結婚して仕事と家事を両立できないと感じる女性は多いー対処方法は?

「女は弱し、されど母は強し」という言葉がありますね!女性の社会進出も当たり前の時代になってきましたが、まだまだ家事の負担については女性の方がはるかに多いというのが現状ではないでしょうか。

特に結婚したばかりの新婚さんの女性であれば、結婚に伴う環境の変化によって想像以上に心身に負担がかかっていることでしょう。

結婚によって状況が変わり思うように仕事と家事が両立できない時どうすればいいのでしょうか。この記事では新婚女性の読者を想定し、

  • 仕事に対する考え方
  • 家事のスタンスを変える
  • 思い切って仕事を辞める

というポイントに絞って考えていきたいと思います。

結婚して共働きにー不慣れな環境になり夜中に高熱を繰り返す美香さん

学生時代からの友人で卒業後2年の交際を経たのち夫と結婚した26歳の美香さん。彼女は新婚当初は夜中に高熱を繰り返し、日中もだるいことが多く仕事を続けるのが難しいと感じていました。

それまでは実家暮らしでしたが、結婚後は夫の住んでいた社宅に美香さんが移動する形となりました。社宅から美香さんの職場までは電車で片道100分かかります。一般事務の仕事で週休二日、定時で帰宅することができますが給料は安くボーナスも大学生のバイト代程度。

夫の仕事の性質上転勤がいつなされるか分からないそうです。夫の稼ぎは年齢の割にはよく美香さんが働かなくても生活に困ることはありませんが、将来のことを考えると子供ができるまでは少なくとも共働きで貯蓄していければと考えているとのこと。

それに加え、美香さんはそれまで実家暮らしだったこともあり家事全般に慣れずそのこともストレスとなっていたようです。

 

毎日がしんどいので、仕事と家事を両立するのは難しい、仕事を続けるべきかどうか悩んでいるとのこと。多少の違いはあれど、同じような状況にあって悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

対処方法

考え方を変える

通勤や仕事は当たり前のもの、どんな状況でも頑張ろうというように、無理と決めつけるのではなく今の状況でも踏ん張っていこうという考え方に変えていこうというものです。

美香さんの例で言えば、新婚に伴う環境の変化で心身ともにストレスにさらされ不調な状態が続いています。繰り返される夜中の高熱、恐らくそのせいで日中もだるいことが多く辛い毎日。そういう状況だと当然仕事にも集中できないでしょう。

それまでは実家暮らしだったので、恐らく親が家事全般をやってくれていたのでしょう。彼女は仕事だけに集中することができました。まさに楽園状態。ところが結婚して実家を離れればそうはいかない。慣れない家事をこなし、引っ越したことによって電車に揺られる時間も増えましたから体への負担も無視できませんね。

美香さんご夫婦はすぐにではないにせよお子さんを希望しておられるようです。お子さんがいる中で仕事を両立させることは今以上に大変なのは容易に想像がつきます。毎日保育園に送り迎えは当然として、日中も熱が出たとか怪我をしたなどの理由で呼び出されることは避けられないでしょう。今の状況で辛いと言うのであれば仕事かお子さんかどちらかを諦めなければいけません。でもどちらも諦めたくないのであれば辛い中でもグッと踏ん張る必要がありますね。

結婚してまだ間もないですからもうしばらくすれば慣れて楽になってくるかもしれません。体調と相談しながらではありますが多くを得たいと思うのであれば今はひたすら堪えどころですね!

家事のスタンスを変える

毎日夕飯の食卓におかずが7品出てこないと不機嫌になるという旦那さんのことを聞いたことがありますが、そういう人ですと奥さんとしても大変ですね^^;

幸い美香さんの旦那さんは優しい方で家事や料理については多くを求めず美香さんのペースを尊重してくれているとのこと。ただ美香さん自身がきちんとやりたい性格のようで、自分の中の理想と現実のギャップに苦しむところもあるそうです。

仕事を持ちながら子育てもして、なおかつ社会的にもそれなりの結果を出しているキャリアウーマン的な女性を見るたびに「これくらいのことも両立できないなんて、私は一体なにをやっているんだろう?」と自分を責めてしまうことも・・・

まずは家事を完璧に理想的にこなそうとする考え方、スタンスを変えるところから始めましょうか?

実家暮らしとは違いすべてを自分で行わなければなりませんが、完璧にやろうとする考え方を捨て、出来るところはなるべく手を抜く方法を見いだせるでしょうか。

月水金は掃除の日、火木土は洗濯の日と分けるといいかもしれません。神経質に毎日やらなくても病気にはなりませんからね。

朝はパンとコーヒーで軽く済ませるとか、あるいはコンビニで買ったものを職場で食べてもいいですよね。夕飯についても帰りにスーパーでお惣菜を買っていく日もあっていいですし冷凍食品を加えてもいいでしょう。生協などの食材の宅配サービスはちょっとお高いかもしれませんが、買いに行く手間やメニューを毎日考える労力を節約できると考えれば安いものかもしれません。

週末に夫婦でまとめて買い出しに行き、ハンバーグなど冷凍して保存できる具材を二人で作るのも楽しいのでは?(ちょっと疲れますがね)

料理もそうですが、洗濯やゴミ出しなど家事全般を夫婦で分担すればラクになるとしょう。いずれお子さんができれば保育園の送迎なども夫さんに頼むかもしれないですよね。何事も始めが肝心ですから新婚ほやほやで「妻が命!」と思っているこの時期に夫さんにも家事を担ってもらうことを習慣にしてもらいましょう。

仕事を辞める

誰一人同じ状況にはいません。より過酷な状況でもバリバリ働く女性もいますよね。そういう人と比べてしまうと「私なんて・・・」と部屋の隅で体育座りして床にのの字を書いてしまいたくなるかもしれませんが、人それぞれ違いますからがっかりする必要はありません。

美香さんの場合、通勤時間が100分と長いですから体力的に楽ではないのは確かでしょう。夜中に高熱を繰り返していることからすると限界なのかもしれません。体が資本ですから、無理しないで仕事を辞めてまずは体調を戻すことを優先した方がいいかもしれません。お子さんを産む予定であればなおさら体調には気を付けた方がいいですね。

ちなみに「特定事由離職者」扱いで退職できれば自主都合退職者とは違う扱いになるそうです。結婚に伴って引っ越したので遠くて通えないよ~という場合に申請できるようです。どちらの扱いで退職するかで失業保険のタイミングが変わると思いますが、需給すると旦那さんの扶養から外れてしまう場合もあるそうなので事前に調べる必要がありますね。

体調が回復した後に近場で仕事を探すことはできるでしょうか。幸い旦那さんの稼ぎはいいのですからガッツリ正社員でフルタイムでなくても、契約社員とかパートで働いてもいいですよね。近場であれば保育園のお迎えなどもそれだけラクになりますからね。

旦那さんの仕事は転勤が付き物とのことですから辞令が出たらいずれにせよ美香さんは仕事を辞めることになるでしょう。であれば何も今の職場や正社員にこだわらなくてもいいかもしれません。

 

出産後も仕事を続けたいとかキャリアをどんどん積み上げるような職を維持していきたいというなら別ですが、給料も安くボーナスも雀の涙程度であれば現在の仕事にこだわならくてもと思います。

一方、どうしても仕事は辞めたくないと考えているならどうでしょうか。専業主婦だと自分で自由に使えるお金が少ないから不便だと感じるかもしれません。今は旦那さんとラブラブかもしれませんが将来何が起こるか分かりません。もしかしたら旦那さんの浮気が発覚!なんてこともなきにしもあらず。あるいは時間がたつにつれてお互いの路線がずれていくことも考えられます。そういう状況でもお金や仕事があれば自分だけ、あるいはお子さんと生活していく経済的な力があれば選択肢は増えますよね。そういうことも視野に入れると、お子さんがいない今のうちにガンガンキャリアを積む、そういうタイプの仕事であれば転職をするということも視野に入れた方がいいかもしれません。

まとめ

女性が生き生きと仕事をしている姿は素晴らしいと思います。一方で女性ゆえに負担がどうしても大きくなってしまう部分があるのも確かです。どんなに頑張っても子供を出産できるのは女性だけですから。(最近の研究では、男性の大腸に受精卵を着床させて臨月になったら帝王切開で取り出せば男性でも出産は可能だというようなことを聞いたことがありますがどうなんでしょう?大きくなるにつれ大腸が詰まってしまうのでは?それになんせうんちの通り道ですからw、衛生的にもあれなんじゃないかななんて思いますがね。お父さんの大腸から生まれたなんて知ったら、”ウェ~嫌だ~!”って子供から思われたり・・・)

この記事では

  • 考え方
  • 家事のスタンス
  • 仕事を辞める

というポイントについて見てきました。時間体力経済どの分野でもそれなりの余裕がないと毎日が楽しくないですし納得のいく選択ができないですよね。辞めるのは簡単ですがキャリアを積むのは一朝一夕ではできないのでよく話し合いの上決定した方がいいと思います。

美香さんの場合、今現在お子さんがいないという状況を活用してキャリアを積めるような職種に転職した方がいいのではないかと個人的には思います。100分かけて通う割には得るものが多くない。であればもうちょっと近い場所で就職先を探してみる。お子さんができた後でも働ける環境が整備された職場が理想的ですね。どうしても今すぐ子供が欲しいというなら別ですがそうでないなら生活の、そして人生の基盤をしっかりさせた方がのちの選択肢が増えるので安心して進むことができると思います。

※最後までご覧いただきありがとうございます!

コチラの記事も読まれています

コメントを残す