親友のオスーと学校以外で遊ばなかったのは家庭の宗教的理由ーでもけっこういい加減で矛盾だらけという話

チョコ
こんにちはー!くりぞうです。

束縛する、されるのも愛だと思ってる人もいるかもしれません。あなたは縛られるのは好きですか?縛られると言っても緊縛とかではないですよw

どちらかというと精神的、心理的に束縛される、制限されるということ。

以前書いた通り、私には同級生にオスーという親友がいました。図工でシーラカンスの作品がコンクールで入賞してモヤモヤしたという感想。

運動会や体育の授業などでは必ずと言っていいほどオスーとペアを組んでいました。

ところが、私は学校以外ではオスーとは遊んだことがありません。家がちょっと離れてたというのもありますが、主な理由は私の家庭の宗教的な事情によるもの。

この記事では、

  • 信者以外と親しくなってはいけない
  • 厳しいようで矛盾だらけ

というポイントについて書いています。私は現在この宗教を辞めています。子供の頃は宗教が中心の生活でした。その中でも「友達付き合い」という部分にだけ今回はフォーカスしています。

今思えば友達を制限されるのは精神的成長に悪影響だなと思います。この記事を読んでためになったと感じる部分はないかもですが、こんな家庭で窮屈に生きてきた子供もいるんだなと知ってもらえたら嬉しいので読んで下さいまし。

神様を愛していない、信者でない子供と親しくなっちゃいけないというのは緊張しますね。最後に癒しの動物の動画でも観てリラックスしましょうw

「親友のオスーと学校以外で遊ばなかったのは家庭の宗教的理由ーでもけっこういい加減で矛盾だらけという話」の続きを読む…

クラスの皆に「ぎょう虫」感染者の名前を発表したのはうちの担任だけじゃないらしいーでもわざわざ言わなくてもいいじゃない?っていう話

もも

小学校での「ぎょう虫検査」は2015年で廃止されたそうですね。昭和33年から始まったそうですが、現在は環境が良くなって感染者も1%くらいと少なくなったのでもうやらなくてもよくね?ということでなくなったんでしょう。

冒頭の画像は桃を食べている女性です。見ればわかりますが桃っておしりに似てますね。ぎょう虫検査とかけて桃と解く。ついでに言うと、ももを食べているこの女性の太ももの前のももが気になりますwそれと桃の汁が垂れない様に吸い付く口元がヤバいですね!

ということで昭和、平成組の方は誰もが通過してきた「ぎょう虫検査」。私が小学生の頃フツーに陽性者をみんなの前で発表してましたよ!今となっては驚きですがネットを見るとそうしていたのはどうやら私のクラスの担任だけじゃなかったようです。

この記事では、

  • ぎょう虫検査の陽性者をみんなの前で発表してた
  • なぜ昔はそれができたのか

ということについて扱っています。読んだからと言って何か得することは何もないとは思うのですが、その時のクラスの様子が面白かったので読んでくださいまし。

これを超えるあなたの「ぎょう虫検査体験」がありましたら是非教えてください^^

最後に猫の動画で癒されました^^気になる方はラストへ

「クラスの皆に「ぎょう虫」感染者の名前を発表したのはうちの担任だけじゃないらしいーでもわざわざ言わなくてもいいじゃない?っていう話」の続きを読む…

大したことないと思っていた同級生の作品がいつの間にか賞を取ってショックだった話

子供

親友でクラスメイトでもあった末次君。彼が図工で作った作品がなんとコンクールで賞を取ったことがあるんですよ!

末次君、あだ名は「オスー」。末次だからオスー。♂で男だからという意味じゃないよw

オスーと私はクラスで隣同士の席だった。なので賞を取った作品の工程すべてをこの目でずっと見ていた訳ですよ。

この記事は、「なんかよく分からない作品だな、ダセー」と思っていたオスーの作品が賞を取っていたのでショックだった訳ですよ、というお話です。

「大したことないと思っていた同級生の作品がいつの間にか賞を取ってショックだった話」の続きを読む…