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

コチラの記事も読まれています

コメントを残す