米光陸(カヌー)のプロフィールー高校や始めたきっかけは?

カヌー

カヌーの米光陸選手がテレビ朝日の「Dream Challenger ~夢に挑む者たち~」という番組に出演されます。

カヌーの選手ということなのですが、良く知らなかったので調べてみました。オリンピックを目指して頑張っているということでしたが、現在高校生でプロフィールなどほとんど情報がないんです!

その中でかき集めてきたのでご覧ください!

米光陸のプロフィール

ではまず初めに米光陸選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前の読み方が分からなかったのは私だけではないと思います。

米光陸(よねみつりく)選手とお読みすると思われます。漢字3文字なので、苗字と名前をどこで区切るのかちょっと迷いました^^;

  • 生年月日:2001年4月10日(18歳)
  • 出身:大分県豊後高田市
  • 高校:大分県立高田高等学校
  • 身長:174cm
  • 体重:74kg

米光陸選手は現在高校3年生ですが、通っている学校は「大分県立高田高等学校」です。

★大分県立高田高等学校★

  • 大分県豊後高田市玉津1834-1
  • 1948年創立
  • 共学制


大分県立高田高等学校は創立が1948年で歴史ある学校ですね!

wikipediaをみると、著名な出身者の中に

  • 門岡信行(元プロ野球選手)
  • 成重春生(元プロ野球選手)
  • 太田龍生(元プロ野球選手)
  • 金田政彦(元プロ野球選手)
  • 田崎昌弘(元プロ野球選手)

など多くのプロ野球選手がいることから、スポーツが盛んな高校であることがうかがえます。

カヌーを始めたきっかけ

大分県教育委員会のサイトをみると、「カヌー カナディアンフォア(200m)優勝スプリント学校対抗男子全国総合3位」となった高田高校の選手たちのインタビュー記事が載せられています。

その中をみると、米光陸選手がカヌーを始めたきっかけは、

小学3年生の時にジュニア時代の監督に誘われて始めたこと

だと話しています。


View this post on Instagram

今月からアスリートエール様 にご協力していただき宣伝していただけることになりました。 来年のインターハイ、国体 そして世界ジュニアでのメダル獲得を目標としこの冬の練習に頑張っていこうと思っています。 そして皆さんにファン登録をしていただきたいと思っています。 ぜひ無料ファン登録をよろしくお願いします。 自分のプロフィールのサイトから簡単にできますのでよろしくお願いします。 そしてこのサイトを広めていただきたいです!よろしくお願いします。 これからも、ご声援、ご支援のほどよろしくお願いします。

米光陸さん(@rikuoita)がシェアした投稿 –


それ以上の詳しいことは残念ながら載せられていませんでした。

ということは、カヌーを始めたのは小学校3年生からということになりますね。

 

ジュニア時代の監督とはどのようないきさつで知り合ったのかは分かりませんが、もしかしたら他の子に比べ米光陸選手の手足が長かったのでカヌー選手としての素質があると思ってスカウトしたのかもしれません。

 

米光陸選手選手が小学生の頃どれくらいの身長だったかは分かりません。ですが現在174cmであることからして、小学生の頃から背が高かった可能性はありますね。

カヌーに適している体格としてはまず体重が軽いことが挙げられていますが、身長が高ければ必然的に手も長くなりますから櫂(かい)を漕ぐのも有利になるそうです。

 

ちなみに2016年のリオオリンピックでのカヌーの男子カヌー選手の身長・体重は、

  • 羽根田 卓也(はねだ たくや):175cm/70kg 29歳
  • 佐々木 将汰(ささき しょうた):165cm/64kg  23歳
  • 佐々木 翼(ささき つばさ):170cm/60kg 21歳
  • 矢澤 一輝(やざわ かずき):167cm/65kg 27歳

となっています。

米光陸選手は羽根田 卓也選手と体格が近いですね。

米光陸選手のこれまでの成績

米光陸選手のこれまでの成績をざっと列挙してみましょう。

2015年

平成27年度全国中学生カヌー大会

C1 500m優勝

学年別レース中学2年生の部500m優勝

2016年

2016年カヌースプリント海外派遣選手最終選考記録会

U15 200m優勝(U15日本代表内定)

平成28年度全国中学生カヌー大会

C1 500m優勝

C2 500m優勝

第12回 日本カヌースプリントジュニア・ジュニアユース小松大会

C1 1000m優勝

オリンピックホープスレガッタハンガリー大会

C1 1000m優勝

C1 500m3位

2017年

2017年カヌースプリント海外派遣選手最終選考会記録会

C1 u16 200m優勝(U16日本代表内定)

平成29年度全国高等学校総合体育大会

C4 500m 2位

C4 200m 優勝

C2 200m 5位

平成29年度カヌースプリントジュニア選手権大会

C4 500m 優勝

C4 200m 2位

オリンピックホープスレガッタチェコ大会

C1 500m  5位

2018年

2018カヌースプリント海外派遣選手選考会

2018カヌースプリント海外派遣選手選考会

C1 1000m 3位(U18日本代表内定)

C1 500m 2位(U18日本代表内定)

2018カヌースプリントジュニア海外派遣選手最終選考会

C1 u17  1000m 優勝(u17日本代表内定)

アジアパシフィックオーストラリア大会

C1 1000m 優勝

C2 1000m 優勝

C1 500m 優勝

C2 500m 優勝

平成30年度全国高等学校総合体育大会カヌー競技「インターハイ」

C1 500m 優勝

C4 500m 優勝

C1 200m 7位

C4 200m 2位

文部科学大臣杯JOC

C1 500m 優勝

C4 500m 優勝

C2 200m 3位

C4 200m 優勝

国民体育大会福井国体

C1 500m 2位

C1 200m 4位

全九州新人戦

C1 500m 優勝

C2 500m 優勝

アスリートエールより引用)

私はカヌーのことは全く分からないのですが、中学生から凄まじい成績を残していることは分かります。

2020の東京オリンピックに出場するのか?

米光陸選手自身は2020東京オリンピックを目標にしていると語っています。

オリンピック予選は、

  • 世界選手権 (2019年8月21日~25日 ハンガリー セゲド)
  • アジア大陸予選 (2020年3月25日~29日 タイ チョンブリ)

この二つの大会でオリンピック出場枠を獲得した選手が代表選手に内定することになっています。

ぜひ予選を通過してオリンピックへの切符を手にしてほしいですね!

まとめ

メキメキと頭角を現していますから、きっと東京オリンピックの選手枠をゲットすると思います。

そうなれば、もっと米光陸選手に関する情報がわかるでしょう。

ぜひ頑張って欲しいですね!

コチラの記事も読まれています

コメントを残す